ヨガ解剖学講師:内田かつのり先生。内田先生が「シニアヨガ指導者養成講座」をやってると聞くと、意外に思われる方もいるかもしれません。内田先生がシニアヨガでも伝えたいことは、「効かせる。」ということ。ソフトではなく、確実に結果を出すシニアヨガメソッドです。

開催されるまでの経緯と、内田先生のお母様への想いを伺ってきました。

シニアヨガを伝えるのはおこがましいと思っていた!?

前回、東京で開催された「シニアヨガ指導者養成講座」の集合写真。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

内田先生が、「シニアヨガをやるのがおこがましいと思っていた」とおしゃっていた真意はなんですか?

インタビューに答える内田かつのり先生

アナ骨は強度高めのヨガじゃない?それがある程度認知してもらっていて。
でも、シニアヨガはソフトなものだっていうヨガ業界の風潮があったように見えていたから、そこをかき乱したくないなって思ってた。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

確かにシニアヨガというとソフトなイメージはありますね。

インタビューに答える内田かつのり先生

そうそう。骨盤で、「歪まない」って言ってかき乱したでしょ?
だから、「シニアもか・・・」って思われるのがね・・・。始める前は申し訳ないなと思ってた。

シニアをやろうと決意したきっかけとは?

内田先生の「シニアヨガ指導者養成講座」のテキスト。表紙には「今だからできることがあるかっこという言葉が書かれています。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

やるとなった決め手は、何だったんですか?

インタビューに答える内田かつのり先生

3年前だったかな。酒造さん(ヨガジェネレーション代表:酒造博明)から、「そろそろやらない?」って言われてさ。
そのタイミングでちょうど母が倒れてね。巡り合わせかなって。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

そうでしたね。シニアヨガTTのテキストは、さかたのりこ先生(内田先生の愛弟子)のお母様が写っていますが、内田先生のお母さまと撮る予定だったんですよね?

インタビューに答える内田かつのり先生

そうだね。表紙の写真は2月に撮ったんだ。元々は1月に撮影しようとしてたけど、「寒いし、疲れてるから、先にしよう。」って僕が言ったんだ。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

その表紙には、「今だからできることがある」と書いてありますね。内田先生自身が、「あの時にできることがあったな」と思うことがありますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

あるんだけど、もう結果論なんだよね。例えば、もっと体にいい食事をしていたら倒れることはなかったのかな?って思ったとする。でもさ、それがストレス過多になることもあり得たわけでしょ?好きな物を食べられないという。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

そうですね・・・。

インタビューに答える内田かつのり先生

いくらでも理想は言えるんだよね。母はファーストフードが大好きだったの。
「そんな食事をしたらどうなっちゃうの?」っていう観点から言うのもわかる。でもさ、「好きなものを食べてるからこそ、なんとか発散してまた笑える」っていうことがあると思うんだよね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

とっても理解できます。

インタビューに答える内田かつのり先生

人ってそういうものなんじゃないかな?
たばこでも お酒でも、全部が全部理想通りには生きられないと思うんだ。
それができてないから弱いとかじゃない。それが僕の考え。

内田かつのり、母を語る。

車椅子に乗るお母様と内田生の後ろ姿。2018年4月に撮影。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

お母様のことを少し教えていただけますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

母は78まで現役で仕事した。しかも週6!普通のサラリーマンより長い時間働いてた

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

何のお仕事をされていたんですか?

インタビューに答える内田かつのり先生

八百屋さんで、お惣菜を作ってた。焼きそば焼いたり、焼きおにぎり作ったりね。
ちょっと古くなった野菜を処理するのにそういうのが良かったんじゃないかな。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

そうなんですね!

インタビューに答える内田かつのり先生

そこに母は役割を感じてたんだ。「私が行かなかったら誰も作らないんだよ?」って。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

なんか泣けます。

インタビューに答える内田かつのり先生

あと八百屋さん全体のまかないも作ってたんだよね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

どのくらいその八百屋さんで働いてたんですか?

インタビューに答える内田かつのり先生

20年以上いたね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

すごいですね!

インタビューに答える内田かつのり先生

その場があるからこそ、色々なことを保ててたと思うんだ。仕事があるからこそ、メリハリがあるというか。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

わかる気がします。

インタビューに答える内田かつのり先生

でも、母の年齢からからすると、体力的にきつい部分はあったと思う。朝の9時から行って、お昼もあるかないかで、帰ってきたら16時か17時。しかも休みが週に1日。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

それは容易に想像できます。

インタビューに答える内田かつのり先生

しかも、夏休みや年末年始の休みとかの長期休暇はなかったんだよね。それが悪いとかじゃないんだけど。それを見てて、「辞めなよ」って言ったんだけどね。でも、それが母には良いスタイルだったんだよね、きっと。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

はい。

インタビューに答える内田かつのり先生

「レジがうまく打てなくなった。辞めた方がいいかな。」って言われた時は、それに従うしか選択肢はなかった。でも、いざ辞めたらボケてしまうのではないかとか、老けるだろうなとか、病気が出てくるんじゃないかって、いろんな不安はあった。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

わかる気がします。

インタビューに答える内田かつのり先生

そうするといきなり暇になるでしょ?いつ寝てもいい。どこか行くのも好きじゃないし、友達もいないし。あの歳でジャンクフフードが好きでさ。それが脳梗塞の原因になったかどうかは、知る術はないんだけど、一理あるんじゃないかな?とは思ってる。

正論だけが正解じゃない。内田先生が考える人生の捉え方

親しい生徒さんのお子さんを抱く内田先生。とっても嬉しそうです。

インタビューに答える内田かつのり先生

でも、「どこで道を間違えたの?」って言ったら、それはもう分からないわけで。仕事を辞めた母に、「これも食っちゃダメ、あれもダメ。」とは言えなかった。わかるでしょ?

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

はい、わかります。私の父もコンビニの菓子パンが大好きなので・・・。孫と食べるのが生きがいになっています。

インタビューに答える内田かつのり先生

最高の楽しみなんだね。食べること以外に人生の楽しみという付加価値があるわけでしょ?だから、栄養面だけ考えて、「はい、だめ」っていう切り方ができないよね。正論だけが正解と思えないんだよね。人は全体で成り立っているものだから。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

はい。その通りだと思います。

インタビューに答える内田かつのり先生

僕も一時は、「(健康面でのリスクを減らすために、)玄米食べたら?」って言ってたの。そしたら、「玄米を食べるくらいなら、私は死んだほうがいい」って言われたんだ。戦争で食べるものがない時代を生きて、「白米って本当に美味しい!」ていう世代の人であることを考えると、何も言えないよっていうね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

そうですね。私も言えないと思います。

インタビューに答える内田かつのり先生

旅行が趣味でもない、タバコを吸うわけでもない、お酒も飲めない。そんな母に何がある?って客観的に見てみると、好きな食べ物まで取り上げてしまうことはできなかった。ケンタッキーが大好きでね。それがなかった時の人生はどうかなって考えると、もしかして、ストレスでうつ病になってたかもしれないし、逆に寿命を縮めてたかもしれないって思うんだ。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

分からないですもんね。

インタビューに答える内田かつのり先生

そう考えたら、「どこで間違えたの?」なんてないと思うんだ。人生において、その時その時の選択がやっぱりベストなんじゃないかと思うよ。宿命というかさ。

「もし、あの時・・・」と思わないことはないけど、現実は変えられないから。

内田先生はリハビリエリアにまで踏み込むヨガを伝えています。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

はい。

インタビューに答える内田かつのり先生

「もし、あの時・・・」って考え始めたら、いくらでもあると思う。でも、

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

そうですね。

インタビューに答える内田かつのり先生

だから、後悔がないとは言えない。戻れるなら、戻りたいとは思うけど、現実戻れるわけないからね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

はい。

インタビューに答える内田かつのり先生

しかも、僕はヨガ解剖学講師で、鍼灸師でしょ?運動療法をさせていたら、もっと違ったんじゃないかなってところはあるね。でも母の人生も尊重したいからね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

言葉が出ないです・・・。

インタビューに答える内田かつのり先生

世間からは、母の場合を失敗と見られても、僕の中では失敗なんかじゃない。でも、もしうちの場合を失敗作と捉えるとしたら、「こうならない人生もあるんじゃない?」ってことをシニアTTでは伝えたい。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

シニアヨガTTの根幹の思いはそれなんですね。

インタビューに答える内田かつのり先生

そんな想いで精一杯伝えてる。

内田先生が素顔をお話してくださいました。身近にシニアがいる方にとっては、共感できる部分があるのではないでしょうか?

内田かつのり「シニアヨガ指導者養成講座」
[東京|8月14日(金)〜16日(日)]少人数制スタジオ開催!
内田かつのり直接指導「シニアヨガ指導者養成講座」
>>詳細はこちら

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article