佐久間涼子[朝ヨガ]ハートヨガウィーク

こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。

2018年2月5日(月)~9日(金)までの5日間、オハナスマイル祐天寺店では、佐久間涼子先生による朝ヨガ「Heart Yoga Week|ハートヨガウィーク」が2017年の3月ぶりに開催されました。今回の開催がラストでした。

2012年から2017年3月まで、毎月平日の5日間開催される朝ヨガ(追加開催で月に2度開催されることもありました)。佐久間涼子先生のシンプルで体を目覚めさせるシークエンス、その1週間を過ごすテーマとなるカルマヨガ、一緒に5日間を一緒にヨガをする仲間、そして、いつもより早起きすること。それらが参加している方の生活に染み込んで、体・心・生活が変わる。そんな5日間を毎月繰り返してきました。今回の最終回もその根幹はぶれることはありませんでした。

私が初めて涼子先生にお会いして、ハートヨガウィークの担当スタッフになったのは2014年の5月でした。それから2018年の2月までに鍼灸師の国家資格を取得し、結婚して、妊娠して、ヨガインストラクターとしても、一人の女性としても大きく成長した涼子先生。

今回、産休に入るにあたり6年間続いたハートヨガウィークを終了するということのけじめとして、そして、今まで参加してくださった方と一緒にまたハートヨガウィークという時間を過ごしたい。その思いで今回は開催されました。

何も変わらない5日間の朝ヨガの時間

恭子さんがヨガを真剣に練習している
最終回とはいえ、まるで休止期間がなかったかのように、参加者のみなさんがいて涼子先生のヨガがありました。呼吸としっかり向き合うためのヨガ。始まる前と終わった後の和気藹々とした雰囲気とは違い、ヨガの時間は真剣。私はその緩急の雰囲気の違いに毎回感動していました。

最後のカルマヨガは「日々是好日」

ハートヨガウィーク参加者の笑顔
最後のカルマヨガは涼子先生がずっと決めていたという、「日々是好日」でした。毎日がよい日であるという意味の禅語です。涼子先生の参加者みなさんに対する想いが伝わってくるなと思いました。朝ヨガで会えなくなって近況を知れなくなるけど、どんな日であってもいい日なんだよと涼子先生が言い聞かせているような気がしました。朝ヨガをして、爽やかに1日を始めると不思議と日々是好日が実行できるから不思議です。「自分の軸に戻る」というコンセプトを持つハートヨガウィーク。朝ヨガをするというベースを持つと、他の時間で心が揺れ動くことがあっても朝ヨガをすると決めたところに来る。そのことが生活の軸となり、心の軸にもなっていたと思います。

生活の一部だったハートヨガウィーク

ハートヨガウィーク最後のシェア
金曜日の最後の時間は、涼子先生とみなさんが円になって、今週をどのように過ごしたのか?ハートヨガウィークに参加してどうなったのか?を話ます。毎月参加していた方、一年に一度だけ参加していた方、初めて参加した方、さまざまでした。でも、共通して言えるのは「ハートヨガウィークを通じて変わった」ということでした。何が変わったかは、仕事の仕方・考え方・ヨガとの向き合い方・・などなど様々です。

「心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる。」という言葉がありますが、ハートヨガウィークは確実にそのきっかけになっていただろうと実感しました。
ハートヨガウィークで朝食を食べる参加者
それは参加者のみなさんだけでなく、涼子先生にとっても同じであったと思います。

ハートヨガウィークを通じて、本当にいいコミュニティができました。地方出身の私は「東京にもこんなに暖かい空間があるんだな」と何度もほんわかした暖かい気持ちになりました。終わってしまうのは本当に寂しいですが、この繋がりはずっと続くものだと思っています。

最後に私はハートヨガウィークの担当を3年10ヶ月担当させて頂いたことを本当に感謝しています。私もハートヨガウィークを通じて、涼子先生、参加者のみなさんからいろいろなことを学ぶことができました。ありがとうございました!

コメント

comments

関連記事
Article