日本の瞑想の歴史を変える!?『瞑想指導者養成講座』開講しました!

近年、”瞑想”という言葉がビジネス誌や女性誌などでも取り上げられ、だいぶ一般的になってきました。

精神的な安定・ストレス軽減・リラックス効果・集中力のアップなどの効果から、『瞑想をやってみたい!』と思う人が増えているのは間違いないようです。

そして、ヨガをしている人はすでに瞑想を毎日行っていたり、”瞑想がいいものだ”ということを理解されている方も多いと思います。

”瞑想をしたい”という人が増えて、”瞑想の良さを理解している人”がいる。

でも、現在の日本では、”瞑想を指導できる人”が、”瞑想をしたい”という需要に対して、圧倒的に足りていないと思っています。

その理由は”瞑想”は自分の内側を見つめるものであり、自身の日々の瞑想の体験が”伝える”ことに適しているのかも分からない。
瞑想がいいものだとは分かっても、どう伝えたらいいのか分からない・・・。

その状況を大きく変えることになるであろう、中島正明先生にによる『瞑想指導者養成講座』。
ついに東京で開講しました。

圧倒的な瞑想の体験。それが参加者のみなさんが期待すること。

テキスト
今回、初開催となった『瞑想指導者養成講座』
参加しているみなさんは、様々な想いを持っていました。
最初の自己紹介の時間で、参加した動機を話します。

ヨガジェネレーションでは数多くの講座を開催していますが、参加者の方はヨガのインストラクターの方や、ヨガを好んで行っている方が多いのですが、瞑想指導者養成講座には、ヨガはほとんど行ったことがない方も参加されていて、新鮮でした。

瞑想が様々な分野から注目されていることの証だなと、実感しました。

”瞑想を伝えていきたい”という方も、”今のところ瞑想を教える予定はない”という方も、この講座に期待することは、瞑想に効果があるということの科学的な理論と、そして、何よりご自身の圧倒的な瞑想における”体験”でした。

瞑想を伝えるために必要なこと

講座風景

瞑想指導者養成講座の講師を務めているのは、瞑想・禅実践家である中島正明先生です。

中島正明先生はヨガジェネレーション主催のRYT200ヨガティーチャートレーニングのメインティーチャーも務めています。

中島正明先生が、指導者養成講座において、大切にしたいることは生徒自身が、瞑想を、ヨガを”体験する”こと。
講座風景
瞑想は人の可能性を広げる、非常に有効な方法であること。
それを身をもって、体験しないと、その感動は伝えられない。

ディズニーランドに行ったことのない人が、(ガイドブックやHPに載っている情報を伝えることはできても)
ディズニーランドの楽しさを伝えられないのと同じように、瞑想の深みを体験しないと、その深さまでは伝えることができないのです。

そのための圧倒的な体験。
そして、その理論や証明をじっくり学んでいく瞑想指導者養成講座。

ついに始まりました!
私は今後の瞑想の歴史を変える1日だったのではないかと、心底思っています。

参加者のみなさん、どうぞよろしくお願いします!
これから7ヶ月間、どんなことになるのか楽しみです!

今回の参加者の方の1人が、『母の日のプレゼントがこの瞑想指導者養成講座だった』という方が、いらっしゃいました。
本当に素敵なプレゼント!
めっちゃ感動しました!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article