RYT500ヨガ指導者養成講座

全米ヨガアライアンスRYT500ヨガ指導者養成講座 [必須プログラム]

遂に開催決定!全米ヨガアライアンスRYT500認定ヨガ指導者養成講座。200時間の必須プログラムは、約5万人にヨガ指導をした中島正明が担当。

受講料 495,000

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求
  • RYT500対応

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年12月21日(土) 9:30~18:00

 ~2020年06月14日(日)※日程 / 会場の詳細→

会場オハナスマイル 祐天寺
定員16名
詳細

講座内容
Contents

遂に「ヨガジェネレーション主催|RYT500ヨガ指導者養成講座」開催決定!

ヨガ指導者になるための登竜門的なヨガ資格である全米ヨガアライアンス発行のRYT200。そのRYT200を取得した後の資格が現在求められています。

ヨガ指導歴が長くなると、「私にはまだまだヨガの学びを深めなければいけない。」と感じることがあると思います。

「目の前の生徒さんに、必要なことは何だろう?どうしたら、寄り添った指導ができるのだろう?」と、迷っている方もいらっしゃると思います。指導経験を重ねていくと、視野が広くなり、生徒さんのことが体も心も、よく見えるようになる。

そうすると、「この生徒さん達にもっと寄り添ったクラスを提供したい。」そう考えている方も、ヨガ指導者の方は多いのではないでしょうか?

ヨガを伝えるだけで精一杯だった期間を経て、生徒さんが見えるようになったからこそ、生まれる悩みだと思います。

ヨガジェネレーションはその悩みを解決し、日本を牽引するヨガ指導者を育成したいと考え、「全米ヨガアライアンスRYT500認定ヨガ指導者養成講座」を開催することが決定しました。



高尾美穂・サントーシマ香・中井まゆみ・山田いずみ

専門性を高められる!必須プログラム200時間+選択プログラム100時間で取得

ヨガジェネレーションの「RYT500ヨガ指導者養成講座」は、全員が受講する200時間の「必須プログラム」と、それぞれの専門性に合せて受講講座を選べる合計100時間の選択プログラムで、合計300時間を受講するシステムです。

講師陣は各分野の一流の先生方ばかりです。

「必須プログラム」の200時間は中島正明が担当
全員が受講する必須プログラムは、中島正明が担当します。これまでに約5万人以上の生徒にヨガを指導し、育成したヨガ指導者の数は1000人を超えます。ヨガジェネレーションでも中島先生がメイン講師を務める「RYT200 ヨガ指導者養成講座」は30回以上開催しています。

必須プログラムでは、ヨガを指導する上での知識・スキルをより強固にし、それぞれの専門性を高められる基盤を築きます。

  • プラクティス
  • ティーチング
  • 哲学
  • 生理・解剖学
  • アーサナ解析

今の生徒の状態を心身ともを察知して、的確にその状況を良い方向にヨガを通じて導けるのかが分かり、指導できるようになるよう、緻密に設計されています。

70以上の講座から選べる!選択プログラムは自分の方向性に合せて受講可能

選択プログラムは、それぞれどんなヨガ指導者を目指すのか?、その目的に応じて、バリエーション豊かなヨガジェネレーションの講座から選択することが可能です。

以下の講師陣の講座が対象となります。

  • サントーシマ香
  • 中井まゆみ
  • 佐久間涼子
  • 川原朋子
  • ブリスベイビーヨガ協会
  • 高尾美穂
  • 高橋淳子
  • 山田いずみ
  • マリア・カースティン
  • 酒造博明

サントーシマ香先生の「ヨガニードラセラピスト養成講座」、山田いずみ先生の「チェアヨガ指導者養成講座」など、キャンセル待ちが続く講座も選択プログラムのラインナップに組み込まれています。

ヨガジェネレーションだからこそできる70以上の多彩なランナップから、自分の目的に合わせて選択することができます。



※本ページに掲載されているのは [ 必須プログラム (200時間)] のみで、別に合計100時間相当の選択プログラムを受講していただく必要があります。

真のヨガ指導者を育成する。RYT500を開催する理由。

ヨガ指導を始めてから時間が経つと、「自分が伝えていきたいヨガ」が明確になっている方も多いのではないでしょうか?

ヨガスタジオ・フィットネスクラブに限らず、企業・介護施設・病院など、10年前と比較すると、ヨガを指導する場所は確実に増えています。それぞれの場所で求められるヨガは違います。

そして、そこに来ている人の状態は、それぞれに違います。「その方々が必要としてるヨガはどんなヨガなのか?」を、しっかりと見極められる。そして、クラスで何を実現したら、その方がヨガを通じてより快適に生活ができるのか?を確実に指導できる。

ヨガジェネレーションは、生徒さんの状態を見極め・最適なを指導をできるヨガ指導者が、日本にもっと増えて欲しいと考えています。

本講座でヨガ指導者として確実に飛躍できるスキル・知識を身に着けてみませんか?



講座プログラム
Program

プラクティス編

(1)ヨガ経典に基づくアーサナ実践の普遍原則
(2)アーサナアライメント理論〜ゲシュタルト機能を用いた効果的な実践論
(3)ヨガと瞑想の神経科学(脳科学)
(4)バンダの基礎と応用
(5)股関節と肩甲上腕関節の動作の理解と実践
(6)レビュー:アーサナにおける基本動作の諸原則
(7)安定性と快適性を実現するための筋出力の最大化
(8)強靭なコアの開発
(9)呼吸の基礎と応用
(10)立位アーサナの普遍原則
(11)立位アーサナの応用原則
(12)坐位のアーサナの基礎と応用
(13)背臥位のアーサナの基礎と応用
(14)逆転のアーサナの基礎と応用
(15)脱力と身体ポテンシャルの発揮
(16)美しいアーサナに一瞬で変わる諸原則7種
(17)中級および上級アーサナの理解と実践
(18)ヴィンヤサスタイルの原則と実践
(19)マインドフルネスヨガの原則と実践
(20)リストラティブヨガの原則と実践
(21)伝統密教ヨーガの原則と実践
(21)プラーナヤーマのの基礎と応用
(22)クリヤの実践
(23)ヨガニドラーのネクストステップ
(24)瞑想の全体像
(25)瞑想の神経科学(脳科学)
(26)顕教瞑想の理論と実践
(27)密教瞑想の理論と実践
(28)情報空間からの働きかけによる高度な身体操作

ティーチング編

(1)教師に求められる質
(2)認知科学と分析哲学を用いた圧倒的な力で人をサポートする法
(3)生徒の心・身体を一瞬で書き換える科学技術伝授
(4)アシスト・アジャストメントの基礎とネクストレベル
(5)効果的なコミュニケーション技術
(6)デモンストレーションの諸原則
(7)生徒の体が勝手に動くほどの卓越したインストラクション
(8)安全な環境を提供する意義と手法
(9)安全な方法でヨガを伝える技術
(10)瞑想の指導方法(アーサナとの違い)
(11)空間をまとめる技術〜真のラポールとは
(12)圧倒的な存在感を出す方法
(13)効果を最大にするクラスデザインとシークエンス技法
(14)ヴィンヤサシークエンス10種をマスターする
(15)心震えるクラスの作り方
(16)気持ちいいクラスを作るための学術的見解
(17)生徒の成長プロセスの理解
(18)生徒の自己変容を促す諸原則と技術

哲学編

(1)インド哲学
(2)仏法哲学
(3)科学的および学術的見解からヨガ・仏法哲学を理解する
(4)伝統ヨガと現代ヨガの違いと共通点を理解する
(5)比較宗教学、西洋哲学と東洋哲学の考察
(6)人生を楽にしてくれる精神解放論
(7)ヨガ的ライフスタイルの議論
(8)ヨガを深めるための学問

生理・解剖学編

(1)解剖学の基礎と応用
(2)ヨガの世界観における身体論
(3)ヨガを深めるための栄養学を超えた栄養学
(4)安全な柔軟性の高め方
(5)解剖学を超えた解剖学をアーサナに活かす法
(6)筋膜の理解とアナトミートレイン
(7)ヨガを深めるための分子生物学と生化学

アーサナ

  • ウティタハスタパダングシュタアーサナ1〜2
  • パルヴリッタパダングシュタアーサナ
  • パルブリッタアルダチャンドラアーサナ
  • ウルドゥバプラサリータエカパーダアーサナ
  • パルブリッタジャヌシールシャアーサナ
  • アグニスタンバアーサナ
  • マリーチアーサナ2〜4
  • 上記のリストは一例であり、これ以外にも数多く実践します。

  • トーラアーサナ
  • クラウンチアーサナ
  • エカパーダラージャカポタアーサナ
  • カマクトラアーサナ
  • スヴァルガドゥビジャアーサナ
  • アドムカヴリクシャアーサナ
  • ピンチャマーユラアーサナ
  • ヴィパリータダンダアーサナ
  • ヴァシシタアーサナ
  • ヴィシュワミトラアーサナ

講座概要
Overview

受講料 495,000

※本ページに掲載されているのは [ 必須プログラム (200時間)] のみで、別に合計100時間相当の選択プログラムを受講していただく必要があります。

参加対象

全米ヨガアライアンスRYT200認定ヨガ指導者養成講座を修了している方
※どこのスタジオで受講していても、本講座は受講可能です。

持ち物
  • ヨガのできる動きやすい格好
  • ヨガマット(レンタル300円)
  • 筆記用具
  • 汗ふきタオル
日程

<東京|週末開催>東京1期

2019年
12月
21日(土)・22日(日)

2020年
1月
18日(土)・19日(日)

2月
1日(土)・2日(日)・15日(土)・16日(日)・29日(土)

3月
1日(日)・28日(土)・29日(日)

4月
4日(土)・5日(日)・18日(土)・19日(日)

5月
16日(土)・17日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)

6月
13日(土)・14日(日)

※計24日(すべて週末開催)
※日程、開催地は変更になる可能性があります。

<時間>
土曜日|9:30~18:00
日曜日|9:45~18:15

※途中休憩あり。実質1日8.5時間
※最終日のみ終了時間が変更になる場合があります。

<会場>
オハナスマイル祐天寺店

[ RYT500 ] 選択プログラム認定講座

本講座はご受講頂くとヨガジェネレーション主催「RYT500ヨガ指導者養成講座」の選択プログラムとして認定されます。必須プログラムの詳細はこちらから確認ください。

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年12月21日(土) 9:30~18:00

 ~2020年06月14日(日)※日程 / 会場の詳細→

会場オハナスマイル 祐天寺
定員16名
詳細

講師メッセージ
Message

中島正明からのメッセージ

みなさん、こんにちは!
ヨガジェネレーションのRYT500取得のためのRYS300の必須プログラムを担当するmasa(中島正明)です。

やっと満を辞してこのプログラムをお届けする時がやってきました。ミーティングに次ぐミーティングを重ね、かなりのエネルギーを投入し、ずっと温め続けてきたこのプログラム。私やヨガジェネレーションのスタッフの想いがたっぷりとこもっています。

これまでRYT200は50回以上、メイン講師として教え続けさせていただいてきました。ティーチャートレーニングで輩出したヨガ講師は、1,000名を超えています。

その中で培ってきた経験を元に、みなさんのヨガ講師としてのスキルやリーダーシップを確実に発揮することができるようになるプログラムをやっと開発することができました。

ヨガのクラスは一回で、本当にその人の人生が変わってしまうポテンシャルに満ち溢れています。

思い浮かべてみてください。

そのポテンシャルを最大限に引き出し、集まってくれる生徒さんたちが、心の奥から沸き起こる喜びと笑顔に満ち溢れ、さらに幸せな人生を送ることのサポートができている風景を。

どんな気持ちになりますか?
ヨガ講師として、その気持ちを一生持ち続けられる力を身につけられたら、すごいことだと思いませんか?

このプログラムは、単なる資格云々のものではありません。
あなたご自身がヨガの実践で、本当に変容を体験し、自分の人生を変え、そして、来てくださる生徒のみなさんの人生をさらに豊かにする力を身につけていただく機会です。

そういう意味では、本当にやる気がある方に集まっていただきたいという思いがあります。そして、そうしたリーダーが集まる「場」は、毎回奇跡が起きるまさに魔法のような「場」になることでしょう。

みなさんとこのRYS300プログラムでお会いできることを心の底から楽しみにしています。

講師プロフィール
Profile

中島正明 プロフィール
中島正明Masaaki Nakajima

通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を行いながら、世の中のゆがみに気付き始め、NGO活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。 個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、NGO活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、生きていることの豊かさやいのちのつながりを気持ちよく感じられるようなヨガを提供することを模索している。