クリシュナ・グルジ先生が背骨を指さして講義をしている様子

べーさん、「ハ」ばかりじゃだめですね。「タ」も大事

パソコンに向かって難しい顔をしていた(のであろう)私に向かって、グルジはいつもの笑顔で言いました。そして、一瞬ぽかんとした私をおいて、グルジはすたすたとスタジオに入っていきました。実は私、この日、頑張らなければならないことが目の前にたくさんあってどうしようかなぁと考えながら、ひたすら目の前にあることと格闘していたのです。

今日の講座はヨガ総合講座、ヨガの基礎を学ぶハタヨガ基礎講座。この講座はグルジのヨガの基礎を学べることで大人気の講座です。

ご存知の方も多いかと思いますが、グルジの90分ヨガ体験クラスはいつも満員御礼。「ハタヨガ基礎講座はきっとそのクラスの秘密が隠されているはずだ」、とずっと気になっていました。なので、私の悩ましい仕事はいったん保留。メモとペンを持って私もスタジオへ向かいました。

ハタヨガはエネルギーの浄化

ハタヨガの説明をしているクリシュナ・グルジ先生
ちょうど私が入っていた時間は、ハタヨガの哲学の講義中。

そもそも、ヨガをスポーツだと思っている人が多いけど、そうじゃないです。身体を使うから、皆スポーツだと思っている。運動は『使っている』だけ。本来はエネルギーを高めるためにやるものです

とグルジがお話していました。

サンスクリット語で「ハ」と「タ」はそれぞれ「太陽」と「月」のエネルギーを指します。これは、能動的なエネルギーと受動的なエネルギーのこと。私たちにはこの2つのエネルギーが存在しています。

ハタヨガはこの2つのエネルギーのバランスをとるためのものなのです。

片方だけでは成り立たない。全てのものは2つで1つ

クリシュナ・グルジ先生が笑顔でクラスをしている様子

なぜ、太陽だけでも良かったのに月がある?何で男の人と女の人がいる?すべてのものは、1つでは成り立たないのです

人間(男と女)も、電気(プラスとマイナス)、惑星も(太陽と月)1つのものは1つとして存在しない。

それは、エネルギーも同じこと。お父さんとお母さんがいなければ、私たちが存在しなかったことと同じように、ハのエネルギーもタのエネルギーもどちらも必要なのだと教えてくれました。

1+1=2じゃない!?ヨガの世界の考え方

グルジがシンギングボウルを使ってマントラを唱えている様子
更にグルジはこう言います。

みんな1+1=2だと思っている。違いますよ。1+1=1です

はい?と思った方もいらっしゃることでしょう。いや、1年前の私であればそう反応したと思います。(笑)(でも、グルジの話をずっと聞いているとちゃんとわかるようになってくるので皆さんもぜひ、グルジの教えに触れ続けて下さい。)

これは例えば、海と川。違うものが川の下流で一緒になったとしても、それは別々のものにはならないですよね?1つになるはずです。

これと同じように自分の魂は森羅万象全てのものと1つであるということをグルジは教えてくれます。

苦しみ、悲しみ、寂しさから解放される。それがヨガ

グルジのハタヨガ総合講座の様子
相手と自分が別々だと思うから、苦しみが起きる。別だと思うから、寂しくなる。別だと思うから悲しくなる。

苦しい、悲しい、寂しい。これから開放されるのがヨガです

とグルジ。全ては1つ。それを感じることができれば、全ての苦しみから解放されるのです。

そして、それに到達するために、私たちはヨガをしています。

冒頭でグルジが、私に言っていた、

べーさん、ハばかりじゃいけないですね。タも大事

というのは、「ハ(頑張る)」は得意なのに「タ(リラックス)」が苦手な私に、

「100%頑張ったら、あとは祈る、ゆだねる」

が大切だとグルジは教えてくれていたのです。真面目で頑張り屋さんが多い、日本人。きっとこの「祈る、ゆだねる」ことが苦手な方も多いのではないでしょうか?ですが、グルジのヨガを受けていると、この「頑張る」と「祈る、ゆだねる」という感覚を体験したその先にある感覚をマットの上で体感することができます。

これこそが、グルジのヨガクラスの人気の秘訣。

心地良いだけじゃない、終わったあと全身が喜んでいるような感覚。

これはグルジのヨガが人気である秘密の1つにすぎませんが、ぜひ皆さん一度体験してみてください。「あ!そういうことか!」という感覚を必ずわかって貰えると思います。

しかし…講座終了後、後ろから、バシッと肩を叩かれ「これが”ハ”」、叩いた肩を撫でて「これが”タ”」とにやりと嬉しそうに教えてくれたグルジ。『今の、絶対叩きたかっただけやろ…』と思ったことは今日も黙っています。

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article