このアーサナの後にはこれ、このタイミングでこのポーズを抜かさないようにやって…

こんにちは、ヨガジェネレーションのなおこです。私は、ヨガジェネレーションで働きながら、自主開催でヨガクラスを開催しています。

私がRYT200を修了して、自主開催のクラスを始めた頃。

駅からスタジオまでの道のり、録音した自分のインストラクションをイヤホンで聞き、手にはその日のクラス内容を書いたメモを握りしめて歩いていました。

ヨガインストラクターの方、とりわけクラスを受け持ちはじめて日が浅い方にとっては、多かれ少なかれ、以前の私と同じような経験をもつ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな毎日を過ごしている初心者ヨガインストラクターの方に、”今” 出会っていただきたい講師が今回ご紹介するChie(花上千絵)先生です。

Chie先生が講師を務めるヨガインストラクターのための勉強会を受講した後の自主開催クラスから、まず私自身はメモ帳と距離をおくことができました。

必要以上に肩ひじを張って準備することもないばかりか、クラス中は自分自身がよりのびのびと生徒さんと向き合えている感覚があります。

そんな体験も交えながら、講師・Chie先生とヨガインストラクターのための勉強会~クラスデザイン編~についてお伝えしようと思います。

初心者インストラクターが不安を抱きやすいポイントとは?

女性が熱心にノートにメモをとっている。

クラスの前はメモが手放せない経験、ありませんか?


冒頭でご紹介したように、クラスが始まる数日前からクラスについて考え、直前はまるで期末テスト前に最後の暗記をしている学生のように頭に入れてから、スタジオのドアの鍵を開けていた毎日。

そんな日々が続くと、次第に私の頭に次にうかんできたことがあります。

次のクラスは何をやろうか…

クラスがさっき終わったばかりなのに、次のクラスの内容を考えはじめ、さらには前回と同じアーサナをやったら生徒さんは退屈するのではないか?という不安まで浮かんでくる…

それはいつしかプレッシャーとして自分自身に重くのしかかってきていました。

“こうでないければならない!”から解き放たれる。Chie先生ってどんな先生?

森千絵先生が生徒さんの前で講義をしている。

一人一人を包んでくれるおおらかな雰囲気に、一度会うとファンになる生徒さんも多数。

ヨガインストラクターのための勉強会に参加したとき、今悩んでいることをシェアする時間がありました。

私が抱いている気持ちや、クラスに向けての現状を話すと、温かい笑顔でこうおっしゃいました。

初心者ヨガインストラクターあるあるだね~!

まず感じた、”私だけじゃなかったんだ”という安心感。張りつめていた心にChie先生の言葉がしみ込んで、ふわっと緩んでくる感覚でした。

この雰囲気こそ、私が講師・Chieに対して抱く大きな魅力のひとつ。

私が参加していたヨガジェネレーション主催のRYT200でもサブティーチャーとして講座を支えてくださっていたのですが、緊張した私たちの心を一瞬にしてほっとゆるめる包容力に何度も救われてきました。

例えるならば“みんなのお姉さん”。講座でもその包容力で、不安でいっぱいな受講者のみなさんの心が緩んでいくことがわかりました。

その後も哲学や中医学など、ヨガ指導歴13年のベテランティーチャーならではの様々な背景の例えを交えながら講座がすすみます。

そのひとつひとつのエピソードが、ひとつひとつ心の不安にふわっと被さって癒してくれるようなものばかり。

講座の後半には、自分を縛っていた”こうしなければならない”という思いが離れていくのを感じるとともに、悩んでいるこの瞬間も無駄ではないと、温かく安心した気持ちになることができました。

クラスを組み立てるときのヒントが満載の動画をご紹介


動画が公開になってすぐ、たくさんの方から反響をいただいたこちらの動画。

先述したヨガインストラクターのための勉強会と通ずる内容でもあり、クラスのバリエーションに悩む皆さんにとっては、こうやれば同じカテゴリーのヨガだとしても変化をつけることができるのだ、という気づきにつながっているのだと思います。

ヨガインストラクターのための勉強会ではこういった内容をさらに深掘りしてゆきます。

自分にとって伝えたいことがしっかりとあれば、クラスが似ることは当たり前。でも、その表し方、サブテーマの定め方によってバリエーションは何通りにも増えるもの。

何が良くて何があまりよくないのか、その境目もわからなくなっていた当時の私にとって、頭を整理し、気持ちまですっきりと切り分けることができた瞬間でした。

何のためにクラスをしていますか?動画で知る「クラスに臨む上で大切なこと」。

講師・Chieの伝えたいことがぎゅっとつまったこの動画。

不安であるがゆえにメモを手放せない、以前の私のように悩みを持っている方ならぜひ聞きたい内容が満載です。
誰のためにクラスをするのか?ヨガインストラクターにとっての本質に向き合えたような気がして、動画の撮影に立ち会いながら、じーんと胸があつくなり、ぜひ最後までご覧くださいね。

今回ご紹介したヨガインストラクターのための勉強会もオンラインでの開講が決定しております。

きっとヨガインストラクターとして見える景色が大きく変わるこの講座。ぜひご自身の体験として受け取っていただきたい、と思っています。

森千絵「ヨガインストラクターのための勉強会」

今回ご紹介した講座はこちら>>
ヨガインストラクターのための勉強会:クラス作りが楽しくなる!クラスデザインを学ぶ

ヨガインストラクターのための勉強会 他のシリーズはこちら>>

3講座まとめて申し込みはこちら>>
森千絵「ヨガインストラクターのための勉強会」(※セット割適用となります)

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article