怪我をしない、させない:集中講座

怪我をしない、させない:集中講座(2日間)

たった2日で劇的に変化する!ご自身の練習はもちろん、ヨガインストラクターの指導現場で起こる「怪我」だけにこだわった2日間。怪我を防ぐ配慮や対応~心構えまで学ぶ!
講師:内田かつのり

受講料 17,820

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

講座内容
Contents

ヨガ解剖学講座怪我をしないさせない講座風景。講師(内田かつのり)が骨模型を使用して説明しているのを大勢の生徒が囲む

インストラクターのひと言が生徒さんの人生の大きな分かれ道になることがある

みなさんは以下の質問やご意見にどのように答えていますか?(スタジオ等でよく聞かれる、生徒さんやお客さまからの生の声です。)

  • 1「後屈のポーズをすると腰が痛むのですが、どうしたらいいですか?」
  • 2「腰痛の時、ヨガをしてもいいんですか?」

これらの問いに、どんな答えを持って、納得や満足をして頂いていますか?果たしてその答えは、どのような根拠に裏打ちされているのでしょうか?

  • 1「無理をしないで」「出来る範囲で」というヨガ独特の抽象的な言葉を身体に当てはめ、逃げていませんか?(ヨガ独特の抽象的な言葉とは、あくまで哲学に対する話であり、それを身体にあてるのは混乱をまねきます。)
  • 2 そもそも"腰痛"をきちんと説明できますか?

一例に過ぎませんが、ハッとした方は多いのではないでしょうか?なんとなく分かったつもりで流れてしまっている「怪我」への意識を2日間で劇的に高め、安全なヨガライフ・ヨガライフに活かしましょう!

女性のアンジャネーヤアサナの2パターン

「先生の指導のせいで怪我をした」とはならない!3つのスキルで信頼を得よう

この2枚の写真、一見同じアンジャネーヤアーサナのようです。一方は、正しいアライメント。腰の痛みを避けながら股関節の筋肉にストレッチ効果があります。しかし一方は、ミスアライメントです。腰にかなりの負担がかかり股関節のストレッチ効果はありません。

2枚の写真を見て、正しい判断はできますか?もしもその答えがあやふやであれば、ご自身のプラクティス中や、ご自身が指導中の生徒さんに同じことが起きているはずです。

この講座では

  • 1.クラス中に起こりうるミスアライメントに気づく目ヂカラを養っていきます
  • 2.なぜそれが怪我を招く可能性があるかを、生徒さんに対して理論的に説明できる知識を学びます
  • 3.解剖学の視点から見た怪我をしないアライメントは、効果につながることを実感していただきます

この2つの段階を経たリードや説明ができるようになると、生徒さんの信頼を得ることに必ず繋がるはずです。

歳を重ねて腰が曲がってしまった女性が1年で腰がほぼまっすぐに改善された比較写真

怪我中のヨガは大丈夫?怪我をしている方がクラスに来た時の鑑別法とは

「腰痛があるのですが、ヨガをしてもいいですか?」このような生徒さんがクラスにいらしたら、みなさんはどのように対応されますか?「ヨガで痛みから解放されたい」とヨガを選んできてくださった方の願いに、どのように答えを差し出しますか?

怪我や痛みを抱えている方には

  • 1. ヨガをしない方がいい場合
  • 2. ヨガをしても問題ない場合
  • 3. 是非ともヨガをした方がいい場合

という3つのパターンがあります。この識別ができる「鑑別法」を身につけることで、指導者がクラスをする上で大きな安心材料となります。

写真の女性は、まさに3に当てはまる方です。腰痛でとてもひどい痛みを抱えていましたが、「腰痛を治したい」という切実な悩みをヨガに託した結果、見事な改善を遂げています。そのためには、あえて無理をして、歯を食いしばってでも乗り越えなければいけない痛みがあったのです。

講座プログラム
Program

1日目 上半身の怪我と仲良くなろう | 2日目 下半身の怪我と仲良くなろう

「怪我」というキーワードに踏み込んで、生徒さんやお客さまからのSOSに対し、恐れずに向き合っていけるようになりましょう。
怪我の種類や判別法、また、その対策といった事に向かい合うと、怪我がただ怖いものではなくなってくるはずです。

  • 1ランク上のヨガインストラクターになろう!ヨガ版臨床医学総論 各論
  • 筋肉の生理学?筋肉痛、筋繊維、筋連結、筋肉の滑走
  • 「怪我」に対して正しい対処と判断をするスキル
  • 「効果なの?それとも危険なの?」身体から発する痛みのセンサーを知ろう!
  • ホメオスタシス ? 僕らを守る、負のフィードバック作用
  • "生徒教育"というコミュニケーション術を身につけよう!
  • 効かせるアジャスト、怪我をさせるアジャスト
  • ヨガ解剖学と哲学の線引きをしよう
  • 身体のプロフェッショナルとしての自信と自覚
  • メディアに惑わされない私になろう

講座概要
Overview

受講料 17,820
参加対象

ヨガ解剖学に興味のある方、またはヨガを日常的にされている方。

持ち物
  • ヨガのできる動きやすい格好
  • ヨガマット(レンタル300円)
  • 筆記用具
  • 汗ふきタオル
リテイク

リテイク(再受講)価格 10,800円
※リテイクされる場合にも2日間通しでのご参加とさせて頂いております。
※リテイクの方はお申込み時に通信欄に前回受講された年月と「リテイク」とご記入ください。

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
  • 妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。
  • リテイクの方は、お申込みフォームの通信欄に『リテイク』と、過去の参加年月をご記入ください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細

開催予定はございません

講師メッセージ
Message

内田かつのりプロフィール画像

僕への質問でダントツに多い内容が『怪我』に関して。ヨガに関わる方々が「怪我」への知識と対処をどれほど求めているのか?この講座の秘密はその悩ましい「怪我」とどう向かい合うかにあります。2日後はインストラクターとしての心構えさえ変わり始めます。

講師プロフィール
Profile

ヨガ解剖学講師内田かつのりプロフィール写真
内田かつのりKatsunori Uchida

ヨガインストラクターであり、鍼灸師。 漢方や整体術を実践し、“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。 上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。 座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる 【ヨガ解剖学アカデミー】 http://www.anatomy.jp/