メンズヨガイベントBeta:第4回 大阪開催 2017年10月7日(土)

ベータヨガは「男性が受けたくなる」をコンセプトにしたメンズヨガイベント。男性限定!女性も男性とペアであれば参加できるクラスもあります!

1クラス 2,500

タイムテーブル
Timetable

  • 2017年10月07日

2017年10月07日(土) 会場:ヨガアカデミー大阪

9:00~

YOGAと瞑想 ※男性一人につき女性一人同伴可

yama

11:15~

シンプルに生きるためのヨーガ ~Yoga is a way of life~ ※男性一人につき女性一人同伴可

Amrita Toshi

13:30~

アシュタンガヨガ「基礎と応用」

清水誠也

15:45~

Wave Yoga ~NYヴィンヤサ~

Nami

18:00~

男だけで思いっきり楽しむヨガ

浅野佑介

※キャンセル待ちとなっている講座をお申込みされた場合、「販売を終了した商品が含まれています。」とメッセージが出ますので、その際は各講座の個別ページより空き状況をご確認ください。

イベント内容
Contents

男性にヨガが注目される理由

近年、ヨガ・瞑想に興味を持つ男性が増えています。世界で活躍するスポーツ選手や経営者、アーティストなどがヨガが成功の一助となったことを公言し、ヨガは男性にも浸透し始めました。

  • イチロー(プロ野球選手)
  • スティーブ・ジョブズ(アップル創始者)
  • 長友佑都(サッカー選手)
  • ジェリー・ロペス(プロサーファー)

男性がヨガを始められない・・その訳は?

「ヨガを始めたい。」と思っても、男性がヨガを始めることを躊躇する理由があるようです。

  • ヨガは女性の美容法なのでは?と思っている
  • 体が固くてできる気がしない
  • 女性が多数の場所に行くのは気まずい
  • ヨガでは体を鍛えられない気がする

本トレーニングのヨガクラスはそれらのことを一切気にすることなく、ヨガクラスに参加していただけます。各クラスには明確なテーマが決められていますので、自分にぴったりのヨガクラスに参加することが可能です。

ベータヨガトレーニングでヨガを始めよう!

ベータヨガトレーニングは、男性のためのヨガイベントです。男性がヨガを通して輝いてほしい、そんな想いを込めて開催しています。

ヨガ・瞑想にはさまざまな効果があります。

  • 瞑想をして仕事の集中力が上がる
  • ヨガをしてスポーツのパフォーマンスが上がる
  • 心が落ち着いて、精神が安定する
  • 体を動かして若々しい体を保つ

ヨガ・瞑想の時間を持つことで、仕事・趣味・プライベートをますます充実させてみませんか?ベータヨガトレーニングでヨガを始めましょう。

イベント概要
Overview

参加対象
  • ヨガを始めてみたい男性
  • 瞑想を始めてみたい男性
  • リラックスしたい男性
  • ストレスを解消したい男性
男性ならどなたでもご参加可能です。 ※女性と一緒に参加できるクラスもあります。
持ち物
  • ヨガマット(レンタル無料。数に限りがございますため、ご希望の方は通信欄に「マットレンタル希望」と記載をお願いします)
  • 動きやすい格好のお着替え(複数参加される場合は、汗をかくことを踏まえて、上着だけでも参加クラス分お持ちなることをお勧めします
  • 飲み物
  • タオル
会場 ヨガアカデミー大阪
〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2-2-15 ハウザー堺筋本町駅前ビル6F
06-6484-6877

クラス内容
Class

  • 2017年10月07日
YOGAと瞑想 ※男性一人につき女性一人同伴可 yama

【運動量】★☆☆☆☆

YOGAと聞いて真っ先にイメージするのは、アクロバティックなポーズや驚異的な柔軟性でしょう。
それらはアーサナと呼ばれ、ヨーガの一部にしかすぎません。
ヨーガの目的や目指す場所は他にもあります。
プラーナと呼ばれるエネルギーの循環や制御(呼吸法)
心への理解を深めていく瞑想です。

アーサナは何のために行うのか?
近ごろ流行りの瞑想とは?
ヨーガの目的や効果は、ダイエットや柔軟性アップだけではありません。
ヨーガとは生き方の教えであり、体という小宇宙を通して大宇宙である世界を知る。そのための実践哲学です。

今回は、アーサナ、プラーナーヤーマ、瞑想といいうオーソドックスなハタヨーガのクラスを展開します。
クラスで目指すところはプラーナに満ちた心身一如な状態です。

シンプルに生きるためのヨーガ ~Yoga is a way of life~ ※男性一人につき女性一人同伴可 Amrita Toshi

【運動量】★★☆☆☆

【身体と心を磨くアーサナプラクティスと気づきの瞑想】

ヨーガとは、ライフスタイル、生き方のことであると伝統では教えられています。
本場インドで教え継がれている、アーサナの本来の意味を理解しながら、誰とも比べることなく、自分自身にとって必要なアーサナの実践を一緒に深めて行きましょう。
怪我をせず練習するために、肩、胸、股関節周りを解放させていくオープナー(身体の解放)を用いながら、呼吸を通して、身体と心を客観的に捉えていきます。
そして、身体の軸を使い、的確なアライメントを学び、力ではなく、プラーナで練習するアーサナヨーガを実践していきます。
その後、身体と心と調和していく気づきの瞑想を行います。

アシュタンガヨガ「基礎と応用」 清水誠也

【運動量】★★★★☆

なかなか柔軟性が深まらない、やっていて気持ち良くない、呼吸が止まってしまう、などの練習の疑問や悩みはありませんか?
今回は『 基礎と応用 』をテーマに、胸式呼吸と腹式呼吸の違いや身体の基本的な使い方を確認し練習していきます!
呼吸と基礎を確認することにより、バンダの存在感も強まり、自身の身体の特徴を知り、心と身体のアクセルとブレーキの調節もしやすくなります。
始めに基礎を学んだ後は太陽礼拝やいくつかの立位、座位を行い
様々なアーサナにどのように応用するかを学び練習します。
今回は流派に関係なく、初心者から長年練習をしている方まで、ヨーガに関心がある全てのメンズを対象にしたクラスになりますので、日頃の疑問を解消し、明日からの実践をどんどん深めていきましょう!

Wave Yoga ~NYヴィンヤサ~ Nami

【運動量】★★★☆☆

NYでは、男性がヨガをするのは当たり前で、私が通っていたクラスでは男女の比率が1対1だったり多い時もあります。男性も当たり前にヨガを生活のツールとしているNYのヨガを感じていただけたらと思います。
ヴィンヤサとは、呼吸の流れに合わせて体を動かしていくことです。
Wave Yoga NYヴィンヤサは、パワフルに動いていく中でポーズのアレンジを組み合わせ、呼吸の波に乗るように動いていきます。
動いていく中で、ヨガと身体と呼吸のこと以外はすっかり忘れてしまうくらいに自分に集中していくことができます。ヨガ後に身体や頭がスッキリするのは動きの中でも簡単な瞑想と同じ感覚を味わうことができるからです。
レッスン中に身体の中で感じる”WAVE:呼吸、エネルギー、筋肉、血流など” 普段の生活で気づかない自分の感覚に意識を向けていきながらダイナミックに動いていきましょう。

男だけで思いっきり楽しむヨガ 浅野佑介

【運動量】★★★★★

皆さまはヨガのポーズ、気持ち良いですか?
体が硬いと痛みも感じる、だからこそ伸びている心地良さも感じてほしい。
チャレンジには勇気がいる、恐怖もあるからこそ、やり遂げた後の充実感、満足感も感じてほしい。
ヨガスタジオで皆んなと行うからこそ、辛さも喜びも共有して欲しい。

今回の大阪スペシャルクラスでは、筋力と柔軟性のバランスを取りながら、様々なポーズ、逆転のポーズにもチャレンジしていきます。

辛いときでも男だけだからこそ笑ってしまう、皆んなで楽しむクラスです。
ヨガ初めての方も大歓迎です!

講師紹介
Profile

  • 2017年10月07日
yama

健康になりたい!たったそれだけのシンプルな動機により2002年にヨガを始めました、あれからかなりの月日が経ちました。しかし、ヨガをしたからといって完璧な人間にはなっていません。体の不調があったりなかったり、心が落ち着いたり乱れたり、精神的に潰れそうになったり立ち直ったり、それでもまあまあそれなりにゆらゆら健康に幸せに生きています。このゆらゆら生きられるようになったこと、ゆらゆらしていてもいいんだよと自分を許せたこと。これがヨガで受けた最大の恩恵かも知れません。
現在は大阪を拠点にシニアヨガの指導者養成講座や、誰もが気持ちよく動けるヨガのクラスを展開中。山に登り、川辺を歩き、草花とお話をしていろんなことを教えてもらいます。そんな自然を師と仰ぎながら日々のんびりと暮らしています。
絵を描き、モノを作る僕にとってヨガとは感性を高めてくれるもの、また不自然になってしまいがちな生き方を自然に戻してくれるもの。僕にとってヨガとはその為の指針となるものです。
自分が笑顔でいれば周りも笑顔になる。自分が幸せに満たされているから周りに幸せや満たされた感覚を提供できる・・・そう信じてヨガを伝えています。
好きな言葉は、「無為自然」「自然こそが師」
▲aozoraYOGA代表、PITORIPOTORI代表
▲全米ヨガアライアンス200h
▲インド政府公認ヨガ講師
▲陰ヨガ指導者
▲ハンディキャップヨガ指導者
▲ヴィパッサナー瞑想、マインドフルネス瞑想実践
▲ヨガヴィオラトリコロールにてシニアヨガ指導者養
▲絵を描き、アクセサリーやモノをつくります。
子供たちと一緒にお絵描きワークショップなんかもや っています。
HP:aozora YOGA

Amrita Toshi

2002年インドにてヨーガに出会う。
Sri M.L Sonkarに師事し寝食を共にしながら本質を学び、京都大学でインド哲学を2年間専修。 12年以上渡印を続け学びを深めている。現在は、年間の1/3をインドで過ごし、伝統的なヴェーダの叡智をアーシュラムで学び、アシュターンガとアイアンガースタイルの統合されたアーサナとプラーナーヤーマをRolf&Marci Naujokatのもとで実践している。リシケーシュのアーシュラムにおいて日本人初となるヨーガクラスを担当。
関西を拠点にし、指導者講座、WS、神社仏閣でのクラス、インドリトリート、インド総領事館後援のイベント主催など活動は多岐にわたる。普遍的真理を軸にライフスタイルとしてのヨーガを総合的にシェアしている。
HP:http://www.namah-shivaya.com/
FB:https://m.facebook.com/amritayogashala/

清水誠也

カウンターカルチャーに影響を受け、学生時代より国内外を放浪。
2005年インドのゴアにてヨーガを体験した際、身体と精神の変化や広がりを感じ、帰国後独学でヨーガの練習を始める。2009年にアシュタンガヨーガと出会い、以後マイソールスタイルで練習を始め、2012年より毎年渡印。マイソールのKPJAYI にて R.Sharath Jois 師、2012〜2015年にはゴアにて Rolf & Marci の元で練習を積む。2015年より神戸市の studio SUNDARI にてマイソールクラスを担当している。2016年には R.Sharath Jois 師より、Ashtanga Yoga の正式指導者資格( Authorized ) を与えられる。Ashtanga Yoga の実践と指導に情熱を注ぎ、神戸を拠点に日本各地でワークショップやイベント等でも活動をしています。

Ashtanga Yoga Kobe 主宰
HP:http://seiyashimizu.jimdo.com 

Nami

自分自身のカラダの悩み(怪我/歪み/体重増加/冷え性/筋肉の付き方)を抱える中でヨガに出会い、変化した経験を活かし、また、たくさんの生徒さんに出会う中で、個々の性格・生活・特徴が、呼吸・背骨・骨盤=身体に現れているということに気付きを得て、NYスタイルヴィンヤサをベースに、独自のスタイル『Wave Yoga』考案。
呼吸・背骨・骨盤を中心に、アサナや呼吸法において、『身体が繋がる』『身体が楽に動く』『呼吸が通る』という感覚を大事にをテーマにしたヨガレッスンを展開している。
▲全米ヨガアライアンス200/300時間
▲マタニティーヨガインストラクター
▲YinYogaインストラクター
▲Wave Yoga studio東京&大阪主催

浅野佑介

茨城の海の近くで育ち、学生時代は水泳・サッカー・ボクシング、現在はサーフィン・スノーボードと自然を愛するスポーツマン。
サーフィンでの腰痛がきっかけで、ヨガに出会い、リハビリも兼ねて実践するようになる。症状の改善、そしてヨガの素晴らしさに気づき、頻繁にプラクティスを行うと同時に指導の機会に恵まれる。その後、ヨガスタジオを併設したデイサービスの立ち上げに携わり、要介護、要支援者に対してのヨガプログラムの開発、ヨガ指導を行う。
男性ならではのパワフルなレッスンだけでなく、自身も腰痛、坐骨神経痛を患った経験から痛みと身体に寄り添ったレッスンも得意とする。
海外ではヨガ=女性というイメージはなく、男女の比率は半々。より沢山の男性の方にヨガを知ってほしいという思いから、男性のみのヨガクラス「男ヨガ」を定期的に開催している。

▲シャンティプルナ指導者養成コース修了
▲IYCキレイになるヨガ指導者養成コース修了