摂食障害の症状を緩和するヨガ講座

摂食障害の症状を緩和するためのヨガ講座

過食症・拒食症・ダイエット依存など食に関しての悩みを、ヨガとアーユルヴェーダの叡智でケアする方法を学ぼう!
講師:エマ・グラント

受講料 17,280

※本ページの価格は全て税込み表示、事前振込制でお願い致します。

  • 要:事前講座
  • 妊婦可
  • 女性限定
  • 修了証発行
  • 初心者歓迎
  • 資料請求

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年02月28日(木) 9:00~18:00

会場オハナスマイル駒沢大学
定員27名
詳細
大阪
2019年03月05日(火) 9:30~18:30

会場ヨガアカデミー大阪 第1スタジオ
定員26名
詳細

講座内容
Contents

小さくカットされた野菜を食べる女性

摂食障害の現状:若い女性の約1割が摂食障害を持っている

スリムなことを称賛するような社会的背景、家庭環境、心理的影響等が原因と言われる摂食障害(過食症・拒食症の総称)。

摂食障害で悩む方の数は年々増えており、近年は若い女性だけでなく男性の患者数も増えていると言います。また摂食障害になりかねないダイエット依存や減量への執着を抱えている方も含めるとその数字はさらに増えると予測されています。

現在の日本では、専門外来はなく、心療内科や精神科での治療が主となっています。しかし、症状の自覚はあっても医師に相談する人は少なく、一人で悩み、抱え込んでいる方も多いのが現状です。こうした背景には治療法を学ぶ場所や選択肢が非常に限られており、加えて摂食障害を話題にすることをタブー視するような風潮が根強いことが挙げられます。

そんな中、まだ極少数ではあるものの摂食障害の治療法の一つとしてヨガを選び、その効果を感じている方も少しずつ増えているようです。

摂食障害ワークショップ講座風景

知っていますか?摂食障害の症状の緩和にヨガ・アーユルヴェーダが有効なこと

西洋医学的なアプローチと平行してヨガやアーユルヴェーダを学び、実践してみませんか?過去の参加者からも「ヨガをすることによって少しずつ症状が緩和した」という声が寄せられています。

■ 心と体の緊張を取り、胃の声を聞くための「ヨガ」
摂食障害によるストレスで凝り固まった心と体をほぐす、やさしいヨガを実践します。ヨガの経験は不問です!ゆったりと呼吸し、自分の体の感覚を味わいます。自分の体が欲しているものは何か?胃の声にも耳を傾けてみましょう。

■ 体質や食への理解を深めるインドの伝統医療「アーユルヴェーダ」
アーユルヴェーダには「食」に関する叡智が詰まっています。アーユルヴェーダの基礎知識を学ぶ座学を通して、体質や体質に合った食材、食事法、消化力について学びます。また、健全な食欲を促すために取り入れたい習慣についても学びます。

摂食障害ワークショップ講座風景

日本にいながら欧米の治療メソッドを受けられる!

欧米では摂食障害の治療のためにヨガやアーユルヴェーダを用いたメソッドが確立されています。

摂食障害の症状の緩和に効果的なヨガやアーユルヴェーダを体系的に学び、その知識で摂食障害の方のケアができるようになる、日本では数少ない機会ともいえる本講座。

担当講師は、自身も摂食障害の経験者であるエマ・グラント。

活動拠点のオーストラリアでも同講座をライフワークの1つとして開催しており、実際に摂食障害の友人のために、その効果の研究と実践を重ねてこられました。多くの方がこのメソッドにより、摂食障害を克服するための手がかりを掴み、回復に向かわれたそうです。

摂食障害とまでいかなくとも、食欲のコントロールが難しい等、「食」に関する悩みは誰もが多かれ少なかれ抱えているもの。「食×ヨガ」をテーマにヨガクラスを開催したいヨガ指導者、摂食障害の経験がありヨガを通じて患者さんをケアしたいヨガ指導者、ご家族や身近な方のケアに役立てたい方、現在、食に関する悩みを抱えていらっしゃる方はぜひご参加ください。

講座プログラム
Program

ヨガクラスにも活かせる「心×体×食」

  • ヨガのポーズを通じて自分の体を知る
  • アーユルヴェーダの観点から体・食について学ぶ
  • 食欲の調節に密接な関わりがあるホルモンについて
  • 胃の声を聞くための瞑想:マインドフルネス・イーティング(講座の中でみんなでハーブティーやドライフルーツを食したり、昼食を一緒にとります)
  • ランチ休憩前のワーク「メニュー瞑想」:体が本当に欲しているものを探る(メニューを見ながら自分の食欲に意識を向け、それぞれ昼食を書いに出かけます)
  • 季節に合った食事法
  • 自分の体をありのままに受け入れ、愛することの大切さ

*注:お昼休憩は皆で食事を共にし、マインドフルネス・イーティングを実践します。食べ物は持参いただいても、当日スタジオ周辺のスーパー・コンビニで買うことも可能です。

講座概要
Overview

受講料 17,280
参加対象

ヨガの経験は不問。本講座のテーマに関心のある方であればどなたでもご参加いただけます。
※男性の方もご参加いただけます

持ち物
  • 動きやすい格好のお着替え
  • タオル
  • 筆記用具
  • ヨガマット(レンタルご希望の方は300円※要予約)

注意事項
Note

  • 当日受付時に、クラス参加にあたって同意書へのご記入をお願いいたします。
  • レポート作成のため、写真撮影をさせて頂きますが、予めご了承下さいますようお願い致します。
  • 多くの方にご利用頂く関係上、ご希望される温度での調整が難しい場合がございます。各自、上着、ブランケットなど、保温できるものを必ずお持ちください。
  • 会場の受付は講座開始30分前からとなりますのでご注意ください。
  • 録音・録画・撮影はご遠慮頂いておりますので、ご協力、お願いいたします。
  • 妊娠中の方のご参加も可能ですが、主治医にご相談の上、ご自身の判断の下でおこなってください。

開催日
Schedule

日程 / 会場の詳細
東京
2019年02月28日(木) 9:00~18:00

会場オハナスマイル駒沢大学
定員27名
詳細
大阪
2019年03月05日(火) 9:30~18:30

会場ヨガアカデミー大阪 第1スタジオ
定員26名
詳細

講師メッセージ
Message

エマ・グラント プロフィール画像

10代の私は、さほど健康的ではない食事のパターンにはまってしまいました。数週間、数ヶ月に渡って食事を制限し、カロリー計算をし、激しい運動をし、ダイエットを続けたのです。そして、精根尽き果て過食に走ってしまう。

ファミリーサイズのアイスクリームを丸ごと、あるいはクッキーを数袋食べてしまうこともありました。そしてまたダイエットに没頭し、挫折する。その悪循環を、何度も、何度も、何度も繰り返しました。

そして、ある時に気づいたのです。当時の私は、食べ物を食べ物としてではなく、カロリー数で見ていたことを。そして、食べ物との絆がないがゆえに、自分の身体との絆もなかったと。

自分の胃の声を聞くこともなければ信じてもいなかったため、自分の真の空腹感と繋がっていなかったのです。食事を楽しむことができず、罪や恥の意識を持ちながら、食べ物を口に運んでいたこともよくありました。そして、食べた後には、無感覚や倦怠感が私の身体を襲うのです。

それから数年経ってさらに分かったことは、無償に食べ物を欲したり、食べることを制していたのは、私の感情だったということ。私は"感情的に"飢えていて、自分を追い込んでいたのです。

この悪循環は、私が29歳になる頃までおよそ15年も続き、当時の私の体重は、ヨーヨーのように上下を繰り返していました。しかし、20代の半ばにヨガを始め、自分の身体、胃、マインド、そして思考とより繋がりを感じられるようになりました。

29歳で、最初のヨガ指導者養成講座を終了しました。場所はアメリカでしたが、インド人のスワミによる講座でしたので、プラクティスやプログラムは、まさに伝統的なインド式で、ヨガ的でした。

アシュラムでの決まりごとの一つは、静寂の中で食事をすること。それは、私にとって生まれて初めての体験で、すぐに自分の身体や胃の感覚が分かるようになりました。まるで声があるかのように自分の胃に耳をすませ、その瞬間に、良い、正しいと感じるものを食べるようになりました。それは、実に癒しをもたらしてくれるひとときでした。

女性として、自分の身体と、そして自分自身と和解することができたのです。その結果、体重が大幅に変動することがなくなり、それ以来ずっと安定しています。

健康と長寿にまつわるインドの統合的なシステム、アーユルヴェーダに出会ったのはその直後でした。アーユルヴェーダでは、人はそれぞれ個人差があり、バランスと健やかさを保つためには、食べ物、ハーブ、スパイスを自分に合った独自の組み合わせで摂る必要があるとしています。

世の中には、ダイエットや食に関する本や情報で溢れかえっていますが、アーユルヴェーダのおかげで、私はどの食べ物が自分の身体にとって最適なのか、さらに理解できるようになりました。

自分の身体との繋がりと、自分の身体が何を必要としているかを時間をかけて磨き上げ、時と共に私の直感は鋭くなりました。今では、自分の身体と、それが何を欲しているかを感じ取ることで、ハーブ、スパイス、ビタミンなどを選んで摂取することができます。

もし、食べ物やダイエットに支配されている、主導権を奪われているような悪循環を断ち切りたいと思っているなら、この講座はそんなあなたのための講座です。

健全に食事を味わい、自分自身を愛せるようになることがこの講座のゴールです。ぜひご一緒しませんか?

講師プロフィール
Profile

エマ・グラント プロフィール画像
エマ・グラントEmma Grant

1996年からヨガを始め、2001年より指導を開始。 米国のスワミ・サッチダナンダ師によるインテグラールヨガ、インドではパタッビジョイス師によるアシュタンガビンヤサヨガ、そしてデシカチャー師(クリシュナマチャリヤ師の息子)からヨガを学んだ経歴を持つ。 また、女性に寄り添ったヨガの学びを深めるべく産前産後ヨガや、シドニーのネイチャーケアカレッジとインドにてアーユルヴェーダを学ぶ。 2009年にはオーストラリアのバイロンベイに、女性のためのヨガに特化したプログラムを提供するレッド・テント・ヨガスタジオを設立。 ヨガや瞑想、アーユルヴェーダの叡智が、女性の身体・心・呼吸・感情・エネルギー・魂の調和を保つツールとなるよう、熱意を持って指導をしている。