ダリオ先生のナヴァカラナヴィンヤサのクラス

アジアの人気講師、ダリオ・カルヴァルーゾ来日中!

ナヴァカラナヴィンヤサ体験クラスの舟のポーズ
こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。寒い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私は今週は冷え込みが厳しい中も、ホクホクな日々を過ごしておりました。アジア全域・ヨーロッパで活躍するダリオ・カルヴァルーゾ先生が2度目の来日をしております。

「今回は私も絶対にダリオ先生の90分クラスに参加する!」と決めていました。その体験をレポートします(`・ω・´)

オハナスマイル駒沢大学店では、ダリオ・カルヴァルーゾ先生による「 ナヴァカラナ・ヴィンヤサ 90分の体験クラス
」と「上級ポーズを安全にマスターするアーサナ集中講座」が開催されております。

2度目の来日を果たしたダリオ先生。前回の来日で大ファンになって、「心待ちにしていました!」という方も、多く参加されています。本当にありがたい限りです!!

もちろん、私もダリオ先生の来日を心待ちにしておりました。ダリオ先生とやりとりをする度に、「どんな先生なんだろう?」「(オリジナルメソッドである)ナヴァカラナ・ヴィンヤサってどんなヨガなんだろう?」という想いが募り・・・!ついに私も90分クラスに参加しました(仕事中・・・)!

とにかく楽しい!ダリオ先生の90分クラス

ナヴァカラナ・ヴィンヤサ体験クラスの生徒さんの楽しそうな顔
参加し終えた、今、一言で感想を言うなら・・・

楽しかった!

その一言です。

90分の中では、キツイポーズもありましたし、初めてチャレンジするポーズもありました。そんな普段であればシリアスな顔になるであろう場面もありましたが、なぜか笑顔があふれる90分でした。

それはダリオ先生が内に秘めている「日本の生徒に教えている喜び」が生徒さん全員に伝わったからだと思います。

ダリオ先生のアーサナは本当に美しくて、まるで美術館の彫刻を見ているかのようにうっとりする場面もありました。

※写真はキツくても笑顔になる参加者の皆様。

楽しいだけじゃない!考え抜かれたシークエンス

ダリオ専背が合掌をしているところ
午前中(そして、仕事中)にクラス参加した私ですが、昨日はその後の仕事がはかどるはかどる・・・!頭はスッキリと冴えわたっているのに、体はリラックスしている状態でした。

どうして、このような解放感があったのか?それはきちんと、体が目覚めさせるシークエンスに、緻密に組み立てられているからです。このクラスの目的は、「体を解放させる」でした。

クラスが終わった後に、ダリオ先生に伺ったところ、今回は特に大腰筋・腸骨筋・大腿直筋を伸ばすことを意識し、その反対側の筋肉を鍛えることを目的としていたそうです。

それに効果的なのは、「ラクダのポーズ」ということで、これが完成形に近づくように、今日のシークエンスが組まれていたそうです。確かにいつもより断然ポーズがとりやすかったです。

そして、このラクダのポーズでカパラバティ呼吸法をすることが、私にとっては初めての経験でした。

ダリオ先生のクラスでは、初めてのことも多かったです。

  • マントラを唱えながらするヴィンヤサフロー
  • ラクダのポーズで後屈をしながらカパラバティをする
  • ラクダのポーズのポーズのバリエーション

ヨガは絶対に学びきることがないものだなと実感しました。

【裏話】今回の来日期間は、実は休暇のはずだった・・・!?

ダリオ来日時の集合写真
実は、ダリオ先生は、この来日期間は休暇をとるはずの期間でした。

ダリオ先生は前回2018年11月に来日した際に、日本の生徒さんの真面目さと謙虚さに感動し、「また日本に来たい!」という強い想いを抱いたそうです。それが、今回の来日に繋がりました。

世界中でヨガを伝えて、常に半年先までスケジュールがいっぱいのダリオ先生。休暇にしようとしていたこの1週間をダリオ先生は、「日本でヨガを伝える」ことを選びました。

クラスの前も、もちろんクラス中も、クラス後も、参加者のみなさんと積極的にコミュニケーションをとっていたダリオ先生。その時の、ダリオ先生と生徒さん双方のうれしそうな表情を見て、私は「本当に日本に来てくれてありがとうございました!」という感謝の気持ちでいっぱいになりました。

参加されたみなさんが、本当にうれしそうで、私は開催できたことを本当にうれしく思っています。

明日(2月17日(日))は、大阪で朝ヨガクラスアーサナ集中講座が開催されます!気になった方は、ぜひホームページをチェックしてみてくださいね♪次回の来日は8月と、先になりますので、この機会をお見逃しなく・・・!(とはいえ、アーサナ集中講座はキャンセル待ちでございますm(__)m)

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article