腰椎ヘルニアと運動療法としてのヨガ

オンデマンド「腰椎ヘルニアと運動療法としてのヨガ」理論と実践 集中講座 整形外科医:西良浩一・コンディショニングコーチ:本橋恵美

受講料11,000円(税込)

オンデマンド受付中!お申し込みは11月30日まで

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • スタジオ開催
  • オンライン
  • 教材(郵送)
  • 教材(データ送付)

[オンデマンド受付中!]11月30日(金)までにお申し込みください。整形外科医:西良浩一、コンディショニングコーチ:本橋恵美から学ぶ!「腰椎ヘルニア」にヨガでできること、学んでみませんか?

講座について

    [ オンデマンド受付中! ]お申し込みは11月30日(木)まで

    11月23日に開催して、大好評・大盛況で終了した本講座。その後も、お問い合わせも多く、アーカイブを11月30日まで販売することとなりました。ぜひ、この機会にお申し込みください。

    視聴期間:12月2日(土)〜12月9日(土)

    「腰椎ヘルニア」にヨガ指導者ができること。正しい知識と実践法を学びませか?

    「腰のヘルニアなのですが、ヨガをしてもいいですか?」

    「ヘルニアに効くポーズは何ですか?」

    ヨガ指導者は、生徒からそんな質問を受けたことがあるのではないでしょうか?この質問を受けた時に、自信を持って、答えられた方は少ないはず。生徒の中に、腰椎ヘルニアと診断された方がいることも、珍しいことではありません。

    日本の腰椎ヘルニアの患者数は100万人。整形外科医は患者に対して、ヨガを勧めることがあります。患者自ら、運動療法としてヨガを選択する場合も。

    その一方で、ヨガ指導者が腰椎ヘルニアに対して、充分な知識を持ち、「ヨガでどう対応できるか?」を理解しているかというと、そうではありません。ヨガ指導者が知識を身につけることで、運動療法としての効果を提供できるようになります。

    本講座は、前半は座学で腰椎ヘルニアに対しての知識を身につけます。座学を担当するのは、整形外科医:西良浩一。腰部の世界的な名医です。後半は安全で効果の出せるヨガの実践法を本橋恵美から学びます。腰痛専門のクリニックで運動指導を担当し、実績を出しています。

    運動療法としてのヨガを学ぶには、この上ない最強の講師陣。この機会に腰椎ヘルニアについて学んでみませんか?

    講師は世界的名医:西良浩一。最先端・確実な知識を、わかりやすく解説

    前半の座学を担当するのは、整形外科医・徳島大学 運動機能外科学(整形外科) 教授の西良浩一。名医として世界中にその名が知られています。全国から、西良医師の診断・治療を必要とする患者が後を絶ちません。一人一人の患者と真摯に向き合う傍ら、NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」TBS「情熱大陸」などメディアにも出演。最新治療の普及にも力を入れています。

    外来診療で、患者にわかりやすい説明を心がけている西良医師。本講座でも、腰椎ヘルニアはどんな状態であるのか?どんな変遷を辿るのか?を、分かりやすい言葉で解説します。

    一言に腰椎ヘルニアと言っても、ヨガをした方がいい場合とそうでない場合があります。「ヨガをしてもいいのか?しないほうがいいいのか?」その判断をヨガ指導者自身でできるようになることが座学のゴール。どんな点を確認すればいいか、そのポイントが明確になります。

    西良医師から、腰椎ヘルニアについて直接学べるのは、非常に貴重な機会です。この機会をお見逃しなく!

    腰椎ヘルニアに結果を出す!「運動療法としてのヨガ」を自分のものに

    後半は、腰椎ヘルニアに効果のあるヨガの実践法を学びます。講師を務めるのは、コンディショニングコーチの本橋恵美。

    腰痛専門のクリニックで運動指導を続けています。その指導によって、腰痛・ヘルニアの症状が軽減した方が続出しています。現在は徳島大学医学部大学院で、西良浩一医師の元、モーターコントロールエクササイズを研究中。

    指導現場での生徒の変化と、研究の結果を織り交ぜ、「どうしたらヨガが運動療法として、より効果が出るのか?」を探求しています。

    実践では、腰椎ヘルニアの生徒に対して、

    • どんな点に注意しながらヨガを行えばいいのか?
    • どんな動きが最適なのか?
    • 禁忌のポーズは何か?

    などを実践を交えながら、学びます。回復のために何をするか?予防のために何をするのか?を医学・運動学のエビデンスを元に解説・実践します。自分の指導にすぐに取り入れることができます。

    本講座で座学と実践を学ぶことで、腰椎ヘルニアの生徒がクラスに来ても、動じずに自信を持って指導ができるようになります。

    再発しない体を作る。ヨガ指導者としての可能性を広げませんか?

    西良医師は、「手術などの西洋医学の治療と病院でのリハビリを終えて元の100の状態になった患者さんを、120にできるのは、ヨガやピラティスの指導者だ」と考えています。120の状態とは、再発させない体。

    • 体のコンディションを整える
    • 痛みを軽減する
    • 怪我や障害を予防する

    これらのための運動として、ヨガの動きは秀逸。ヨガを運動療法・リハビリとして汎用させることは可能です。そのためには、1つ1つの動きの裏付けとなる医学的なエビデンスのある知識を理解することが必要。西良医師が本講座の講師を務めるのは、それが大きな理由です。ヨガ指導者が持つポテンシャルを信じてこそ。

    腰椎ヘルニアの生徒に真摯に向き合い、症状を軽減し、再発防止に、一緒に取り組めるヨガ指導者になりませんか?

    講座概要

    受講料 11,000円(税込)

    オンデマンド受付中!お申し込みは11月30日まで

    参加対象
    • 周りに腰椎ヘルニアに悩む方がいる方
    • 腰椎ヘルニアの症状がある方

    ※ヨガ初心者の方もご参加可能です
    ※どなたでもご参加いただけます

    準備するもの
    • ヨガマット(レンタルご希望の方は300円※要予約)
    • 動きやすい格好のお着替え
    • タオル
    • 筆記用具

    注意事項

    • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
    • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
    • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
    • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。

    お支払い方法

    クレジットカード
    銀行振込

    事前振り込み制です。
    講座開催前日までにお振込ください。

    現金払い

    原則は現金の扱いはございません。
    前日申し込みの方で銀行振込が間に合わない方に限り、
    当日受付にて現金でのお支払いをお願いしております。

    オンデマンド / お申し込みカートに遷移します