ヨーコ・フジワラ先生が生徒をアジャストしている様子

皆さん、こんにちは。絶賛、全身筋肉痛のべーです。
 
最近、ここまで筋肉痛になるような体の使い方はしていなかったなぁと思い、ちょっと懐かしい気持ちになっています。(元体育会)そして、同時に面白いものに出会ってしまって、ものすごくワクワクしています!

その要因が何かって?

「ヨーコ・フジワラのアシュタンガヨガ」

随分、体と向き合うことから離れていた私ですが、久しぶりになまった自分の体と向き合い、落ち込む時間となりました!(笑)

そもそも、アシュタンガヨガって本当にきついの?

きつかったです!

どれくらいの運動量というと、生まれて初めて、レギンス以外のヨガウェアが使えねーって思ったし(布が邪魔)、マットラグが欲しいと思いました。(汗でマットが滑る)

でも、終わってみると、短い時間でしたが、すごく達成感がありました!今日は「アシュタンガヨガって楽しい!」と思ったことを3つに絞ってお伝えしますね!

【その1】体の変化がわかりやすい!

ヨーコ・フジワラのアシュタンガヨガ体験クラスの様子
私たちの体は本当に正直。変化がとてもわかりやすいです。本日、調子に乗って2本もクラスに出たのですが(笑)
 
1本目より2本目の方が体の変化は目に見えるし、感じやすいので俄然やる気になります!

もちろん、出来ないことを真正面から「できない事実」として突き付けられるので、辛い!初めてやるアーサナも「できないに決まっている」と思っていても、実際にやってみて、本当に出来ないと凹みます。(笑)

でも、人生も同じだなと思います。出来ないことは出来ないと受け止める強さって必要だと思いませんか?

【その2】出来ないことが出来ないままでいい?チャレンジする勇気

アシュタンガヨガ体験クラスで生徒さんがチャトランガしている様子
しかし、出来ない事実を突きつけられると次にこう思います。

どうやったらできるようになるのか

「出来ません」と言うのは簡単です。そこで諦めるのも簡単です。だけど、自分の可能性に蓋をしてしまうことになると思います。
ヨーコ先生は講座内で

どうやったらできるようになるのか考えて、研究して練習している時間が一番好き

とおっしゃっていました。ヨーコ先生の教え方は非常に論理的且つ、細かい!それは、日々ご自身が練習して、体感して、培ってきたものを私たちに伝えてくれているからこそできること。日々の練習の賜物なのだと思います。

私には、あれこれと考える脳みそはないけれど、とにかく練習してみようと思いましたよ(´・ω・`)(←ただ練習しろって言われるととにかくやる。千本ノックが好きな人。)

【その3】ヨーコ・フジワラのアシュタンガヨガだから受けたい

ヨーコ・フジワラが話をしている様子
「辛そう」「痛そう」「疲れそう」なイメージの強い、アシュタンガヨガ。何しろ私もそう思っていた1人。「私の人生には要らないだろう」と思っていました。(先生ごめんなさい)

しかし、この1週間ほどずっとヨーコ先生のクラスや講座に張り付いていると気づいたことがありました。スタジオから出てくる生徒さんがめちゃくちゃ笑顔!
すごく楽しそうなのです。(講座中に謎の爆笑が起るんですよ。何しているのか気になって、何度かスタジオを覗きにいきましたよ、私)

私たちスタッフは写真を撮りに入ったり潜入したりする時間はありますが、講座の全貌を見ることはできません。

実は「一体どんなクラスをしているのか全部見てみたい」という好奇心が受講のきっかけだったりします。(-ω-)

何を教わるかも大事。だけど誰から教わるかはもっと大事

楽しかったこと3つ書きましたが、最後に最もお伝えしたいことを書きます。

それは何を教わるかも大事だけど「誰から教わるか」はもっと大事だということ。
 
私自身、アシュタンガヨガに興味がなかったのに、それを爆笑の渦に巻き込みながら教えてくれるヨーコ先生に惹かれたという方が正しいと思います。その魅力は、文章だけでは、伝えきれません。(頑張って書いたけど。)
 
また来年、ヨーコ先生は必ず日本に来て下さると約束してくれています。(ね?先生?)

その際は、ぜひ(そして、我慢できない人はハワイへ)ヨーコ・フジワラに会いにきてください!ヨガがもっと好きになるはずです!

photo by Fumiko

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article