こんにちは!ヨガジェネレーションのべーです。私が川原朋子先生の担当になって、もうすぐ1年が経とうとしています。担当し始めた当時、私はハートオブヨガの「は」の字も知らないヨガ素人でした。ですから、このようにレポートするのも毎回緊張の連続で、何度も「自分には才能ない…」と落ち込みました。でも、そんな日々もあっという間に過ぎ、今日は記念すべき川原朋子先生がメイン講師として行う、ハートオブヨガ指導者養成講座の初開催初日です。

実は今日、その講座に潜入し、1年前の自分に聞かせてあげたい…と思った言葉がありました。今日はそれを皆さんにシェアしたいと思います!

ハートオブヨガ、シェアリングサークルに込められた想い

川原朋子先生が笑顔で生徒さんに講義をしている様子
ハートオブヨガ指導者養成講座では、1日目の午前中に、「オープニングサークル」と言って、輪になり自己紹介の機会として、先生や参加者の皆さんと「自分の想い」を共有する時間が設けられます。

これは、朋子先生が、ご自身の「先生」である、マーク・ウィットウェル先生のこんな言葉を大切にされているから。

Without a student or sincere question no teaching is necessary. Therefore the student must be ‘heard’ first and respected, so that the response is relevant.
ーMark Whitwell

「生徒、あるいは心からの質問がそこにない限り、どんな教えも必要ありません。つまり、まずは生徒の声に<耳を傾け>、相手を尊重しなければなりません。それがあって初めて、その質問に対する答えが意味をなすのです」
(マーク・ウィットウェル/和訳: 川原朋子)

 
そのため、朋子先生は、生徒さんの声を聞く時間を惜しみません。そして、生徒さんひとりひとりから発せられるひとつひとつの言葉にハートオブヨガのエッセンスを交えてお話をしてくれます。

「私なんか…」が口癖になっていない?

そんな中、ある参加者から、こんなことが打ち明けられました。

ヨガを教えるには、アーサナが綺麗にできなきゃいけない、スタイルが良くないといけない、私なんかが人にヨガを教えるなんて…って思っていたんです。

皆さんにも経験ありませんか?「私なんか…」と思うこと。でもこれに対して、朋子先生の口から出た言葉に、私は、はっとしました。

「私にしか」伝えられないヨガがある

マーク・ウィットウェル先生のスカイプ講義の様子

講座の中では、ハートオブヨガの提唱者マーク・ウィットウェル先生によるスカイプ講義も行われます。

私の先生、マーク先生は、必ずこう言います。『君にしか伝えられないヨガがある。それは君にしか伝えられない。僕でも他の誰かでもダメなんだよ』と。だからね、必ず人にはその人にしか伝えられないヨガがあるんですよ。

ハートオブヨガは繰り返し、ひとりひとりの命の尊さを伝えてくれます。その命には上下も優劣もない。だからこそ、唯一無二の存在として、その人だけのヨガを伝えていける、ということです。

ヨガ指導者として大切なこと

ハートオブヨガ指導者養成講座の生徒さんが笑顔でお話を聞いている様子

マーク先生はこうも言っています。『ヨガ指導者として大切なことは、3つしかない。ひとつは自分が自分のためのプラクティスをしていること。もうひとつは自らが良い指導者に恵まれていること。そして、人に対して思いやりがあること』

 
つまり、ヨガを伝えていく上で、アーサナが綺麗にとれている、スタイルが良い、美人である、といった、一般的に考えられている条件のようなものは、良い指導者になるための必須項目ではないということです。私たちは、雑誌の表紙になっている人のアーサナや驚くほど綺麗なアーサナの動画を見るたびに自分と比較し、今の自分と比べ落胆してしまいがちですよね。さらに「あれもできない、これもできていないのにヨガ指導者になんかなれない…」と思い込んでしまいます。

しかし、少なくともハートオブヨガでは、アーサナの完成度は人の数だけあり、見た目の美しさにこだわってはいません。「自分にしか伝えられないヨガを指導しなさい」と教えてくれます。

私は1日目の指導者養成講座の後、今、すぐにPCに向かっています。10ヵ月前はそんなことはできませんでした。それは「私みたいな新人が、ヨガを伝える記事を書く自信がない」と心のどこかで思っていたからだと思います。

でも、1年近くハートオブヨガに関わらせて頂いた今は思います。朋子先生の担当として、私にしか書けない、私にしか伝えられないことがあるのではないかと。なので、ハートオブヨガ指導者養成講座の最中、できるだけ手を動かし、講座の様子を皆さんにお伝えできればと思っています。
 
また、明日2日目をお届けしますね!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article