肩甲骨ヨガ動画

こんにちは!ヨガジェネレーションのなおこです。

これまで国民のだれもが経験のしたことのない緊急事態宣言を受け、生活の変化を感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

不安な精神状態がつづく、情報収集のためにテレビやスマホをじっと見つめることが増えた、運動の機会が減った・・・こういった体や心の状態が、顕著にあらわれる体の部位。それが肩まわりです。

一言に肩まわりと言っても、その症状は様々。肩こりや首こり、そして猫背といった肉体的な不調は、深い呼吸がしにくくなることにもつながり、ひいては気持ちへも影響を及ぼしてしまいます。それらを解消するカギを握るもの・・・それが肩甲骨です。

そこで今回は、「肩甲骨ヨガ」の創始者・峯岸道子先生による「肩こり・首こり」と「猫背の解消」をテーマにしたヨガ動画をご紹介したいと思います!

ご自宅での体や心のケアに、ぜひ役立ててみてくださいね。

肩甲骨ヨガとは?

肩甲骨がきれいに浮き出た峯岸道子先生の背中

肩甲骨がきれいに浮き出た峯岸道子先生の背中

肩こりや四十肩といった肩まわりの不調、猫背などの姿勢の悪化に共通して関係しているのが肩甲骨

正しく整えることで、体に抱えた不調を改善できるばかりか、二の腕の引き締めバストアップといった美容面でのうれしい変化ももたらしてくれます。

フィットネスエクササイズ界で幅広く活躍したのち、ヨガに出会い、今や指導歴35年を超えるいわば“体のプロフェッショナル”である峯岸道子先生が、肉体的そして精神的にも毎日をすこやかに過ごすために重要な肩甲骨にフォーカスし、作り上げたのが「肩甲骨ヨガ」のメソッドです。

動かすのは肩甲骨だけではなかった!首・肩こり解消動画

10分の動画なのに、行ってみると首や肩のつまったような感覚が軽くなるほど、効果を感じられる動画です。

肩甲骨ヨガの特徴でもある効果の早さをさっそく体験することができました。

印象的なのが、首・肩こり解消といっても動かすのは首・肩だけに限らないという点。

肩のかたさと手首のかたさは連動している

講師が大切にしている1つの力(作用)と、それに応える力(反作用)といった運動力学に従って全身を動かしていくと、ずっしりと何かがつまっていたような感覚があった肩に、軽やかなスペースがうまれるのがわかります。そして、肩の不調のカギは肩だけにあらず、といった体のつながりの奥深さも改めて感じられる動画です。

なめらかな肩甲骨の動きが深い呼吸を生む!猫背の解消動画

ストラップを使いながら積極的に肩甲骨を動かしていくこの動画。

備品(道具)があると、何も使わないときに比べ、起こる動きが断然ちがってくる

と講師は言います。

難しい道具を使わず、家にある薄手のタオルで代用したり、ヨガマットがなければ椅子に座ったままでもできる手軽さ。そして痛みや動きの制限をもつ方が多い部位へのアプローチだからこそ、軽減の選択肢をたくさん盛り込んでくださる細やかさ。これらこそ、どんな方でも日常に肩甲骨ヨガを取り入れてすこやかに過ごしてほしいと願う、峯岸先生の思いがつまっているように感じられる動画です。

かたまっていた体と心が動き出す瞬間。動画をすこやかな毎日のきっかけに。

肩甲骨がメリメリ動きだした気がする・・・!

2本の動画を見ながら、実際にやってみたときに、私が思った感想です。なかなか普段、肩甲骨を動かせていなかったのだな、とその効果を感じながらすがすがしい気持ちになりました。

そして余韻のように心の中に残るのが、峯岸先生による豊かなインストラクションの数々。背中側にある肩甲骨は、自分で直接動きを確認することが難しいもの。しかし、目の前に情景が浮かぶような例えによって、より1つ1つの動きをいきいきと頭に思い描きながら動画を楽しむことができました。気づけば、心まですっと軽くなる感覚をおぼえます。

今や肩こりを感じている方が7割にものぼると言われるほど、多くの方が不調を抱える場所。

痛いな、重いなというその不調をそのままにせず、緩和し、起こりにくくするのは自分自身にしかできないことのように思います。

家で過ごす時間が多い今こそ、これまで悩まされてきた肩こりや猫背などの改善方法を学ぶタイミングにふさわしいのかもしれません。そして、この肉体的な変化が、不安の多い最近の毎日を、少しでも深い呼吸とともに、心まですこやかにのりこえるきっかけとなるように思います。

ヨガジェネレーションでは、このように日常に取り入れやすいヨガ動画を日々YouTubeにアップしています。ぜひチャンネル登録をして、様々な先生やクラスの動画を楽しんでみてくださいね。
【TOP】YouTubeチャンネル

さらに、峯岸道子先生による講座も開催予定!

より深く肩甲骨ヨガを学びたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article