ヨガ・瞑想講師 中島正明 2018 新春限定 ヨガ集中講座(アーサナ編・瞑想編)

中島正明先生と、新年の決意を継続的に持ち続けるための特別なプラクティス。神聖な時間を過ごし、想いを実現させましょう。テーマ:「自分を信じ、体と心からのアプローチする」
講師:中島正明

受講料 10,800

タイムテーブル
Timetable

  • 2018年1月28日

2018年1月28日(日) 会場:レンタルスペースさくら原宿竹下口店

1 13:00~

2018年なりたい自分になる!サンカルパ瞑想 特別講座

イベント内容
Contents

2018年の願いを叶えるための特別講座を1回だけ開催!

近年、企業などのビジネスの現場でヨガや瞑想が取り入れられています。それはなぜでしょうか?その理由はヨガや瞑想の以下の効果が注目を集めているためです。

  • 集中力が上がる
  • 生産性が上がる
  • ストレス低減
  • アイデアが生まれやすくなる

ヨガや瞑想には、自分が本来持っている力をさらに引き出す力があると言っていいかもしれません。

2018年1月にヨガ・瞑想講師:中島正明による新春限定の特別講座を開催することになりました。テーマは、「自分を信じて、願いを叶える」です。

毎年、新しい年を迎えると「今年はこんな年にしたい!」と、目標を掲げる方も多いかと思います。目標を掲げた時は希望に満ちていますが、実際に実現できている方はそう多くないのではないでしょうか?

2018年はこの講座で、願いを叶えてみませんか?

【開催日程】
アーサナ編 :2018年1月20日(土)13:00-17:00
瞑想編:2018年1月28日(日)13:00-17:00

会場:レンタルスペースさくら(東京・原宿)

テーマは「自分を信じる」

目標を掲げた時は、「私はできる!」と信じていてます。でも、何か思い通りにいかないことがあると「私はダメなんだ」と自信を失うことはありませんか?

講師は、「(特に現代人は)考え方や環境、ストレスなどによって、なかなか自分の可能性を気づけない、そして、発揮できない」といいます。「誰もが自分が力を持っている存在であることに気づいて欲しい」とも。

本講座では、「自分を信じる」ということにフォーカスして、さまざまなワークやアーサナ、瞑想を行います。1つ1つ行っていくうちに、体と心軽くなり、自分の力を信じられるようなプログラムになっています。今回の講座のために講師が考え抜いたプログラムを、ぜひ体験してみましょう。

生徒の力を信じる中島正明が講師

「人は誰でも天才である」ということを心底信じている講師。講座中に、生徒が人生の本質的な気づきを得て、自分に触れるという場面を見ると、自分のことのように感動し、喜びます。ヨガや瞑想は現代を生きる上ではツールとして、

  • 自分をもっと輝かせるために
  • 自分らしく生きていくために
  • ワクワクしたことに挑戦するために

活用して欲しい。講師はそう考えています。

そのために講師は講座中は「安心して学び、ヨガ・瞑想ができる場所を作る」という、本来の自分を出せる環境づくりことにも注力しています。大人になると、なかなか安心できる環境はないと思います。その環境でこそ出逢うことのできる自分の力。

2018年は、本講座で自分を信じ、願いを叶える力を本講座で見つけてみましょう。

プログラム内容

体の力を引き出す!アーサナ特別講座 2018年1月20日(土)

ワークで体の秘めている力を引き出します。そして、今まで気付かなかった体のポテンシャルを十分理解した上でアーサナを行います。

  • 体の秘めた力を知る
  • 脱力して生きる重要性を知る
  • 体の動かし方の質を高める
  • いつでも楽な体でいられる知識
  • 流体で生きるコツを知る
  • ヴィンヤサフローヨガ

2018年なりたい自分になる!サンカルパ瞑想 特別講座 2018年1月28日(日)

願いが叶いやすくなると言われるサンカルパ瞑想。サンカルパ瞑想がどうして自己実現につながるのか?を脳科学的な見地から理解し、実践します。

  • 自分のやりたいことを理解する
  • 自分のやりたいことを実践する勇気を持つ
  • 瞑想すると脳はどんな状態になる?
  • サンカルパ瞑想の知識を学ぶ
  • サンカルパ瞑想の実践

イベント概要
Overview

持ち物
  • 筆記用具
  • 動きやすい格好のお着替え
  • タオル
  • ヨガマット
  • ※ヨガマットのレンタルはございませんので、必ずご自身のマットをお持ちください。
参加対象 全ての方 ※ヨガ・瞑想が初心者の方でもご参加いただけます。

講師プロフィール
Profile

中島正明プロフィール画像
中島正明Masaaki Nakajima

通訳/翻訳家として文化の架け橋になるべく活動を行いながら、世の中のゆがみに気付き始め、NGO活動を始める。テーマは地球温暖化の防止。いわゆるスローライフを地で送っているツバルやサモアなど南太平洋の島々、貧困と富のギャップが大きい南アフリカ、お金やものはなくとも子供たちの笑顔がとってもキラキラしていたフィリピンやタイ、インドネシアなど、30カ国以上を歴訪。その現状を日本国内に伝えたり、国連温暖化会議などの国際会議で活動する。そうして活動をする傍ら、ナチュラルなライフスタイルを模索して、ヨガに出逢う。 個人的な生きる指針としてのヨガの奥深さに引かれ、自己探求を深めるうち、NGO活動を通して目指していた平和につながる個人のあり方や自然とつながる感覚を醸成するヨガの可能性に気付く。これが現在社会の抱える様々な問題の解決に貢献すると考え、ヨガを通した社会貢献をライフワークとすることを決意。様々なヨガスタイルを自由に取り入れ、生きていることの豊かさやいのちのつながりを気持ちよく感じられるようなヨガを提供することを模索している。