【オンライン】4時間で腑に落ちる!超簡単「ヨガ哲学講座」:ヨガ・スートラ編

【Zoomによるオンライン限定講座での開催決定】
難しいヨガ哲学を超簡単に!日本人ヨガ哲学講師からヨガ・スートラの全体像を学ぶ
講師:永井由香

受講料 11,000

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求
  • RYT500対応
  • スタジオ開催
  • オンライン

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
オンライン
2020年09月25日(金) 10:30~15:30

会場Zoom
定員30名
詳細
オンライン
2020年10月31日(土) 13:00~17:30

会場Zoom
定員30名
詳細

4時間で腑に落ちる!超簡単「ヨガ哲学講座」

ヨガ哲学の経典を「4時間で腑に落とす」シリーズ!「バガヴァット・ギーター」編と「ハタヨガ・プラディーピカ」編も開催中。インド在住の講師がオンライン講義でお届けします。同時にご受講されることでよりヨガ哲学への学びが深まります!

まとめて申し込む

講座内容
Contents

もう難しいとは言わせない!?
超簡単で腑に落ちる新感覚のヨガ哲学講座が誕生!

ヨガジェネレーションメディア編集部発信で、新しいヨガ講座がリリースされました。難解なヨガ哲学をたった1日で腑に落とせる、まさに新感覚なヨガ哲学講座です。

ヨガに出会い、ヨガにハマり、スタジオに通いながらレッスンを受け続けると、ポーズ(アーサナ)だけではなく、ヨガの本質的な部分を知りたい、理解したいという衝動に駆られます。

そんな方の中にはすでに、有名なヨガ哲学の「経典」や「聖典」を読破してみようと、チャレンジされた方も多いのでは?

しかし、ヨガ・スートラやバガヴァット・ギーターなど、和訳されたヨガ哲学本を読み進めても、はっきり言って「まったく意味がわからない…」と、すぐに諦めてしまう結果に至ったのではないでしょうか?

ヨガ哲学に対するイメージや、モヤモヤが晴れる!

このヨガ哲学講座のコンセプトは非常にシンプルです。難解なヨガ哲学本を、最初からコツコツ読み進めるのではなく、ひとまず、一つ一つの経典や聖典の全体像をザックリと捉えてみましょう。

そして、それぞれの教典や聖典が、私達に何を言おうとしているのか?の本質を、腑に落ちるまで理解する。それが、この講座のゴール設定です。

  • まさに今、ヨガ哲学に興味を持ちはじめたヨガ哲学ビギナーの方。
  • または、現役のヨガ指導者でありながら、未だヨガ哲学の領域に踏み込めていない方。
  • 一度はメジャーなヨガ哲学本を、一通り読んではみたものの、ぶっちゃけ意味不明な状態の方。

このヨガ哲学講座は、本当に面白くて、超簡単で、めちゃめちゃ腑に落ちますよ!

今回、メディア取材の中で発掘した、素晴らしい日本人ヨガ哲学講師と共に繰り広げる、新感覚のヨガ哲学講座にぜひご参加ください。

ヨガ経典「ヨガ・スートラ」の全体像をたった4時間で理解できる

この講座では、有名ヨガ経典の一つ「The Yoga Sutras|ヨガ・スートラ」の全体像を4時間で理解します。

紀元前から伝わってきたヨガは、長年秘密の教えとして師から少数の弟子にのみ口承で伝えられていました。現在、世界中の人たちが広くヨガに出会うことができたのは、古代から伝わるヨガを文章に書き起こした「ヨガ・スートラ」の経典のおかげです。

ハタヨガ、ラージャヨガ、クンダリニーヨガ、アイアンガーヨガ、アシュタンガヨガなど、たくさんの種類のヨガがありますが、全てはヨガ・スートラでシステム化された実践方法が原点となっています。

ヨガ・スートラを学ぶことで、本来のヨガの意味、私たちがヨガの練習で行っている実践の目的と原理がとてもクリアに分かって、ヨガを深めることができます。

ヨガ・スートラを理解するとどうなるの?

ヨガを練習することは、自分自身の本質に出会うためのアプローチです。

社会生活の中で戦う私たちは、肩書や立場などの余分なことが多すぎて、シンプルな自分が誰なのかを忘れがちです。物質的な価値に惑わらされない自分の純粋さをヨガ哲学から学びます。

ヨガ・スートラでは、八支則を実践することで、段階的に内側に意識を向けていきます。ヨガの実践により心を落ち着け、表面的な感覚や思考に隠れた内側の静けさを探してみませんか?

メディア連載でおなじみ、
インド在住の日本人ヨガ哲学講師 永井由香が本当に面白い!

この講座の講師を務めるのは、ヨガジェネレーションの大人気連載『深めようヨガ哲学』でもおなじみの永井由香。10代の頃からインドの神様と哲学に魅了され、「前世はガネーシャ神だった!?」と真剣に信じていたという逸材。

彼女と出会わなければ、今回のヨガ哲学講座の実現はありえませんでした。

我々メディア編集部は、その人柄と、なんと言っても話の面白さに一目惚れし、ぜひ彼女と一緒に今までにないヨガ哲学講座を企画したい!と熱烈ラブコールを送り、今回の講座が誕生しました。

ヨガの聖地リシケシにて古典的なスタイルのヨガを学んできた彼女は、クリシュナ神の楽器であるバンスリを師匠の元に住み込みで学びながら、伝統的な師弟関係を築いています。

インド在住歴は8年に及び、ヨガ発祥の地インドの人々が人生にどのようにヨガを活かしているのかを体感し続けている講師だからこそ、ヨガ哲学の本質を日本語でわかりやすく伝えられるのだと思います。

インドからお届けされる、超簡単かつ面白く分かりやすいヨガ哲学をぜひ学んでみてください。

講座プログラム
Program

講座の目標

  • ヨガ・スートラのヨガとは?を理解する
  • 瞑想とは何かを理解する
  • ヨガから生まれたサーンキャ哲学を理解する
  • 形だけでない、心に効くヨガ

講座の内容

  • ヨガ・スートラのヨガとは?神秘に包まれたヨガの歴史
  • プルシャとプラクリティとは?自分が誰なのかを知る
  • サーンキャ哲学の世界観
  • 八支則の流れ
  • 自分が行っているヨガの練習の意識づけを変える

講座概要
Overview

受講料 11,000
ご準備頂くもの

※講師はインドからの参加となります。

  • パソコン、iPad、タブレット等(スマホでも視聴可能ですが、大きい画面のほうが見やすいです)
  • Wi-Fiなどのネット環境(モバイル通信では追加料金が発生する可能性があります)
テキストについて

テキストは全て、データでのお渡しとなります。

参加対象
  • ヨガ哲学をもっと深めたい人
  • ヨガ哲学に興味がある人
  • ヨガ哲学を学ぼうとして挫折してしまった方
  • ヨガ・スートラの全貌を理解したい方
  • 継続的にヨガ哲学を学びたい方
  • 人生を豊かにしたい方
  • 自分の本質を知りたい方
  • 日常生活でヨガを活かしたい方
  • ヨガの練習を深めたい方
持ち物
  • 筆記用具
  • ノート(メモが必要な方)
  • お気に入りの日本語訳『ヨガ・スートラ』1冊
参考図書


解説ヨーガ・スートラ (平河出版社) (東京ヨガウェア2.0)

※すでにお手元に日本語訳の『ヨガ・スートラ』をお持ちの方は、必ずしもこの本でなくてもOKです!お手持ちの本をご持参ください。

リテイク制度

リテイク(再受講):5,500円
※リテイクは「バガヴァット・ギーター編」「ヨガ・スートラ編」のうち、一度受講頂いた講座と同一講座を受ける場合のみ対象となります。
※リテイクの場合はお申込み時に通信欄に前回の受講年月をご記入ください。

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
  • 会場の受付は講座開始20分前からとなりますのでご注意ください。
  • 座学の講座ですので、妊娠中の方のご参加も可能です。必ず主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
オンライン
2020年09月25日(金) 10:30~15:30

会場Zoom
定員30名
詳細
オンライン
2020年10月31日(土) 13:00~17:30

会場Zoom
定員30名
詳細

4時間で腑に落ちる!超簡単「ヨガ哲学講座」

ヨガ哲学の経典を「4時間で腑に落とす」シリーズ!「バガヴァット・ギーター」編と「ハタヨガ・プラディーピカ」編も開催中。インド在住の講師がオンライン講義でお届けします。同時にご受講されることでよりヨガ哲学への学びが深まります!

まとめて申し込む

講師プロフィール
Profile

永井由香Yuka Nagai

ヨガ哲学講師/バンスリ奏者。10代半ばから興味のあったインドの神様と哲学、美術を求めてインドでの旅を始める。ヨガの聖地リシケシにあるシバナンダ・アシュラムなどに滞在し、スワミジ(僧侶)との交流を通し、古典的なスタイルのヨガを学ぶ。 2013年リシケシのTattvaa Yogashalaにて全米ヨガアライアンス500取得。養成後はヨガシャラに残り、アシスタント・ティーチャーとして後輩や一般クラスの指導をしながら学びを深める。哲学は同校のSunil Sharma氏、Swami Omkarananda氏、Bihar Yoga SchoolのSwamiSatyamitrananda氏などから継続的に指導を受けている。 2015年頃からはクリシュナ神の楽器であるバンスリ(竹フルート)の学びに集中し、バンスリ奏者Harsh Wardhan氏の元で住み込み弟子をする。伝統的な師弟関係を築きながら、インド哲学がどのように引き継がれているのかを学ぶ。2017年、インドの人間国宝であるHariprasad Chaurasia氏から学ぶためムンバイに移住。国内・国外の演奏ツアーに同行する。 音楽活動を続けながら、日本・インドのヨガスタジオでヨガ哲学での講座やコラムの発信でヨガ思想やインドの文化の発信を行う。2019年には電子書籍「生きるのが楽になるインドの古典ヨガ哲学」を出版。ヨガ発祥の地インドの人々が、どのように人生にヨガを活かしているのかを伝えている。 現在、ヨガジェネレーションにて『深めようヨガ哲学』を連載中。

参加者の声
Voice

卒業生の声 女性 参加者の声

現代の私達の日常を例に出して話してくださり、今まで本を読んでもよく分かっていなかった所が、とても分かり易く納得できました。でもやはり、本に書いてあることを実践して自分自身の人生に活かすには頭で分かっていても難しいなと感じました。もう一度バガヴァッド・ギーターもヨガスートラもしっかり読み直してみたいと思います。最初読んだ時とは違う気付きが得られるのではないかと思います。
4時間あっという間でした。
ありがとうございました。

卒業生の声 女性 参加者の声

理解不能だったことが、わかりやすかすくお話しして下さり大変びっくりしました。
いろんな講座や本で少しずつ覚えた知識が一つ一つ繋がり納得した事も多かったです。
先生のお話しはわかりやすい例に例えてくださったので面白かったですし
ますます興味を持つことができました。
何度も繰り返し学び少しずつ自分の中に落とし込めたらいいなと思います。

卒業生の声 女性 参加者の声

大変分かりやすかった。まずは概念からはじまり、抽象度が高いところからはじめていただき、理解できた。

ヨガ哲学のWSはむずかしいと思います。いろいろな先生の考えや流派、スートラとギータの違い。それをきちんと注意深く説明していただき、よくわかりました。またインドでの生活のこと、興味深く聞くことができました。