MIKIZO講座風景

こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。

先週と今週の火曜日に、オハナスマイル祐天寺店では、ヨガジェネレーション代表:酒造博明(ミキヒロアキ。以下MIKIZO)による「ヨガビジネス講座」が開催されていました。そして、週末に開催された中島正明先生がメイン講師を務める「RYT200ヨガ指導者養成講座」でも、「ヨガビジネス講座」は開催されました。

私は4年間、「ヨガビジネス講座」の担当スタッフをしています。今回は(自分がいろいろなことに悩んでいるせいか)、講師であるMIKIZO(私の上司でもあります。)の言葉が哲学的に心に響きました。その感覚はずっとあったのですが、ここまで腑に落ちたのは初めてでした。何がここまで印象的だったのか、このブログでシェアさせていただこうと思います。

「え?ヨガビジネス講座で哲学!?」とびっくりされている方もいらっしゃると思います。

「やった人」しか、生み出せない

ヨガビジネス講座を聞く生徒
やる気はあるけど、なかなか行動に移せない。そんな日々に悶々としている方もいらっしゃると思います。(私もそうです・・・)

例えば、あるヨガインストラクターが「自分のクラスの生徒さんの数が少ない。」ということに悩んでいるとします。その原因を考え、解決策を編み出し、実行した人のみに結果はついてくると思います。でも、何もしなかったら、それはそのままなのです(もしくは悪化してしまうかもしれませんね)。当たり前のようだけど、それが本当に事実なのです。

「やったこと」のみにしか結果はついてこない。

あなたはやっていますか?

ヨガビジネス講座風景
今、こう私が質問をされたら、「はい!やっています。」と自信を持って答えることはできません。やらない理由をなんやかんやつけたがります。そして、自分には実力が足りないということも知っています。

だから、私ができるのは「教えてくれる人のいうことに従う。」ということだけだと気づきました。自分に自信がない時期だからこそ、これしかないと思っています。

そう思わせてくれたのは、「ヨガビジネス講座」に参加した方々でした。キラキラとした目で講座を聞いて、終了後には講師MIKIZOへの質問の嵐。そして、「今日習ったことを必ず実行します!」と帰っていった方もいました。きっとやって、何か変化が生まれるんだろうなと羨ましくなりました。

だから、私もやってみようと思ったのです。

「やった人」の言葉は響く

MIKIZO講座風景
参加者がキラキラした目で講座を聞いたのも、質問がたくさん出たのも、MIKIZOの経験からくる言葉を聞いたからだと思っています。経験した人の言葉は心にまで届くし、響く。

そして、MIKIZOの「伝えたい」という想いがあるから。「ヨガビジネス講座」では、感動の涙を流す方がいるのですが、その理由はここにあると思っています。

MIKIZOはヨガ業界の裏方業を13年間しています。ヨガインストラクターという職業は、「ヨガを教える」ということ以外にも実はたくさんあります

「ヨガインストラクターとして、ヨガを教える以外に、こんなにできることがある。今、できないのは方法を知らないだけ。」という熱量があります。私はもう何十回も、「ヨガビジネス講座」を見ていますが、この熱量がなかったことは一度もありません。

知らなかったことは、今日、知ればいい

ヨガビジネス講座生徒さんの笑顔
例えば、今週の火曜日に行われた「ヨガビジネス講座基礎2」。そこではフライヤー(チラシ)の作り方の講義がありました。「フライヤーなんて、作ったことない。」という方の方が(当たり前ですが)圧倒的に多いです。フライヤーを自分で作るという発想すら、受講前にはなかったと思います。

でも、それは恥ずかしいことでもなんでもなくて、ただそういう道を自分が生きてこなかっただけなのです。この場合でいうと「フライヤーを作る機会がなかった」だけなのです。

その分、違うことを経験してきた。だから、どんなに年をとっても、方法を知って、素直に行動してみる。その姿勢が大切なのだと痛感した「ヨガビジネス講座」でした!

実際に、先週の基礎編1に参加した50代の男性は「人生を学ぶことができました!」と言ってMIKIZOと握手をして帰っていかれました。「やってみよう」という情熱と「やってみる」行動。それだけがもの事を変化させられることなのでは・・・?と、真剣に考えた「ヨガビジネス講座」でした!

参加者のみなさま、お疲れ様でした♪そして、ありがとうござました!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article