産婦人科医:高尾美穂 骨盤底筋トレーニングヨガ指導者養成講座

産婦人科医:高尾美穂「骨盤底筋トレーニングヨガ指導者養成講座(16時間)」オンライン

直近の開催 オンライン

会場Zoom

受講料126,500円(税込)

2023年2月26日(日)・3月26日(日)の2日間で開催決定!

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • スタジオ開催
  • オンライン
  • 教材(郵送)
  • 教材(データ送付)

高尾美穂からリアルタイムで本格的にヨガを学べる唯一の講座。超重要なインナーマッスルである骨盤底筋にアプローチするための知識・スキルを習得しませんか?

講座について

    2023年の開催決定!産婦人科医:高尾美穂から直接学べる唯一のヨガ講座

    ヨガジェネレーションが、産婦人科医:高尾美穂に「ヨガ練習者・ヨガ指導者に、医療の知識を伝えていただけませんか?」と声をかけたのが2014年のこと。「医療機関に来る患者さんだけではなくて、より多くの女性に、健康に役立つ知識を伝えたい!」という想いが合致して、一緒に講座を開催することになりました。

    「女性のからだの基礎知識」「ヨガ×睡眠を科学する集中講座」「がんという病気を知り、向き合うための講座」など、多数の講座を一緒に開催してきました。その解説の分かりやすさと、言葉の端々から伝わる暖かい想いに、ヨガ業界でファンが続出しました。多い時は年間40本ほどの講座を開催し、どれもがキャンセル待ちという状態でした。

    2021年3月のテレビ出演をきっかけに、ヨガ業界のみならず、全国に女性のファンを増やした本講座の講師:高尾美穂。それからは、軸である医師としての診療の他、出版・講演・取材など多忙を極めることになりました。

    そこで決断したのが、講師がヨガを直接指導するのは、「自身が考案した骨盤底筋トレーニングヨガだけにする」ということでした。

    現在、講師とリアルタイムでコミュニケーションを取りながら、ヨガを本格的に学べるのは、本講座のみです。医療のエビデンスに基づく知識と共に、講師が考案したヨガメソッドを習得しませんか?

    “尿もれ”に悩む女性は多い。高尾美穂が「骨盤底筋トレーニングヨガ」を考案した理由

    産後や40代以降の女性に急増するのが「尿失禁(尿もれ)」です。国民生活調査のデータによると、65歳以上の女性の44.6%が尿もれの症状があるそうです。

    20年以上産婦人科医として、幅広い年代の女性一人一人と真摯に向き合ってきた講師。尿もれに悩む女性は、「臭いを気にして人と合わなくなる」「トイレに行けるかどうかが気になって(特に遠方に)出かけなくなる」という傾向にあることに気づきました。

    そのことが、女性のQOL(生活の質)を下げる原因になっていると憂慮していました。そして、人に相談しにくい悩みであることも明確でした。

    尿もれは骨盤底筋のダメージに起因することが多いです。尿もれだけでなく、子宮脱になることもあります。講師はこれは人間の尊厳に関わるものと感じいています。

    スポーツドクターとしても活動する講師は、尿もれの原因となる骨盤底筋のダメージを回復させる方法を考えました。それが本講座で学べる「骨盤底筋トレーニングヨガ」です。

    本講座で学ぶことで、誰にも相談できない悩みをヨガを通じて解消できるヨガ指導者になりませんか?

    ここでしか学べない!完全オリジナルの43ポーズをマスター!

    骨盤底筋は、その名の通り、骨盤の底に位置しています。鍛えようと思っても、直接骨盤底筋にアプローチするのは難しいと考えられています。そこで、講師が考案したのは、周りの筋肉を動かして、骨盤底筋に届かせる方法です。

    本講座で学べるのは43個のオリジナルのポーズです。講師がこだわったネーミングも親しみやすいものばかりです。一部を抜粋します。

    • トウキョウタワー
    • ドルフィンテール
    • トビウオアップ
    • モーニングフロッグ
    • スケーターズヒップ
    • ダイアモンドブリッジ

    親しみやすいネーミングは、きっとヨガクラスに来る生徒にも親しまれるに違いありません。

    43個のポーズは、座位・臥位・立位・屈位・四つ這など様々なバリエーションで構成されています。そして、強度も低いものから高いものまで、幅広い年代の女性に対応することができます。

    講師が解剖学的な根拠を持って考案したここでしか学べないポーズをマスターしませんか?

    超重要なインナーマッスル=骨盤底筋。鍛えるメリットとは?

    特に女性にとって骨盤底筋は非常に重要なインナーマッスルです。鍛えることは、尿もれの軽減だけではなく、女性にとって嬉しい、美容や健康への効果がいっぱいです。

    • 猫背解消
    • O脚・X脚改善
    • 新陳代謝を上げる
    • ポッコリお腹の解消
    • ヒップアップ
    • 呼吸が深くなる
    • 腰痛の軽減

    骨盤底筋にアプローチできるポーズを、本講座できちんと理解して、女性が美しく健康になれるヨガクラスを実現しませんか?どうしてそのような効果があるのかを医学的・解剖学的な根拠までを解説しますので、スッキリと理解することができます。

    産婦人科医・スポーツドクター・産業医・ヨガ講師として持つ全ての知識と経験を総動員して、お話してくださいます。濃密な16時間を講師と一緒に過ごしてみませんか?

    産婦人科医:高尾美穂 骨盤底筋トレーニングヨガ指導者養成講座

    高尾美穂の想いを継承したヨガ・運動指導者になりませんか?

    講師は、子宮脱に悩む50代の女性患者に、骨盤底筋トレーニングヨガを勧めたことがあります。その女性が真面目に取り組み、その症状が大幅に改善されました。その女性は、子宮脱に悩んでいた時は、黒やグレーなどの服を着ていることが多く、自分に自信が持てない日々を過ごしていたそうです。

    でも、子宮脱の症状が軽減されると、ずっと赤穂がれていた社交ダンスを始めたそうです。着る服の色も明るい色が多くなり、気持ちも前向きになったそうです。その女性は講師に、「自分を取り戻せました」と言ったそうです。

    「この方のような女性を増やしたい!」という原動力が、どんなに多忙になっても、本講座を開催し続けている大きな理由です。

    ヨガ・運動指導者は、女性の心と体に寄り添うことができる存在であると講師は信じています。

    本講座で学ぶ知識・スキルはもちろん、思いまでを継承したヨガ・運動指導者になりませんか?

    講座プログラム

    骨盤底筋トレーニングヨガにおけるゴール

    • 骨盤底筋トレーニングヨガの必要性を説明できる
    • 骨盤底筋トレーニングヨガの対象者を理解できる。
    • 骨盤底筋の状態を立体的に理解できる。
    • 骨盤底筋が意識しにくい理由を理解できる。
    • 骨盤底筋への直接的なアプローチ法を理解できる。
    • 骨盤底筋への間接的なアプローチ法が有効な根拠を理解できる。
    • 骨盤底筋トレーニングヨガのガイドができる。
    • 骨盤底筋トレーニングヨガのアレンジができる。
    • 対象者に合わせたクラス構成ができる。

    1.骨盤底筋トレーニングヨガを必要とする社会的背景

    1-1 骨盤底筋を取り巻く環境の変化
    1-2 排尿障害についての基礎的知識
    1-3 骨盤臓器脱についての基礎的知識

    2.骨盤の解剖

    3.骨盤底筋の解剖

    4.骨盤底筋周辺の筋の解剖

    5.骨盤底筋に影響を及ぼす因子

    5-1 骨盤底筋と横隔膜と呼吸
    5-2 骨盤底筋と分娩
    5-3 骨盤底筋と日常生活
    6.骨盤底筋への直接的なアプローチ法

    7.骨盤底筋への間接的なアプローチ法

    8.クラス構成についての考え方

    注意事項

    • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
    • 妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。

    お支払い方法

    クレジットカード
    銀行振込

    事前振り込み制です。
    講座開催前日までにお振込ください。

    現金払い

    原則は現金の扱いはございません。
    前日申し込みの方で銀行振込が間に合わない方に限り、
    当日受付にて現金でのお支払いをお願いしております。

    開催日 / お申し込み開催日を選択してお申し込み

    オンライン
    10時00分〜19時00分

      〜

    会場Zoom定員30人

    2023年

    2月
    26日(日)
    3月
    26日(日)
    ※お昼休憩が1時間程度あります。 ※テキストを郵送するため、2月22日(水)正午までにお申し込みください。(定員になり次第、申し込みを締め切ります) それ以降のお申し込みは、送料が追加(500円〜800円)でかかる場合があります。 お電話でオハナスマイル祐天寺店にお問い合わせください。 オハナスマイル祐天寺店:03-6825-6007 ※海外にお住いの方は1月25日(水)までにお申し込みください。
    日程詳細を確認する