ハートオブヨガ指導者養成講座卒業生の飯田順子さん

こんにちは!ヨガジェネレーションで川原朋子先生の担当をしています、べーです。この春行われた、川原朋子先生がメイン講師として行われたハートオブヨガ指導者養成講座からはや2ヶ月。

卒業生がハートオブヨガのクラスをされていると伺い、今日はさっそく取材に行かせて頂きました!
場所は東京都目黒区の大岡山。青くてかわいい外観のヨガスタジオ「やさしいヨガYoga&Art Studio」です!
アート&ヨガスタジオ
オーナーは飯田順子さん。J・ブラウン先生のハートオブヨガ指導者養成講座、川原朋子先生のハートオブヨガ指導者養成講座をダブルで受講し、卒業されたハートオブヨガティーチャーです。今日は、スタジオのご紹介と共に、インタビューもしてきましたので、お楽しみください!

「めっちゃ気持ちいい!」ハートオブヨガとの出会い

-順子さん、今日はとても気持ち良かったです!ありがとうございました。改めて、順子さんとハートオブヨガの出会いを教えて貰えますか?

飯田順子さんがティーチングしている様子

順子さんのハートオブヨガは呼吸を感じるための「インストラクション」がポイント。言葉選びにこだわっているそう!

2014年の冬、朋子先生のレッスンに行ったのが始まりです。裏表のない、朋子先生の人間性にとても惹かれたこと、ハートオブヨガを初めて受けたときの「何これ!めっちゃ気持ちいい!」と思ったことを覚えています。

あまりに気持ち良くて、そのとき行ったシークエンスを朋子先生がホワイトボードに書いてくれたので、「これ写真撮ってもいい?」と朋子先生に聞いて、写真を撮ったのがこれです。(下の写真参照)それからは当分、これを見ながら練習していました。

棒人間のハートオブヨガのシークエンス

初めて川原朋子先生のヨガクラスを受けたときのシークエンス。朋子先生が書く棒人間を見られるのは今となってはレアものです。

指導者養成講座は誰から学ぶかが大切

ハートオブヨガ指導者養成講座のときの朋子先生
-そうでしたか!いつも朋子先生のクラスによく来て下さっていますよね。今回の指導者養成講座も、朋子先生に惹かれて受講されたのでしょうか?

そうですね。すでにジェイ先生のハートオブヨガ指導者養成講座を受けていましたが、今回は「朋子先生の行う指導者養成講座だから」という想いがとても強かったです。

ずっと「やってほしい」と朋子先生にお願いをしていたので、開催が決定したときは「申し込まなきゃ!」と思いました。

マーク・ウィットウェルのヨガを忠実に日本へ

飯田順子さんのヨガクラス風景

順子さんのクラスでは、ハートオブヨガ指導者養成講座のテキストを使ってハートオブヨガの説明をされる場面も。


-朋子先生のハートオブヨガ指導者養成講座はいかがでしたか?

私たちはマーク・ウィットウェル先生(ハートオブヨガ提唱者)のレッスンを直接受けることはできないけれど、朋子先生はとても忠実にマーク先生の教えを私たちに伝えてくれているのがわかるんです。

さらに繰り返し、同じことを言ってくれるので、忘れてしまいそうになっても、何度でも思い出せます。

ハートオブヨガの伝え方は十人十色

飯田順子さんがケーキを持って笑顔の様子

ハートオブヨガ指導者養成講座の3日目にお誕生日を迎えられた順子さん。同期の手作りケーキでお祝い!


-ジェイ先生と両方受けていてよかったことはありますか?

色々なハートオブヨガの伝え方があるんだということを知れたことです。

ジェイ先生はアシュタンガヨガやシヴァナンダヨガなどの流派を通ってハートオブヨガに辿り着いています。そのため別の流派をしている人や、スポーツクラブなどで決まったシークエンスに親しんでいる人などには取り入れやすいでしょう。一方で朋子先生は、先ほどもお話した通り、マーク先生の教えをそのまま日本に伝えてくれています。

そういったことから私は私のハートオブヨガを伝えればいいんだと改めて思いました。

誰かのようにヨガを伝えなくてもいい

〇〇先生のようなヨガを伝えたいという想いは、先生が大好きな人であればあるほど思うもの。自分の理想と今の自分の現状の差に落胆してしまうことはありませんか?

「〇〇先生のようになりたいのに、なれない・・・」

しかし、ヨガの伝え方も100人居れば100通りあります。ジェイ先生と朋子先生を両方受講することは、そのことに気づかせてくれます。ジェイ先生のハートオブヨガ、朋子先生のハートオブヨガ。根っこは同じですが、伝え方が違う部分もあります。しかし、どちらの先生もハートオブヨガ提唱者マーク・ウィットウェル先生が日本を託した、素敵なハートオブヨガシニアティーチャーなのです。

インタビュー後編に続く

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article