ヨガティーチャートレーニング

RYT200全米ヨガアライアンス認定|ヨガ指導者養成講座(30日間)

ヨガとアーユルヴェーダを専門に学び伝えてきたサントーシマ香から「ヨガのエッセンス(真髄)と再現性(技術)」を学べる講師養成講座
メイン講師:サントーシマ香

受講料 399,600

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

講座内容
Contents

サントーシマ香先生が微笑んでいる

メイン講師は“寄り添う”ことを大事にするサントーシマ香

講師サントーシマ香の魅力は、家庭を支える1人の女性であり、また母でもありながら、とても研究熱心で生徒想いのヨガ講師であるところ。古代インドから受け継がれたヨガとアーユルヴェーダの叡智を実生活の中で無理なく自然に取り入れ、現代人の生活に根ざした知恵として、分かり易くシェアしてくれます。

どんな方に対しても“寄り添う”ことを大事にし、初心者や運動が苦手な方でも、ヨガを続けたくなるようなクラスを提供しています。そんな講師から紡ぎだされる言葉に、生徒はいつも自然と耳を傾けたくなるものです。

そんな講師の育成を目指し、本講座ではヨガの本質・叡智を学び、実際に生活に、またご自身の指導に生かしていける実践的なスキルを身につけることを目的としています。現時点ではヨガ講師を目指していない方でも、講座終了後にはきっと“自然と誰かにヨガを伝えたくなる”でしょう。

自然と伝えたくなるほどヨガが自分のものになる

本講座は「ヨガのエッセンス(真髄)と再現性(技術)」の2本をテーマに構成しています。自分自身のヨガを確立することを基盤に、質の高いクラスを安定して供給することができるように、指導するために必要な方法論をあますことなく伝授します。

資格をとるために、歯をくいしばって難易度の高いポーズに取り組むなど、専門用語をどれだけ詰め込むか、といったことが、良いヨガ講師をつくるわけではありません。ヨガは、そういった私たちが学生のころから慣れ親しんでいる「勉強」とは本来まったく違うものです。

講座の主役となるのは、それを体験する「あなた自身」。無意識の領域に光/意識を広げ、自分自身に対する理解/愛を確立させることを大切にしていきましょう。

コースが終了する頃には、より健康的なライフスタイルや、気まぐれな心との付合い方、より調和的な関係を築くことが容易くなるかもしれません。

サントーシマ香先生の講座風景

専門知識とスキルを身につけられる4ヶ月間

メイン講師のサントーシマ香に加え、「ヨガと医学」のパートを担当する高尾美穂、「ヨガ解剖学」担当のMAKI、「マントラ・チャンティング」担当のYUKI、「ヨガの先生とお金」担当の松田眞理といった各分野のエキスパートの先生方をお呼びし、ヨガを伝えるにあたり必要な専門知識とスキルを身につけられるようデザインしています。

約4ヶ月の本講座を通して、多角的に「ヨガとは何か」「ヨガを教える技法」について考察します。終了後は現在世界的に最も広く認知されているトレーニングである全米ヨガアライアンス認定講師として、登録することができます。

現実的なヨガの恩恵が肉体面での変化に加え、自律神経のバランスを取り戻すこと、ストレス軽減、周りの人間関係、自分自身への認識といった多種多様な側面へ展開していくことを理解し、それを他者へと伝えていくことができる言語的・非言語的スキルを身につけましょう。

講座プログラム
Program

1.ポーズの理解を深め、ヨガの基盤をつくる

ヨガとは何でしょうか?なぜ、どのように心と体に効いていくのでしょう?すぐれたヨガの指導者になるには、能動的な自己練習が欠かせません。クラスで言われたように自分の体を動かすことの代わりに、主体的に自らの体を感じながら練習を始めること。内なる声に耳を澄ませながら、この一瞬一瞬にとどまること。その体験こそが、あなたの内にある叡智を目覚めさせ、積み重ねることで、強固な基盤となってヨガを指導することの礎となります。

講座の中では立位、座位、前屈、後屈、ねじり、逆転により構成されるヨガの代表的な基本ポーズを一つ一つ体得し、マスターします。その基盤をもとに、さまざまな場面で自在に応用できるようになることを狙います。古典的なポーズの形態を、そのまま教えることにこだわらず、人それぞれの体の違い、年齢的なことや、疲労の度合いに合わせてポーズを調節する方法、補助器具を使うセラピー的なアプローチなどを自分たちの体を通じて体験します。

2.指導技法

ヨガ指導にとって大切な点は、安全面を確保しながらもヨガの効果をしっかりと引き出し、同時に心が満たされるような体験を生徒さんが味わう機会を継続的に提供することです。そのために必要な指導の技法をさまざまな角度から考察します。インストラクションの出し方、言葉の選び方、テーマにそったクラス・デザインの技法など、クラスの中での立ち振る舞い方など、効果的なクラスづくりにまつわる様々な点について考えていきましょう。

また、生徒さんを尊重するコミュニケーション/関わり方、“帰って来たくなるような”クラス作り、アジャストの技法やパートナーヨガなどについて学びます。

3.医学とヨガ

ヨガの効果を医学的な視点から学びます。「ヨガとストレッチの違いは何だろう?」「ヨガで自律神経のはたらきを整えるって本当?」「どんなポーズがパソコンを長時間使う人に良いのかな?」そんなクラスの中に含めると生徒さんのやる気が俄然アップする、インストラクションに厚みを持たせる医学的/生理学的な知識を学びます。

安全面の向上はもちろんのこと、健康に興味をもつミドル〜シニア世代にも喜ばれる指導力を培いましょう。

4.解剖学

ヨガ指導に役立つ解剖学を学びます。筋肉、骨格、関節、筋膜が何なのか、体の構造を一から学ぶことで、より安全で効果的なヨガを、自信を持って伝えられるインストラクターになりましょう。

主要な筋肉の仕組みと働きを理解し、相反神経抑制、最大収縮・最大弛緩etcの法則を学びます。呼吸の解剖生理学や、代表的なけがや疾患の説明と禁忌、癒す効果が期待できるアーサナの提案など。ただ専門用語を丸暗記する「勉強のための解剖学」ではなく、ヨガを指導するにあたって役立つ「生きた解剖学」を学びます。自分の体に手を触れ、生徒同士で筋肉や骨の動きを探るワークを行います。

5.ヨガの歴史、哲学、倫理学

誤解を恐れずに言えば、インドのヨガをそのまま日本で教えることは、実際のクラスを街中で指導する日本人インストラクターにとって、ほとんど意味はないように感じます。インドでのヨガはヒンズー教の文化と深く結びつき、それに対して面白く感じる人もいれば、それがヨガを遠ざける理由になってしまう人も初心者には数多くいるからです。

限られた時間の中で、ここではより現代的な視点からヨガの歴史や哲学を学びます。ヨガ的な「ものの見方」を知ることで、凝り固まった価値観がやわらぎ、より生きることが楽に、とらわれのない心になったとおっしゃる方も多くいます。

自分の心を整え、自分自身に対する暴力を終わらせることが大切であり、それこそが悩みの解消にも関わっています。ディスカッションを通じてヨガ的な心の扱い方、現代人のヨガ練習者である私たちがヨガを指導する意義と、倫理的な側面について考察しましょう。

6.ヨガ的なライフスタイルとアーユルヴェーダ

"食事やライフスタイルの積み重ねが今の私たちのあり方を作っていますから、当然それらをヨガ的/より調和的なものに整えることで、体重が変化したり、不眠が改善したり、ストレスとの付合い方が上手になる方も多い訳です。

健康的な方向に自身を整えるヒントが、古来のインド伝承医療であるアーユルヴェーダには詰まっています。ヨガの姉妹科学である基本的なアーユルヴェーダの考えを学びます。白湯飲み、オイルマッサージ、食事のヒントなど、自分自身を調和へと導くセルフケアを実践し、講座期間中実践していただきます。またヴァータ/ピッタ/カファの特徴を知ることでクラスデザインに生かしていきましょう。"

7.瞑想とマントラ

忙しいスピードで日々を過ごし、刺激に絶えずさらされる21世紀は、瞑想を実践することが心の満足を得る必須条件であり、ヨガ講師にもとめられる要素となるでしょう。

内なる静けさを知ること、自分自身の魂の声に耳を澄ませることが古典的なヨガの目的として知られています。静かでなければ、小さな声を聞き取ることはできません。内在する静けさに至るには、心のおしゃべりが自分自身ではないことを知る瞑想への段階的プロセスが役立ちます。

ポーズ練習で体を整え、エネルギーの流れを本来あるべき生き生きとした静謐さに整えたならば、瞑想の準備は整いました。「今、この瞬間」に心を留める練習、クラスの中で指導しやすい短い瞑想法、聖なる音/マントラを使った瞑想などを学び、ヨガのもつ神秘的な側面に浸りましょう。

8.ティーチングの実践と指導について

期間中、小グループにわかれて指導実践を行います。はじめは慣れなくて当たり前!一つのポーズを指導すること、から少しずつ始めましょう。講座の最後には75分のサンプル・クラスが指導できるように、フィードバックを重ねながら指導の実践に取組み、卒業後すぐに活かせる実践的なスキルと自信を身につけます。

また、講座終了後にヨガクラスを開講するために役立つプロモーションの考え方について、ディスカッションを行ないます。

講座概要
Overview

受講料 399,600
参加対象
  • 全てのヨガ練習者・指導者
  • ヨガを体系的に学び、深めたい方
  • サントーシマ香からヨガ・ヨガとの向き合い方を学びたい方
  • 全米ヨガアライアンス認定の講座を受講されたい方
  • (※ヨガ歴不問)
持ち物
  • ヨガマット(レンタルご希望の方は300円※要予約)
  • 筆記用具
  • 動きやすい格好のお着替え
  • タオル

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
  • 妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

開催中
What's on

東京
2017年04月04日(火) 9:30~16:30

会場オハナスマイル 祐天寺
定員24名
詳細

講師メッセージ
Message

サントーシマ香メッセージ

ポーズ指導だけでなく、ヨガ的ライフスタイルや、呼吸法、瞑想などに興味を持つ方々へ、各分野の専門家が心を込めてお伝えするRYT200講座です。頑張り屋さんの日本女性の心を和ませるような、癒し感満載のクラス指導ができるヨガ講師を目指す方へ。

講師プロフィール
Profile

サントーシマ香:プロフィール
サントーシマ香Kaori Santosima

ヨガ講師/アーユルヴェーダ・セラピスト 2005年、バークレーYoga Mandala Studioにて全米ヨガアライアンス認定指導者講座を修了、同スタジオにてインストラクターの活動を開始。その後インドに渡り「ティラック・アーユルヴェーダ大学」にて医療従事者向けアーユルヴェーダ・コース修了。2008年に拠点を日本に移してから、各地でヨガとアーユルヴェーダの講座を開催。コンテンツ執筆や、書籍/雑誌の監修、ラジオでのヨガ番組制作、外国人ヨガ講師の来日企画およびコーディネイト、通訳/翻訳、ヨガウェアのプロデュース、オーガニック製品のモデルなど幅広い分野で活動。著書「カラダがかわる たのしい おうちヨガプログラム」シリーズ(高橋書店)は20万部を突破し、現在最も売れているヨガ本となっている。その他、著書多数。 2013年に第一子、2016年に第二子を出産。命そのままの持つ素晴らしさに触れたことから、現在はヨガとアーユルヴェーダの恩恵を生活に統合すること、スローダウンすることをテーマに日々を過ごしている。 ウェブサイト:サントーシマ香