カラフルな色使いで撮影した美人親子写真も!

こんにちは、あゆゆです!
みなさんはSNSやラインなどのプロフィール画像にこだわりはありますか?最近はプロフィール画像の選び方で心理状態を読み解けたり、ブランディングに利用したり、使用用途が広がっています。以前は、趣味として使っていたものも、仕事に影響が出たりして、気を遣っていらっしゃる方も多いと思います。

私もここ最近になってから、写真の構図や色合いなど、顔の映えよりも雰囲気つくりを大切にするようになりました(^^)成長シマシタ。

今回は、先日行われた「プロカメラマンによるプロフィール写真撮影会」に潜入して参りましたので、写真について書いていこうと思います!

この日は、台風の影響でてんやわんやな当日!

ポーズのアジャストを行うカメラマン

ポーズのアジャストを行うカメラマン

関東に台風15号が直撃した翌日の開催、交通機関の乱れで、この日の参加者はお疲れの模様…(;_;)足元の悪い中スタジオまでお越し頂き、ありがとうございました。

なんとか元気になって頂こう!と、こちらもスタッフ多めに配置してお手伝い!服の乱れや髪の毛を直したり、ポーズの提案をしたりします。

雑誌モデルさんのように写真慣れしていない方でも、素敵なお写真を撮れるよう、お手伝いしていますので、初めての方でも大丈夫(^^)!

カメラマンが意識する使用用途の意味

アライメントも見てくださる前貴文カメラマン

アライメントも見てくださる前貴文カメラマン

撮影をして頂いた前貴文カメラマンは、参加者に必ず聞いていることがあります。

何に使う写真ですか?

これがこの撮影会の中でも一番大切なテーマ。使用用途によって、撮り方や魅せ方、場合によっては服装や髪型まで変えます。写真は、「見た人がどう思うか」がとても大切です。

雰囲気つくりやブランディングはその写真を大切な鍵になります。お仕事で使う方も、プライベートで使う方も、ただなんとなく撮るのではなく自分が魅せたい姿を目標設定しておきましょう。

自分のプロフィール画像を簡単にチェックしてみよう!

お子さんとポーズをとる参加者

お子さんとポーズをとる参加者

では、自分のSNSやラインなどのプロフィール画像を簡単にチェックしてみましょう。

  • 自分自身の顔がしっかりと分かる写真ですか?
  • 例えば、フェイスブックなど仕事でも使うツールの写真が、顔がよく分からない写真になっていませんか?その写真で先方に送ったメッセージ、自分なら受け取ってみてどうでしょう?

  • 「今」のあなたが伝わりますか?
  • 多く見受けられるのが、もう何年も画像を変えていない写真。女性は特にメイクや髪型で印象は大きく変わります。写真と実際の姿にギャップがあった…はできれば避けたいですね。

  • 自己満足な写真になっていませんか?
  • もちろん見栄えが良いほうが良いに決まっている…そうは言っても、受け手がどう思うかを配慮することも大切です。リラックスヨガクラスを多くしているインストラクターが、お酒を片手にウェーイした写真はいかがでしょうか?趣味や周りの人間関係が影響することも視野に入れておくといいでしょう。

  • 構図は大丈夫?
  • 構図のバランスがプロとアマチュアの違いの一つ。インスタの投稿などもそうですが、人が見ていてストレスのない構図というものがあります。友人や家族に聞いて、不自然でない角度や印象などを研究してみましょう。

  • 背景や光の加減などもチェック!
  • 背景や小物、光源なども印象に大きく影響します。自分の使用目的に合っているか?ナチュラルライフを提示しながら加工のし過ぎや撮影場所などアンナチュラルになっていないか?今一度、確認してみましょう。

「自分をどう見せたいか」よりも、大切なこと

笑顔でポーズをとる参加者

笑顔でポーズをとる参加者

さて、これまで「自分が他人からどう見られるか」について色々書いてきましたが、撮影会に潜入してみて思ったこと。「ブランディングした笑顔」以上に、カメラマンやアシスタントと話していて、ふっと出る「素の笑顔」に勝る写真はないなと思いました。

前貴文カメラマンがもうひとつ参加者の皆さんに聞くこと。

そのポーズは得意なポーズですか?普段やってる?

ここにも大きなヒントがあります。SNSを見ていると映えるポーズや憧れの難しいポーズなどたくさんありますね。しかし、シャッターを切る一瞬だけ無理をして作ったアライメントは実際のクラスですぐにバレてしまうもの。

自分の長所を活かしたポーズ・表情・体勢・雰囲気が一番素敵で偽りのない自然な姿だと思います。「○○のようになりたい」という目標は大切ですが、写真は「今」を切り取る嘘偽りない一瞬。生きた写真を撮るために、一度プロの意見を聞くことはとても大切です。

撮影会は、定期的に開催しています。是非、参加してみてください。自分では気付かなかった「自分の可能性」と出会えますよ(^^)!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article