筋肉を調整すれば、今まで取りづらかったポーズが劇的に取りやすくなるって本当??
~中井まゆみ先生による「筋調整ヨガ」講座、潜入レポート~

こんにちは、junjunです。
今回は、講座開催決定から瞬く間にキャンセル待ちになった新講座「筋調整ヨガ」講座に潜入しました。
スタジオの中は、寒い外とは大違い!暖房いらずの熱気でした。

実は私、神戸出身で、地元で中井先生のクラスを受けたことがありました。
できなかったポーズ、取りりづらいポーズが、違う動きをした後に、もう一度取ってみると、あら不思議!
劇的に取りやすくなっているのです。
ステップアップした気分になれるレッスンで、すぐにファンになってしまいました!

筋肉の仕組みは理解できたけれど…

ヨガティーチャーズトレーニングを受講されている方が多いので、みなさん、習ったことを思い出しながら「ふむふむ」と聞いていました。
筋肉を調整することで、身体の癖や歪みが治る。その結果、今まで取りづらかったポーズがとりやすくなる。

仕組みは理解できても、生徒さん一人ひとりにどのように伝えればいいのでしょう。
どうすれば、”身体が超硬い”生徒さんに実感してもらえるのでしょう。

簡単なポーズで劇的な変化が!

パスチモッターナアーサナ
例えば、パスチモッターナアーサナ(前屈のポーズ)をしてみます。まずは、いつものようにポーズを取ります。

みなさん、背筋を伸ばしたまま、股関節から折り曲げることを意識しています。

そこで、中井先生から驚きの逆のポーズをとるように言われます。背中を丸めるのです。おへそを背中に近づけるように、お腹に力を入れたままキープです。あと2つほど、他のポーズも取ってみます。
そして、もう一度、前屈してみると…。

あれ?取りやすくなってる。
それに、気持ちいい!

と驚きの声が、聞こえてきました。

ポーズの指導方法は一つではない。

講座風景
一人ひとりの骨格が異なるように、柔軟性も異なります。
一人ひとりの身体にあった安全かつ効果的な指導は、とても大切です。

そして、その場で感じてもらえることも、とても大切です。

インストラクターのみなさんも、「柔軟性を高めたい」「美しくポーズを取りたい」という思いは日々あると思います。
ポーズを取ることが”気持ちいい”ことを感じ、その気持ちを生徒さんに伝えたいという思いを、改めて思い出されたとおっしゃる方もいらっしゃいました。

痛みを我慢することなく、必要最低限の力で個々の効果を自ら最大限引き出す事ができれば、満足度に繋がるのです。

講座を受講されて・・・

講座終了後、みなさんに「どうでしたか?」とお声かけさせていただくと、

「目からウロコでした!」

と、その一言ばかり返ってきました。
劇的に変化したことを、自ら体感して、それしか言葉がでない!ということでした。

満足そうなお顔に、私まで嬉しくなってしまいました。
ご自身のクラスで活かせることを願っています。

ご参加いただき、ありがとうございました!!
集合写真

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article