こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。早いもので11月も終盤。1年を振り返る時期になりましたね。みなさんにとってはどんな1年でしたか?

私は今年はヨガ解剖学講師の内田かつのり先生の担当スタッフになったことは、自分の中で大きなニュースでした。内田先生の講座を拝見するたびに、「スゴイ・・・」と感嘆したり、時には感動して涙を流したり・・・いろいろな勉強をさせて頂きました!

内田先生の「アナトミック骨盤ヨガワークショップ」は、ヨガジェネレーションで受講者数No.1です!

「アナトミック骨盤ヨガⓇ(以下アナ骨)」は、実は毎年テーマが決まっています。

今年は、

ヨガに筋トレ要素を取り入れる

でした。

この1年間のアナ骨を内田先生に振り返って頂きました!

ヨガ未経験の人がアナ骨に来た2019年

ヨガフェスタも満員御礼だった内田先生によるアナ骨のクラス。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

内田先生!筋トレブームは続いていますね。2019年は「筋トレ要素を取り入れる」をテーマにアナ骨を展開してきて、どうでしたか?

インタビューに答える内田かつのり先生

今まで、アナ骨にあまり興味を持たなかった人が、アナ骨のワークショップに来てくれた肌感はあるね。ずっと続けてきてよかったよ。ずっとやってるからこそ、絶対他には負けてない軸があることに自信はあるから!

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

どんな人が増えたと感じますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

やっぱり動くの好きな人が増えてきてるよね。ヨガをやってない人も来ることが増えたよ。ジムで筋トレやっています、っていう感じの人。でも、いわゆる筋トレしている人が来て、しみじみ思うのは、やっぱりきちんとついてこられる人は多くない。ただ筋肉がつくだけだと違うんだよっていうのはもっと世の中の人に言いたいかな。目的にもよるけどね。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

ヨガをやっていなくて、アナ骨に来てくれる人が増えたのはとってもうれしいですね!

インタビューに答える内田かつのり先生

「ヨガにもこういうのがあるんだ!」っていう反応は結構もらったかなー。それと、今までアナ骨みたいなメソッドに興味がなかったであろう人が、筋トレブームにのって、お試しみたいな感じで来てくれたりね。それらの人が来てくれるのには、全国にいるアナ骨ティーチャーが一緒に広めてくれたお陰なのは間違いないので、感謝しています。

ただ鍛えるだけではダメ!?筋トレで目指すものは何ですか?

内田先生のアジャストは優しく体のポテンシャルの最大値まで連れていってくれます。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

この筋トレブームの世の中に、内田先生が伝えたいことはありますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

筋トレしている人は、筋肉には種類があるっていうことを知っているのかな?そもそも、そういう根本が疑問になるよね、職業柄。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

ほう!私にも教えてもらえますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

みんな、「筋トレしてどうなりたいんだろう?」っていうところ。猫背にならないようにいい姿勢をキープしたいと思ったら、鍛えるのは赤筋なの。そうするとミトコンドリアも増えるし。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

ミトコンドリアも今年流行りましたね。アナ骨の2つめの今年のテーマでもありましたね!

インタビューに答える内田かつのり先生

そうそう!赤筋は、自重を使うトレーニングで鍛えられる。アナ骨もそうなんだけど。立位を保つための抗重力筋が赤筋。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

アーサナをとる時も変わりそうですね!

インタビューに答える内田かつのり先生

瞬発力だけだったら、その瞬間はできるけど、保つことはできないよね?例えばダウンドッグも同じことが言えるよ。マッチョな男性がアナ骨に来ても、30秒キープできな人がいて。腕がプルプルして、自分の体重に負けてしまうんだよね。鍛えるのが悪いんじゃなくて、例えばダンベルで鍛えた筋肉が、発揮する力は何だろう?自重のトレーニングで鍛えられた筋肉の働きは何だろう?自分に必要なのはどっちだろうってちゃんと考えて欲しいなって思う。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

なるほどーーー。最後に・・・内田先生にとって今年はどんな年でしたか?

インタビューに答える内田かつのり先生

今年は踏んだり蹴ったりだったなー。

ヨガジェネレーションスタッフのかめこ

えっ!?それは私が内田先生の担当スタッフになったことは関係ありますか?

インタビューに答える内田かつのり先生

来年はかめこの人生の筋出力を見せてもらいたいよ!笑

[編集後記]
内田先生の「踏んだり蹴ったり」の原因が私であるかは、内田先生は明言しませんでした・・・。気になりますが・・・。

アナ骨の一つの要素である「自重筋トレ」。今年はヨガをやっていない方が、噂をききつけて受けにきてくださいました。

2020年のアナ骨のテーマは、現在、考案中とのことです。

筋トレ要素は、あくまでもアナ骨の一つの核となる要素でありますが、全てでは決してありません。奥が深いアナ骨!来年のテーマが何になるか楽しみです!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article