講座風景 

アーサナの本当の意味はポーズではない。生徒を見守るヨガ指導者になるために必要なこと。
クリシュナ・グルジ『ヨガ指導者養成講座』ハタヨガコース Day.04

みなさん、こんにちは!
本日、オハナスマイル駒沢大学店では、クリシュナ・グルジ先生による『ヨガ指導者養成講座』のハタヨガコースの4日目が行われています。

今日は初のティーチングを参加者のみなさんが行う日。
少し、緊張気味なみなさん。

アーサナ ≠ ポーズ アーサナの本当の意味とは!?

グルジ先生
今日は参加者のみなさんが、実際に7分間で1つのポーズをリードします。

ある時、グルジ先生が気づいたように話したことがありました。
サンスクリット語でアーサナ。
ヨガをしている方はアーサナを日本語に訳すと、”ポーズ” や ”体位” という意味ではないんだそうです。
(これ、私はすごくびっくりしたんです・・・(;゚Д゚))

アーサナの本当の意味をグルジ先生は解説してくださいました。
そこには、アーサナをする意味が分かる理由が隠されていました。
このアーサナの本当の意味を理解する上で、アーサナのプラクティスに取り組むのと、そうでないのでは、きっとたどり着くところは違うんだろうなと思いました。
それくらい大きな意味のあること。

生徒を見つめるヨガインストラクターになろう!

講座風景
ヨガ指導者のみなさんに質問です。
ヨガのクラスを開催する際に、生徒さんと一緒に自分もポーズを行いますか?

グルジ先生は、先生もポーズを行ってしまうと、生徒さんを見ていないことになってしまうとおっしゃいます。
生徒さんを見つめて、その人が身体のどこに意識を置くか、しっかりと見極めて、導く指導者になって欲しいとグルジ先生。

そして、グルジ先生はアーサナの一つ一つに対して以下のことは最低限、しっかりと説明できるようになって欲しいと思っているようです。

■どこに意識をおくアーサナなのか
■どんな効果があるのか
■アーサナの効果
■どんな人にオススメか
■どんな人にはオススメではないか
■アーサナを取る際の注意点

そして、声でそのポーズを導けるようになる。
そんなことを7分間に凝縮させます。

現在、ヨガをすでに指導している方が、ハタヨガコースに参加しています。
その方は、『今ままで自分の指導では生徒さんを見ているつもりで、見れていなかったことがよく分かった』と、おしゃっていました。

7分間のティーチング、お疲れ様でした!
今日、人にヨガを教えるというのが、初めてだった方もいらっしゃいましたが、大きな一歩になったのではないでしょうか?
お疲れ様でした!
最終日までには60分のクラスを完成させるそうです!
一つ一つ、しっかり身につけていきましょう!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article