ハートオブヨガ指導者養成講座

日本上陸10周年!ハートオブヨガ指導者養成講座

メイン講師はJ・ブラウン!そしてゲスト講師としてハートオブヨガ提唱者マーク・ウィットウェルが来日!

受講料 208,440

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年07月19日(金) 9:30~17:30

 ~2019年07月28日(日)※日程 / 会場の詳細→

会場オハナスマイル 祐天寺
定員24名
詳細

講座内容
Contents

ジェイ・ブラウンとマーク・ウィットウェル

あの伝説のヨガ業界のレジェンドが再び!

日本で初めて、ハートオブヨガの講座が開催されたのは2009年のこと。2019年はハートオブヨガ日本上陸10周年を迎える記念すべきアニバーサリーイヤーです。

それを記念し、今回、日本のハートオブヨガ指導者養成講座のメイン講師を務めてきたJ・ブラウンと共に、来日するのは約6年ぶりの来日となる、ハートオブヨガ提唱者、マーク・ウィットウェル!

今回の指導者養成講座は、通常であればスカイプでの参加となるマーク・ウィットウェルから直接指導を受けられる!貴重な機会です。

またとないこの機会に世界のヨガ・マスターであるマーク・ウィットウェルからヨガを学びませんか?
(※マーク・ウィットウェル氏の講義は6日間のうち後半部分の一部分のみとなっております。)

ハートオブヨガダウンドッグ

正しいヨガは1人にひとつ

西洋に伝わる以前の伝統的なヨガは師から弟子へ一対一で伝えられてきました。師が弟子の体質や生活スタイル、年齢、体力など様々な要素を見極め、ひとりひとりに必要なヨガを伝えていたのです。

皆さんがよくご存知のグループレッスンが主流になったのはごく最近のこと。一対大勢を教えることができる、グループレッスンは非常に効率的ではありますが、以下のような悩みを抱える人がいることをご存知でしょうか?

  • 先生のインストラクションについていけない。
  • 隣の人とポーズの出来・不出来を比べてしまう。
  • 無理なアーサナの練習で痛めてしまった箇所がある。
  • 体が硬いから…自分はヨガに向いていないなと思ってしまう。

本来、より良く生きていくためのツールであったヨガで苦しむ人が出てきてしまったのです。「現代ヨガの父」と呼ばれるT.クリシュナマチャリア氏はかつて、こう言ったと云われています。

「正しいヨガは1人にひとつ」

本来、素晴らしいアーサナが出来るかどうか、人と同じカウントでアーサナが出来るかということは、ヨガの目的ではありませんでした。ヨガの本質をもう一度見直し、ヨガのすばらしさを伝えていける指導者になりませんか?

ハートオブヨガ指導者養成講座の際のマーク・ウィットウェル氏によるスカイプ講義

ハートオブヨガとは?

ヨガ業界のレジェンド、マーク・ウィットウェルが提唱するこのヨガは、流派で言えば、ハタヨガです。このハタヨガをどのように相手に伝えていくか、ヨガのアプローチ方法を伝えているのが、ハートオブヨガです。

「100人いれば100通りのヨガがある」という概念のもと、年齢・性別はもちろんのこと体格・体力・文化的な背景など問わずどんな人でも「自分のヨガ」を見つけることができるメソッドです。

その第一歩となるのが呼吸。呼吸は唯一無二自分だけのもの。それを軸にし、呼吸のためにアーサナを行うことで自分のペースでヨガを行うことができるようになるのです。

誰かのようにヨガを行うのではなく、自由にヨガを楽しめるそんなヨガの指導を行えるようになりませんか?あなただから伝えられる、あなたにしか伝えられないヨガがきっと見つかるはずです。

講座プログラム
Program

6日間のカリキュラム

<本講座の特徴>
1日目~3日目はJ・ブラウンによる単独セッションでハートオブヨガの基礎を学びます。
4日目~6日目はマーク・ウィットウェルも加わり、さらにハートオブヨガについて学びを深めていきます。午前はマーク・ウィットウェルがメインで担当し、午後はJ・ブラウンが担当します。

<カリキュラム>
1日目:ハートオブヨガの原則
 ・自己紹介
 ・ハートオブヨガの歴史と思想

2日目:ハートオブヨガのプラクティス
 ・スティラ(安定)とスッカ(快適さ)
 ・呼吸とバンダ

3日目:自分に合ったヨガの育み方
 ・ヴィンヤサクラマ
 ・アーサナ、プラーナヤーマ、メディテーション

4日目:自主練習がどのように指導に役立つのか
 ・自己紹介(マーク・ウィットウェル先生)
 ・自主練習に関する質疑応答
 ・文化的または信仰的需要への適応方法
 ・自主練習を日常生活の中へ確立させるためには
 ・自主練習におけるムードの大切さ

5日目:ヨガは人間関係である
 ・1対1指導のマスタークラス
 ・ヒエラルキーなき指導
 ・‟ヨガ講師”と‟ヨガインストラクター”の違い
 ・安全な指導
 ・ヨガの思想と人間関係

6日目:練習を洗練させる
 ・ランガナとブラマナ
 ・呼吸の原則
 ・シチュエーション別プラーナヤーマ
 ・苦しみのないメディテーション

※講座の進行具合により、内容が変更される可能性がございます。

講座概要
Overview

受講料 208,440
参加対象
  • ハートオブヨガについてより深く学びたい方
  • 自分により合ったヨガをお探しの方
  • 生徒1人1人に合ったヨガ指導をしたい方
  • 生徒に怪我をさせないやさしいヨガを伝えたい方
  • 今回の指導者養成講座につきましては、御新規の方から優先的に募集させて頂きます。開催1ヵ月前に空席が合った場合にのみリテイクのご案内をさせて頂きます。
持ち物
  • ヨガの出来る動きやすい格好
  • ヨガマット(レンタル1日300円※要予約)
  • 汗を拭くタオル
  • 筆記用具
参考図書

※必須ではありません。※長らくAmazonでの購入が難しくなっていましたが2017年12月下旬より再版が決定しました!

「ヨーガの真実」(マーク・ウィットウェル著)

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年07月19日(金) 9:30~17:30

 ~2019年07月28日(日)※日程 / 会場の詳細→

会場オハナスマイル 祐天寺
定員24名
詳細

講師プロフィール
Profile

J・ブラウン プロフィール画像
メイン講師J・ブラウンJ. Brown

シニア・ハート・オブ・ヨガ講師。 ヨガ講師トレーナーだけでなく、ライターとしても活動。ニューヨーク、ブルックリンにあるAbhyasa Yoga Centerの創設者。 ヨガを教え続けて15年になり、中でも、生徒一人一人に合った実践的なヨガの指導や、呼吸を重視した癒し効果の高いヨガを教えることに定評がある。 アシュタンガ-ヴィンヤサ、アイアンガ、シバナンダ、デシカチャー、クリシュナマチャリア スタイルのハタヨガの熟練者として、これまでに、Alison West (Yoga Union認定)、 Richard Freeman、Swami P. Saraswati (Rishikesh-India)、Katchie Ananda、Mark Whitwell (Heart of Yoga 認)に師事。その経験から、慢性的、急性的疾患を持った方へのヨガ指導対応も可能。 彼のエッセイは、「Yoga Therapy in Practice 」「Yoga Therapy Today」「International Journal of Yoga Therapy」などに、掲載中。 ブログ:『yogijbrown』(英語)

マーク・ウィットウェル プロフィール画像
ゲスト講師マーク・ウィットウェルMark Whitwell

B.K.S アイアンガー、S.K.パタビ・ジョイス、T.K.Vデシカチャーなど師と呼ばれるものの師とされるT. クリシュナマチャリヤの元でヨガを学ぶ。1973年にクリシュナマチャリヤの自宅で学び始めて以来、この時空を越えたヨガの原理を愛情と明確さをもって継承していくことを決断する。 この教えはマークが執筆・編集に携わったT.K.Vデシカチャー著の”The Heart of Yoga – Developing a Personal Practice”にて明確に記されている。 マーク著の『ヨーガの真実―自らを知り、発見し、その生命を大切にしていく心を育むためのヨーガ』(原題:Yoga of Heart)は日本でも出版されている。 ロサンゼルス、ニュージーランド、フィジー在住。またヨーロッパ、北米、アジア、南太平洋を旅する。1996年にヨガ教育を全世界に提供する非営利指導者教育財団ハート・オブ・ヨーガ協会を立ち上げる。多くの無名・著名なヨガマスターから学びを得たマークは、実際のヨガとは何か、そしてどのように各自が効果的に練習を行なうのかを解き明かす研究を進めている。

川原朋子先生
通訳川原朋子Tomoko Kawahara

ハートオブヨガ講師(シニア・ティーチャー) リストラティブヨガ/リストラティブヨガ セラピューティクス講師 バイリンガルのヨガ講師、翻訳・通訳者としても活躍中。東日本大震災の復興地にリストラティブヨガの輪を広げるチャリティ”Breathe for Peace(B4P)”を展開するなど、マットを超えたヨガの普及に力を注ぎつつ、ヨガが身近でない場所にヨガを届けることをライフワークとしている。英語学習雑誌『ENGLISH JOURNAL』でハートオブヨガを英語で紹介する記事を担当。 facebook