内田かつのり先生のアナトミック骨盤ヨガクラス風景

こんにちは!ヨガジェネレーションのねこです。
今や様々な場所で目にする「骨盤」の文字。ヨガ業界でも「骨盤ヨガ」という名前のついたクラスが沢山ありますよね。

しかし!一般的ないわゆる骨盤ヨガの概念が激変するほど「キツイ!」と言われているヨガメソッド「アナトミック骨盤ヨガ®(以下、アナ骨)」を皆さんはご存知でしょうか?

「本当にキツイんです・・・(涙)」という声をたくさん耳にするのに、とてもリピーターが多いのもアナ骨の特徴の1つ!その理由とアナ骨の魅力をアナトミック骨盤ヨガ®指導者養成講座の、卒業生の中から3名に直撃してみました!

年齢関係なく安全に確実な効果を提供できる!

成田 奈緒美さん

成田奈緒美さん
成田奈緒美さんのアナトミック骨盤ヨガクラス風景

安全という土台の上で、確実な効果を提供できるのがアナ骨の一番の魅力です!

アナ骨と出会うまでは、とにかくどんどん動き、様々なアサナをとることで汗をかいてもらっていたのですが、年齢を重ねた方は「私はそんなに早く動けない。私は場違いね」と敬遠されてしまったり、若い方でも「運動が苦手だから無理!」と言われてしまいました。

しかしアナ骨は、ゆっくり動き自分の体をみながらキープし、ジワジワと身体の深部から熱を作っていくため、その方に合った適度なキツさを提供できます。

もちろん、その適度なキツさの後には、嬉しい体の変化(可動域の広がりや体のすっきり感)という効果があるので、参加されている方は”意味のあるキツさ”を喜んで受け入れてくださいます!

ゆっくり動いて効かせていくことで怪我にもつながりにくく、どの年代の方にも自信を持ってお勧めできるメソッドだと思います。

フローで動くのが厳しい方にも、アナ骨のポーズを1つだけ取っていただくだけで、十分効果を感じていただけます。

私のところでは若い方はもちろん、年配の方もアナ骨クラスに参加してくださっています

☆成田 奈緒美さんのプロフィール・ヨガクラス情報はこちら!

生き方や人生にまで良い影響を与えてくれるヨガメソッド

田中 花子さん

田中花子さん
田中花子さんのアナトミック骨盤ヨガクラス風景

アナ骨ワークショップで、内田先生はシークエンスに入る前にその日のテーマに沿ったお話をされています。その言葉は、いつも自分と重なる部分があり、表に出せなかった感情が溢れてくるのを感じながらマットの上に立っていきます。

自らが能動的に動いていくアナ骨は、狙いと目的が明確な為、キツいと感じる動きもありますが、その中で目を背けていた弱い自分と向き合う時間が訪れます。

「諦めるのも挑戦するのも自分次第!」と先生に委ねられる時、私が無様でも諦めないのは、やり遂げた後の達成感や満足感を得られること。そしてその積み重ねが自分の自信や強さへと変わっていき、それが日常生活の中で私を支える糧となる事を知っているからです!

マットの上で起きている事は、人生の縮図のようなもの。アナ骨のもたらす変化は身体や心だけでなく、時には生き方や人生にまで良い影響を与えてくれます。そして、それこそがアナ骨の魅力だと私は感じています!

☆田中 花子さんのプロフィール・ヨガクラス情報はこちら!

解剖学の知識で自信をもってヨガ指導ができる

福井 佑希宏さん

福井佑希宏さん

内田先生の講座は、ヨガに特化した解剖学を教えてくれる為、とても勉強になっています!

解剖学をどう勉強したらいいのか?分からず悩んでいた私でも、理解をすることができました。その中でもアナ骨は、骨盤に特化しているメソッドなので難しそうだな・・・と思っていましたが、内田先生の教え方がわかりやすいため、自分の中にしっかりと落とし込むことができました。

内田先生から教わった解剖学の知識をヨガクラスに反映した結果、今まで以上に自信を持って生徒さんにヨガを伝えられるようになりました。

内田先生の講座はアナ骨だけでなく、これから解剖学を勉強したいと考えている方にもおすすめの講座ばかりです!!

ヨガ指導者として揺るがない軸を持ったメソッド

内田かつのり先生によるアナトミック骨盤ヨガクラス風景
アナ骨クラスを見て「あんなにキツイヨガができるのは、一部の人だけでしょ~」と感じる方もいるかも知れませんが、ポーズの完成にこだわるのがアナ骨ではありません。どこにどう効かせたいのか?が明確なアナ骨だからこそ、見た目に惑わされずに、年齢問わず応用することができ、なおかつ安全に効かせることが可能なのです。

解剖学という揺るがない軸を持った、効果的なメソッドはヨガ指導者としての自信に繋がることは、間違いありません。

アナ骨が気になっているヨガ指導者の皆さん、ぜひ卒業生の声を参考にまずは体験ワークショップに足を運んでみてくださいね!

ご協力いただいた卒業生の皆さま、ありがとうございました^^

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article