ジェレミー・チャンス先生

余計な緊張を解く心身の調整法、それがアレクサンダー・テクニーク!

春一番が吹いた2月17日、アレクサンダー・テクニーク(以下AT)のジェレミー・チャンス先生によるワークショップ「『個別対応力』を高める指導法講座:もう緊張しない!『頭と脊椎』と緊張の関係を理解しよう」が行われました。突然上昇した気温と同じく暖かな人柄のジェレミー先生の下、日本ではまだ馴染みが薄いATをヨガに活かそうと、多くのインストラクターが集まりました。

そもそもATとは何なのでしょう?

それは無意識にカラダに起こってしまう緊張を解く心身の調整法。人は誰しも、カラダのどこかを緊張させ、自らにストレスを強いてしまっているものなのです。ATはそれを視点や考え方を変えたり、ボディーワークを行ったりすることによって解いていきます。元々、俳優が舞台に立つときに緊張を解くにはどうすればよいかという疑問から発見されたもので、英国の伝統ある演劇学校では必ず学ぶスキルだそう。姿勢や身体機能そのものにも影響することから、俳優に留まらず、楽器の演奏者、ダンサー、整体師、教職者など、様々な職業の人がATを取り入れるようになりました。

そして、その波は今、ヨガにもやってきました!

AT流ヨガ、その名も「アタマヨガ」!

ジェレミー・チャンス先生
では、どのようにATをヨガに取り入れるのか?講座の一部でご紹介しましょう。

この日、ジェレミー先生は「顔を描いて」と言いました。皆さんも、絵文字でよく見かけるような二コマークを思い描いてください。そこにはあるモノが足りません。答えは頭。目・鼻・口といった「顔」はよく意識していますが、目や耳より上にある、脳がつまっている部分を忘れがち。実際には頭とは、自分で思っている以上に大きくて重いものなのです。その重さ、約5キロ。この5キロが脊椎を上から押し下げることによって、動きに制限や緊張を与えてしまっています。

ATでは、頭を意識することが全ての基本。タダーサナで立つときにも、片手を上げて体側をストレッチするときにも。全ての動作において頭があることを意識して動くと、動きの質が変わってくるのです。名付けてアタマヨガ

この日は、「後屈が苦手」という参加者がいて、ジェレミー先生のリードでチャトランガからアップドッグの練習を。先生は頭や首の後ろに手をかざしているだけ。あとは頭を動きに含めることを考える以外は何もしていないのに、いつものアップドッグより・・・アレ!?「頭が勝手に動いてくれた」「軽々と後屈ができた」と、驚きの声が上がりました。アタマヨガ、恐るべし!!

アーサナが完成するまでの動きのプロセスを考えることも大切

ジェレミー・チャンス先生
アタマヨガは自分のアーサナの質を変えるだけではありません。「アップドッグが苦手だから、インストラクションもうまくできない」とおっしゃった参加者のお一人。まさにそこに、アタマヨガのもう一つの神髄がありました。動きのプロセスを明確にするということです。

「背中をまっすぐにする」「両手を開いてしっかりマットを押す」「肩を下げる」など、一つのアーサナを完成させるために様々な注意を言われますよね?でも、なぜその通りにしなければならないのか、自分にとってそれが本当に心地よいものなのか、「自分を通して」本当に理解していたでしょうか?もし、心地よいと感じていないのだとしたら、その注意事項を見直して、自身が心地よいと感じられる別の動きのプランを考える必要があります。自分にとって心地よいと思える動きのプロセスを思い描く、「思考」もアタマヨガの重要な要素なのです。

「今までは、よく耳にする注意一つ一つが自分にとってどう影響しているのか、アーサナに至るまでにどのようなプロセスを踏むのかなんて、気にしたことない」という人が多いのでは?それを明確にして、自身にインストラクションする、それが緊張を解き、生徒さんへより伝えやすくする第一歩となるのですね。

様々な悩みを多彩なアプローチで解決!

ジェレミー・チャンス先生講座風景
ほかにも、「色々な年齢層が集まるクラスで、膝に問題を抱える少数の生徒のケアがしっかりできない」「呼吸や瞑想の練習中に周りを気にしてキョロキョロしてしまう生徒への接し方がわからない」など、インストラクターならではの悩みが多数挙がったこの日。時にはジェレミー先生のリードで実際に動いて自分のカラダで知り、時には何が自分のストレスとなっているのかをカウンセリングのように解き明かして、緊張から解放される糸口を探っていきました。

ココロとカラダの両面から、インストラクターとしてスキルアップするカギを参加者の皆さんは見つけたようです。「自分が信じられずに正そうとして、余計な動きにつながっていた」「自分への信頼感のブレがストレスになっていた」と言う参加者の言葉が印象的でした。まさに心身一体。

「緊張の原因は自分の中にある」「自分を理解し、自分を信じる」ということを、具体的な課題を通して紐解いていったこの日の講座。インストラクターの悩みは人それぞれ、ATによる解決方法もそれぞれに異なります。次はあなたがジェレミー先生と、自分のための解決方法を見つけてください!!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article