【オンライン】ペインケア ヨガワークショップ〜ストレスによる体の痛みを緩和する〜

マリア・カースティンによる人気講座が初のオンライン開催!「解剖学」と「脳科学」両方の知見が入った「慢性痛」の科学とヨガでできることを学ぶ!講師:マリア・カースティン

受講料 11,000

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求
  • RYT500対応
  • スタジオ開催
  • オンライン

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

講座内容
Contents

大人気講座「ペインケアヨガワークショップ」が自宅で学べる!

【Zoomによるオンライン開催決定!】

この度のコロナの影響により、マリア・カースティン先生の来日は見送りとなりましたが、オンラインで講座を開催することが決定しました!

海外にいる、マリアに自宅で会えるチャンスです♪

尚、Zoomでのご参加につきましては、WIFIの環境が整っていること、そして繋ぐ機器につきましてはPCやipadなどを使用できる環境をお勧めします。小さな画面では見づらいことも多く、動画データの通信となるため、モバイル通信では追加料金が発生する可能性もございます。

事前にテスト接続をさせて頂いておりますので、使い方に不安がある方は是非テスト接続にご参加下さいませ。

ご参加時に必要なもの
・PC、ipad、タブレット等(スマホでも視聴可能ですが、大きい画面のほうが見やすいです)
・Wifiなどのネット環境(モバイル通信では追加料金が発生する可能性があります)

首を痛そうに押さえる女性

原因の分からない痛み、「慢性痛」を緩和するペインケア

「特に異常はないですね」
と病院で言われたけれど、辛い身体の痛みがなくならない。そんな経験をされた方は多いのではないでしょうか?

そのような<慢性痛>が、実は心理的ストレスと深い関係にあると医学界でも注目され始め、一般社会でも浸透しつつあります。
 
<慢性痛とは>
痛みの原因となる怪我や疾患が完治するまでに妥当とされている期間(通常3ヶ月〜6ヶ月)を超えても持続する痛みのこと。正式には慢性疼痛と呼ばれています。製薬会社により行われた大規模な統計によると、現在日本人の成人の22.5%、実に4人に1人が慢性痛を保有しているとの調査結果が出され、話題を呼んでいます。
 
「ずっと痛かった肩がヨガで楽になった」

多くの人がしたこの体験は、ヨガがこうした慢性痛の原因となる心理状況にアプローチし、痛みの緩和に有効であることを示しています。

本講座で学ぶ<ペインケア>は、どのような体の箇所や種類の痛みに対して、どのような心理的な原因が潜んでいるのか?確かな知識と最新の情報を元に、ヨガで痛みが和らぐ体験を増やすことを目的としています。

ハートの説明をするマリア

最新の研究結果。慢性痛と心の科学的な根拠

<慢性痛>の正確な原因は全てがまだ解明されているわけではありません。さらに、痛みが持続すればするほど原因はより複雑化します。そうした理由から、日本の医療機関でも薬学療法、神経療法、心理療法、そして運動療法と様々な角度からアプローチしています。

そんな中で本講座にて学ぶのは、ヨガが担う運動療法を行う上で慢性痛のケアに必要な心理的、社会的な原因と痛みについての基礎知識です。ヨガが心理に与える影響、社会性に与える影響。さらに自律神経が原因となる痛みに対してヨガの与える影響。

それらを知ることは、先述の様々な慢性痛の要因に対してヨガで幅広くアプローチすることが可能となります。

まだまだ研究が続けられている慢性痛の分野。だからこそ現在解明されている事実と、それに則った優しいヨガの方法を知ることは、今痛みに悩む方に少しでも効果的な習慣を提案するために必ず役立つことでしょう。

肩や首を押さえるマリアと生徒さん

代表的な痛みの原因をヨガで緩和する方法を知る

実は同じ<慢性痛>でも、痛みの部位と心理状況の関係は大きく異なります。比較の際は大きく以下の3つ分類して統計がされています。

・肩痛群
・腰痛群
・膝痛群
 
ある痛みの種類の時には抑うつ症状が高くなり、またある症状の時には交感神経が過剰に活発になりやすいなど、様々な特徴があります。

こうした様々な心理ストレスを減らし神経系をポジティブに変化させ、体の本来の機能を取り戻しながら痛みの経験を減らす手助けができるのが、マリア・カースティンの伝えるペインケアのためのヨガです。
 
4時間という中に凝縮されたペインケアの基礎知識が、少しでも多くの方の痛みの軽減に役立つことを、マリア・カースティンは心より願っています。

講座プログラム
Program

慢性痛の基礎知識とヨガでのケア方法を知る

  • 慢性痛とは?
  • ペインケアの領域
  • 自律神経と慢性痛の関係
  • 慢性痛の原因となる思考、感情、信条
  • 様々な慢性痛のケアに適切なヨガの説明
  • デモクラス(ストレスと痛みを軽減)

講座概要
Overview

受講料 11,000
参加対象
  • 現在慢性痛に悩まされている方
  • 原因不明の痛みに悩む家族や知人をケアしたい方
  • 心の状態と体の痛みの関係を学びたいインストラクター
ご用意いただくもの
  • ヨガマット
  • 筆記用具
  • タオル等
  • 動きやすい格好のお着替え

注意事項
Note

  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

お支払い方法
Payments

クレジットカード
クレジットカードでお支払いの際は、事前にこちらの記事をご確認ください。
>>クレジットカードでお支払いの際の注意点
銀行振込
お申し込み後、2週間以内に指定の口座にお振込ください。
開催まで2週間を切っている場合は、講座の開始時間までにお振込ください。
講座開催前日までにお振込ください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

講師プロフィール
Profile

マリア・カースティン プロフィール画像
マリア・カースティンMaria Kirsten

ニューヨーク出身、修士号 全米ヨガアライアンス認定ERYT500保持、作業療法士でもある。2000年よりオーストラリア/バイロンベイにてヨガを経験したことのない人でも安全で効果的にヨガを行えるようなクラスを教えている。ヨガラテス認定講師でもあり、たくさんの理学療法士やカイロプラクター、マッサージセラピスト、心理学者に、彼女の経験により彼らのクライアントをまかせても安心な講師だと信頼をよせられている。ヨガセラピストとしてプライベートでクライアントを持つ他、解剖学とヨガセラピーをインストラクター養成講座で教えている。 イーズ・ソロモン、ジュディ・クラップ、ピーター・クリフォード、リビー・ネルソン、サイモン・ボーグ・オリビエ、AGモハン、トーマス・メイヤー、ドナ・ファーヒそしてジュディス・ラサターの元で指導を受けている。 誰にとっても、特に自分がヨガをする可能性について考えたこともなかったような人たちにとっても、安全で楽しめるヨガの喜びを伝えることに全心を傾けている。