鍼灸師の白衣を着ているヨガ解剖学講師内田かつのり先生が全身骨模型に手を添えている

ヨガ×怪我疾患総合講座:厳選5つの疾患「知識」と「対策」

講師:内田かつのり

受講料 14,580

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求

開催日
Schedule

開催予定はございません

講座内容
Contents

インストラクターの大きな悩み「ヨガ×怪我」の新時代を築く

『ヨガと怪我』について業界全体で問題意識が高まっている現在、スタジオによっては体に触れるアジャストメントは禁止にしていることがあるそうです。また、ヨガジェネレーションを利用しているユーザーの皆さまへのアンケートでは、約8割の方が怪我について悩みを抱えている結果がでました。

皆さんの抱えている『ヨガと怪我』への不安と悩みの解決を「何もしない」という選択肢ではなく、生徒さんに寄り添いながら、今まで以上に解決できる選択肢を得られる講座を開催したい...!との想いから、ヨガ解剖学講師内田かつのりが開催してきた人気のロングラン講座「怪我をしない、させない」を、この度大幅にリニューアルし、3つのテーマ別の講座にいたしました。

その中の1つである本講座は、今まで講師が皆さんから質問を受けてきた疾患の上位である5つの疾患をピックアップし、「ヨガで出来ること、できないこと」を学び、対応スキルを磨いていきます。

怖くて何もできない!を解決!ヨガ×代表的な5つの疾患

講座で触れていく5つの疾患は、皆さんも一度は耳にしたことがあるであろう代表的な疾患ばかりです。

  • 変形性膝関節症
  • 五十肩
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 斜角筋症候群

上記5つの疾患の基礎知識と、それに対してヨガでできる対処法や、症状の緩和方法を身に付けておくことで、生徒さんの悩みにより添い、信頼されるヨガ指導者へと近づくことが可能です。

個体差や症状の差はあるものの、最低限の基礎知識を身に付けておくことで生徒さんへのケア方法の幅が広がることは間違いありません。

また疾患別の知識を身に付けておくことは、統合医療としてのヨガを提供できるスキルになる他、シニアヨガ指導者として活動する方にとっては、強みとなる専門知識と言えます。

ケガ総合講座を役立たせるポイント

ヨガ×怪我疾患総合講座:3つのテーマ

  • 怪我をしている生徒さんの受け入れをどうするのか?
  • 怪我をしない、させないために何ができるのか?
  • 疾患をお持ちの方に対して、ヨガ指導者にできることは何か?

上記の悩みを3つ講座で分け、解剖学を活用しての解決方法と道筋を学んでいきます。

【何のため?を解決!:問診票の使い方と怪我概論】
「無理をしないで」の一歩先へ!怪我や不調を抱える方のヨガクラス参加の可否に向き合おう!オリジナルの問診票付き!(完全座学4時間)

【どうすればいいの?を解決!:8つの部位別「怪我予防」と「アサナ」の考察】
内田かつのり厳選!ヨガで怪我するTOP8を完全攻略!こうして怪我は防ぐ!(実践・考察8時間)

【怖くて何もできない!を解決!:ヨガ×代表的な5つの疾患】
質問数ダントツ1位!5つの疾患にヨガで出来ることできないことを学び、対応スキルを磨く!(実践・考察8時間)

講座概要
Overview

受講料 14,580
参加対象

ヨガ解剖学に興味のある方、またはヨガを日常的にされている方。

持ち物
  • ヨガのできる動きやすい格好
  • ヨガマット(レンタル300円)
  • 筆記用具
  • 汗ふきタオル

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
  • 妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。
  • リテイクの方は、お申込みフォームの通信欄に『リテイク』と、過去の参加年月をご記入ください。

開催日
Schedule

開催予定はございません

講師メッセージ
Message

内田かつのりプロフィール画像

僕への質問でダントツに多い内容が「怪我」に関して。ヨガに関わる方々が「怪我」への知識と対処をどれほど求めているのか?この講座の秘密はその悩ましい「怪我」とどう向かい合うかにあります。3つのテーマを全て受講していただくことで、ヨガインストラクターとしての心構えが変わります。

講師プロフィール
Profile

ヨガ解剖学講師内田かつのりプロフィール写真
内田かつのりKatsunori Uchida

ヨガインストラクターであり、鍼灸師。 漢方や整体術を実践し、“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。 上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。 座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる 【ヨガ解剖学アカデミー】 http://www.anatomy.jp/