~「声・話し方」の講座を潜入レポート!~
緊張すると声がでない…
「ボリューム」と「安定」で説得力を手に入れよう!

こんにちは!

先日、大好評の『声・話し方をテーマにしたスキルアップヨガ講座』が開催されました!今回も満員での開催となり、「声・話し方」がいかに多くの人が興味を持っているのかが伺えます。どんなクラスになったのか、少しご紹介させて下さい☆

声の客観的な意見を聞くことができる

やる気で満ちた参加者のみなさんには自己紹介をしてもらうことから始まるのがこの講座のいいところ!職業や参加理由、一番学びたいポイントなどをみんなで共有しあい、初対面のかた同士のクラスに一体感が生まれます。

高橋淳子先生の明るさも加わって度々笑いがおきることは、参加者のみなさんが恥ずかしさ忘れ、安心して大きな声をだすことに繋がっているのだと感じました。

さらに今回のクラスではさらにグレードアップし、先生だけでなく、参加者のみなさんも一緒に声の変化や話し方の感想を意見していました。先生も隣の人が一番変化に気づきやすいとおっしゃっていて、とても活気のあるクラスとなりました!

声・話し方を学ぶとどんな時に役立つ?

この講座には毎回ヨガインストラクター以外の職業のかたも参加しています。参加理由として多いのは、「プレゼンテーション時の話し方の向上」があります。

プレゼンテーションが上手く、ついつい引き込まれてしまう話し上手な人っていますよね?経験を積んで話の運び方や抑揚のつけ方など、魅力あるプレゼンテーションには、それぞれのスキルが随所に散りばめられていると思います。すぐに上手になるのは難しいですが、一番の基本を先生は講座の中で伝えています。

説得力のある話し方に必要なのは安定感!

プレゼンテーションでは、緊張するのは当たり前。そこに「失敗したら・・」不安や恐れが加わるとどうなるか?

身体がこわばってしまい呼吸は浅く、表情も硬くなり声が震えてしまいます。声が震えていると、聞いているほうも心に届かせたいプレゼンテーションの内容や商品に対しても不安になります。そうならないためには、声の震えを抑えることが有用です。

声の方法を抑える練習方法を繰り返し行うと、クラスが終わる頃には、参加者のみなさんの声が見違えるほどに芯が通った力強い声で、ハキハキと聞き取りやすい話し方に変わっていました!この練習成果に対し「緊張していても、声が楽に出る状態がわかった」といった感想が寄せられています。

「緊張していても」というのがすごいところで、先ほども述べたように、緊張すると硬直し呼吸が浅くなるため声はか細くなってしまいます。

震えを抑えるポイントを一つ紹介すると「ボリューム」があります。
ボリュームを出したくても出せなくなるのが緊張状態です。
この講座ではそのボリュームを出す練習方法が学べるのです!

まとめ
プレゼンテーションの視点からお話しましたが、ヨガインストラクターにも同じことが言えますよね。人の前に立って、生徒全員が安心して集中を深めていくのを誘導してあげなくてはなりません。特にデビュー間近は緊張しない人はいないのではないでしょうか?

まずは緊張状態でも説得力のある発声ができるように、緊張しないくらい経験を積まれたかたは、さらに発声のスキルを磨き、声も自身の魅力になるよう、改めて「声・話し方」を磨いていませんか?

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article