スーツで握手する二人

こんにちは、あゆゆです!
先日、ヨガジェネレーション代表・酒造博明(以下、MIKIZO)による「ヨガインストラクターの為のビジネス講座:基礎1」に潜入取材(というか、強制参加)してまいりましたので、シェアさせて頂きます。

資料作りでチラ見していた入社初期。

話を聞いてほほ笑む上村

わたしがヨガジェネレーションに入社した3ヵ月前、先輩のお手伝いをしていたときに作成していた資料。それがこのヨガビジネス講座でした。

「なんだ、この絵ばっかりの資料は…」が第一印象(笑)
ビジネスというからには、○○の法則とか、カタカナ連発の用語とかたくさん出てくるんだろうな~と思っていたので、驚いたことを覚えています。

ヨガでお金を稼ぐこと。わたしも実際に悩んでいた一人でした。ヨガを伝えることで報酬を得るなんて不道徳だろうか?そして、いつまでもヨガ的な考えで経営なんて出来るのだろうか?

心のどこかで、「自分が食べていくためには仕方ない」という気持ちがあり、また罪悪感…そんなことありますよね。

講座は、すべてMIKIZOの事実シェア!

酒造博明が真剣な顔で講義する様子

わたしは学生の頃から「○○の公式に当てはめて答えを出す」という作業が嫌いでした。答えは出ても理由が分からないので、テスト問題で丸がついていても嬉しくなかったのです。

ビジネスの法則も同じで、「○○と言われているから」では納得できないし、参考程度にしかなりません。もちろん、何事にも絶対はないのですが、自分の中には「理由」を常に持ち続けたいと思っています。

本講座の情報は、すべてMIKIZOの体験・経験・事実談のシェア。単なるセミナーとは違い、言葉・経験談ひとつひとつに自分を重ねて聞ける講座はそう多くはありません。

あなたは月?太陽?

ヨガビジネス講座中の様子

講座中、ふとこんな質問をされました。

あなたは月?太陽?

覚悟してください。突然「えっ?」という質問が投げかけられます。

しかし、その質問の答えがまさに自分が見ていなかった、「自分の知らない自分」です。人は、自分のコンプレックスだった部分が武器になったり、自分に必要のないことが目の前の相手に大切なことだったり…。

自分がもっているエネルギーが人にどのような影響を与えているのか?を考えさせられる時間でした。良い悪いでなく、内側のエネルギーを見つめてみる。まさにヨガですね、ビジネスにも通じるところがあるのでしょうか。

とにかくアツくるしい講座です(笑)

代表・MIKIZOと新人社員・上村

まさか自分の上司とツーショットを撮るとは…(笑)
とてもアツい講座です。この講座を受けると、物事の見方が変わります。冷静に考えれば当たり前なことも、目的を見失うと分からなくなってしまいますよね。

何故、目の前の人に伝えたいのか?

MIKIZOは言います。
なぜ、なぜ、なぜ?ここに何度も戻ってこよう。そうすると、自ずとやるべきことが分かります。

その問いかけをしてくれるのは、会社の上司かもしれません。家族や友人かもしれません。自分で問いかけることも多いでしょう。生徒さんの時もあるかもしれません。

今、何かに悩んでいるなら、経験談を聞きたいと思ったのなら、ぜひ聞きにいらしてみてください。受講にいらした方も同じ悩みがあるかもしれません。情報共有してみるのもいいでしょう。ヨガには「繋ぐ」という意味があります。人と繋がり、何かの「気付き」を得てください。

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article