笑顔のジュディ先生に”スタッフから聞いた裏話”のロゴが入っている

こんにちは、ざっくです! 今回はがんちゃん先輩にジュディ・クラップ先生について取材しました!ジュディ先生はなんと、ヨガ歴40年!ヨガ指導歴30年!という経歴を持つ”ヨガセラピー”のスペシャリスト。いま、注目度も高い”ヨガセラピー”についても質問してきました!

ジュディ先生の唱えるヨガセラピーは”ヨガをより安全なものにするもの”

人差し指を立てるポーズを取っているざっく

がんちゃん先輩!”ヨガセラピー”という言葉をよく聞くようになりましたが、はっきりとした定義がないと言われていますよね。でも、あえて聞かせてください!ジュディ先生にとってのヨガセラピーって何だと思いますか?

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

確かに、改めて言葉にすると難しい質問だね。私も改めて知りたいと思ったので、ジュディ先生に「あなたのヨガセラピーとは?」と質問してみました。以下の文章が返ってきたので紹介しますね!

‘With the experience of 30 years of teaching and of being a body therapist my passion is making yoga safe for all. To take the struggle and ambition out of the practice to be able to move with a sense of freedom and grace.

訳)30年のヨガ指導とボディ・セラピストの経験した私にとって、”すべての人にとってヨガを安全なものにする”という情熱です。 そしてヨガのプラクティスから心の葛藤や苦痛を取り除き、より心地よく自由に動けるようサポートしたいと思っています。

生徒さんに指導しているジュディ先生

”ヨガを通してより健康になりたい”という思いはどんな人にもあるのではないでしょうか。一方で、「ヨガを通して怪我をしてしまった」という話を聞くこともありますよね。ジュディ先生はヨガ指導者として、また、ボディ・セラピストとして、より安全なものを提供することの大切さを教えてくださいました。

安全でかつ怪我をさせないヨガ指導のために、体の知識は必須!

骨模型と一緒にポーズをとっているがんちゃん先輩とざっく

人差し指を立てるポーズを取っているざっく

次の質問です!ジュディ先生のヨガクラスの特徴って何だと思いますか?

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

ジュディ先生は『applied anatomy』(動きに対する実践的な解剖学)という言葉を講座内で、よく使っています。私たちは日常生活で体のバランスを乱しがち。ヨガはそのバランスを整えてあげることができる。そのためにも、解剖学の知識は必須だとおっしゃっています。ポーズの中のポイントを抑えて、より効果が出るように!という細かいところまで指導しているというのが特徴だと思います。

参加者の胸を打つ!ヨガ指導歴30年のジュディ語録がすごい

人差し指を立てるポーズを取っているざっく

続いての質問です!ジュディ先生のここがすごい!を教えてください。

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

ジュディ先生の30年の指導歴という経験から語られる人生論や言葉の一つ一つがとても印象的!そんな、ジュディ語録を紹介します!

All yoga should be therapeutic.

訳)すべてのヨガはセラピー的であるべき。

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

この言葉は、私が入社してすぐに聞いたもの。もっと定義された理念を期待していたけれど、シンプルなのに力強い説得力のあるこの言葉に、自分の中の概念を覆されたそんな言葉です。この一言ですべてを説明していらっしゃって、「40年間ヨガをしてきた先生だからこその言葉だな」と思ったので、大きく印象に残っています。
そして、もう一つ紹介させてください!

ジュディ先生が笑顔で話をしている

Yoga must speak to the soul.

訳)ヨガは「魂」に語りかけるものでなければならない。

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

この言葉を聞いた時、「本当にその通りだな」と思ったの。私自身がメンタルな部分をヨガで助けられた経験があるので、当たり前かもしれないけれど大切な言葉だなと思っています!

人の体は十人十色!?指導者養成講座では、参加者全員をモデルにヨガ指導を実践!

人差し指を立てるポーズを取っているざっく

最後の質問です!海外に住んでいらっしゃるので、日本では年に数回しかお会いする機会がないジュディ先生。講座の魅力を教えてください!

人差し指を立ててポーズをとっているがんちゃん先輩

はい!ジュディ先生の講座に参加して驚いたことのひとつは、ジュディ先生はすぐに生徒さんの骨格や体の癖などを見抜くことができるということ。一人一人にはもちろん個体差がありますよね。その個体差を教材として、すべての参加者の体に合わせた指導法をシェアしてくださいます。実際に目の前にいる人を見て学べるから、テキストだけでは学びきれないリアルなヨガセラピーを学べることが最大の魅力だと思います!

生徒さんに手を当てて指導しているジュディ先生

また、「ジュディ先生の講座を受講してから、ヨガクラスの始め方が変わった」とおっしゃる参加者の方もいたそう。ヨガを長く続けるために、指導者としても、ヨガをする側としても、大切にしたいことを教えてくれるジュディ先生。ヨガ指導者として次のステップへ!そう思っている方にぜひ参加していただきたい講座です!

さて、次回はKG先輩にヨーコ・フジワラ先生について取材してきます!お楽しみに!!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article