ホワイトボードにいる酒造博明

めっちゃ面白かった!全然眠くならんかった!

すげーな。ほんとに2時間半で2つのこと残していったもんな

という声を頂けてほっとしております。こんにちは、ヨガジェネレーションのべーです。

本日、ヨーコ・フジワラ先生のRYT200の9日目。午後からはいよいよ我らがボス。MIKIZO(ヨガジェネレーション代表:酒造博明)の登場です。

実は、私、受けている皆がMIKIZOの圧力に負けるんじゃないかと思って、これを書きながら、録画した動画を見返して、全員の表情の確認までしましたよ。(こんなこと言ったら社長に失礼ですが、、、と言いながらレポートに書いちゃってるけど)

いや、何でって?

だって、この顔ですよ。圧に負けそうじゃないですか。これ。
酒造博明の顔をアップで映す
我がボスですが、画面を見て一歩下がりましたよ。「近いわ!!!」と思って(笑)

ヨガジェネの歴史より付き合いが長い!?ヨーコ・フジワラ×MIKIZO

ヨーコ・フジワラと酒造博明が話している
そもそも、メイン講師であるヨーコ先生とMIKIZOとの付き合いは10年以上。MIKIZOがヨガジェネレーションを立ち上げる前からの知り合いなのだそう。

私が個人的に、2人が話をしているところを見るのが好き、という理由だけで、毎回対談してもらっている、YouTube動画。

「10分でお願いします!」と依頼をするのですが、大抵15分以上話してくれます。(笑)

しかも、私が「圧が強い」という指摘をしたのが、どこかで誤変換され「暑苦しい」になってしまい、もはや暑苦しいコンビになっている(笑)(何度も言わせて頂きますが、暑苦しいとか言ってないですから!)

しかし、プロとは何か、ヨーコ先生の練習について、オンラインヨガのこれから、など興味深い話題を色々とお話頂いています。私はこの2人が話す、若干昭和感漂う、暑苦しい話が好き。(笑)(←結局言う。)なので、まだ見ていない人は要チェックです。

ヨガビジネスなのにお金の話がない!?

さて、そんなMIKIZOのヨガビジネス講座。そもそも、「ヨガビジネス」と聞いて皆さんが思い浮かべることは恐らく「お金の話」ではないでしょうか?しかし、そんな話を聞きたかった人はごめんなさい。

このおじさん、その手の話は一切しません。

私、このレポートの最後にも書いたと思いますが、私たちヨガジェネレーション企画部も、売上の話はされたことがありません。元々、営業をしていた自分としては、会議で一切売上の話が出ないことに、若干不安を覚えたほど。

正直、社員としては、もうちょっと考えようよ、と思うくらい(いや、ほんまに)しません。じゃあ、どんなお話をしてくれるのでしょう?その一部、皆さんにもシェアしたいと思います。

全てが事実シェア。ヨガ業界でMIKIZOがやってきたビジネスの本質

酒造博明にがパソコンに向かって話す様子
この講座は、ヨガ業界を15年に渡り生き抜いてきたオハナスマイルという会社で、MIKIZOがやってきたことの事実シェアです。

MIKIZOがガチンコでやってきたことをシェアします。

ヨガ関連の会社を2社立ち上げ。雑誌ヨギーニやヨガジェネレーションなどのいわゆるメディアと呼ばれるものをヨガ業界に普及させ、この業界でワークショップを恒常化。更に、ヨガウェアの通販サイト東京ヨガウェア2.0の立ち上げ、ヨガの先生のプロデュースはもちろん、イベントの開催などいわゆるヨガ業界の裏方仕事を一手に行ってきたのがMIKIZOです。(我がボスながらすげーな)

ヨガ業界ではインストラクターさんが花形として注目を浴びがちですが、今書いただけでも、ヨガ業界には色々なお仕事があります。

もし、イントラが向いてないな~と思う方は、MIKIZOの1,000本ノックには耐えないといけませんが、ヨガジェネレーションにもぜひお越しください。(笑)

誰かのためにヨガを伝える努力。これがヨガ指導のプロフェッショナル

笑顔の酒造博明

この顔と10時間お付き合いいただければと思います。


ちなみに、ヨーコ先生のオンラインRYT200には、このMIKIZOの講座が10時間入っています。これは、さすがヨーコ先生!と言いたい。

なぜなら、ヨガを勉強する努力は惜しまないインストラクターは多いですが、自分のヨガを誰かに伝える方法を知らないヨガインストラクターが本当に多いから!

ヨガジェネレーションで行っている、ヨーコ先生の講座は、私が責任を持ってお伝えしています。毎回、全てのトレーニング日程のレポートを書き、SNSで投稿し、メールマガジンを書き…

しかし、ヨガインストラクターを始める皆さんはこれを自分でしなければなりません。ブログを書き、SNSで投稿し、LINE@を配信し…。RYT200を卒業しても、今や社会はインターネット社会。ここを知らずして、ヨガを伝えることはできない、と言っても過言ではありません。

それを教えてくれるのが、このMIKIZOが行うヨガビジネス講座なのです。MIKIZOの書く文章はおもしろいです。こういう画像を作るのは、マジで天才だと思っています。
ねずみ年の酒造博明
ヨーコ先生が今や「美しい太陽礼拝の人」と呼ばれるのは、MIKIZOのプロデュース力あってこそ。ヨガを自分以外の誰かに伝える方法を学ぶのにこんなにも適した先生はいないと思います。

ヨガの先生へ。何度も聞いてほしい話

MIKIZOの講座を私は定期的に聞きますが、いつも衝撃を受けます。私たちスタッフは入社したときに全員この講座を受講するのですが、あのとき受けた衝撃と、今受ける衝撃は、また違う。

だから何度も受けてほしいと思います。ヨガの先生になる前にトレーニングで聞く。「ヨガの先生になる」と決めて、仕事をしよう、お金を頂こうと決めたときに聞く。ヨガの先生をやり始めて3年、突っ走っている最中に聞く。どれも違う感動があります。

方法論は、1度聞けばいいかもしれません。だけど、MIKIZOが話すヨガビジネスの本質、生徒との向き合い方、自分が磨くべき精神は、いつになっても初心に戻る必要があることを教えてくれます。

今回のRYT200を受けられた皆さんも、あと3回も講義がありますが(笑)ヨーコ先生の教えてくれるヨガのインプットと同時にヨガをアウトプットすることをMIKIZOから搾り取ってほしいと思います。

余談ですが、終わったあと「べーさん、すげー人の下で働いているんだね」と声をかけてもらいました。が、MIKIZOの下で働くのはまぁまぁ大変です。(笑)

さて、いよいよRYT200も10日目に突入!もう半分終わってしまいました(涙)折り返しの明日は、何を書こうかな~。楽しみにしていてくださいね。

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article