こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。

突然ですが・・・。私は39歳・独身・彼氏なし(×・子ともになし)です。自由気ままににのんびり生きてきた私です。。。。が・・・!40歳を目前にして、「人生このままでいいのだろうか・・・」と、思うことがあります。

子供を産みたいと思わないわけでもないけど、その予定は全くなし。自分の年齢を考えると、焦りに似た感覚があるのも事実です。

なぜ、こんなに赤裸々に個人的な感情を書いているのかというと・・・。

「女性のからだの基礎知識」という大人気の講座で、講師の高尾美穂先生は、「今は、人生のリスクヘッジができる時代である。」ということから、いろいろ思うことがあったからです。

人生で何が起こるかはある程度、予測できる!?


私はもともと「結婚したい!」とか「子供を産みたい!」という願望が普通の女性よりすごく低い人間です(※本人調べ)。

そんな私でも、たまに近所のスタバでぼーっとしながら、「このまま一生一人だったら・・・」と思うと、ぞっとすることがあります。それでも、婚活に積極的になる訳でもなく、1人で生きていくために貯蓄をしている訳でもありません。

結婚・出産に関わらず、こういう方は実は多いのではないかと思います。

なんとなく未来に不安を感じるけど、何もしていないという人です。

今の人生の先に何が起こるのか?はある程度、予測ができる。

と、高尾先生はおっしゃっていました。

結婚・出産・子育て・更年期・親の介護・退職・老後・病気・・・。

それぞれの世代で、5年後にはどのようなことが起こるのか?そして、また次の5年には何が起こりえるのか?がある程度予測できるのです。

そして、高尾先生は、

その問題を大きくするのも小さくするのも自分次第。

とも、おっしゃっていました。

「女性ホルモンのない40年」にはどんなことが起こる?


アラフォーという世代になると、少しづつ意識し始めるのが更年期ではないでしょうか?

その更年期についても、「できればその時が来て欲しくない・・・」と思ってはいるけど、「何をしたらいいのか分からない・・・」、という方は多いと思います。

高尾先生は女性の人生を、「女性ホルモンのある40年」と「女性ホルモンのない40年」という表現を使って説明してくださいました。それぞれの世代で女性のからだはどのように変化するのか?を、具体的に教えてくださいました。

そして、それらの症状に対する対策方法も。

高尾先生が講座をする際は、2つの「E」を大事にしてお話されています。2つのEとは・・・

  • Evidence|エビデンス
  • Experience|エクスペリエンス

です。根拠と経験。医学的な根拠と、産婦人科医として実際に経験をしたこと。それを凝縮して、現代に生きる女性に向けて分かりやすい言葉で、リアリティを持って伝えてくださいます。

からだの変化を理解したら、対策を始めよう


仕事においてリスクヘッジをしている方は多いのではないでしょうか?

人生でもリスクヘッジができる。

それが高尾先生の考え方です。30年前に比べたら、人のからだについて解明されたことは大変多く、それをきちんと学べる機会も増えている。そして、人生のどのステージで何が起こるのか、ある程度の予測ができる。

「閉経を早めてしまう生活習慣」についても、高尾先生は講座中にお話ししてくださいました。どんな生活を送っていたら、閉経が早まるのか?が今は解明されているのです。「今は仕事が楽しくて、子供を産むのはまだ先かな・・・」と考えている女性がいたら、その女性は「閉経を早めてしまう生活習慣」をしない方がいいという結果になります。

高尾先生は、

それらの小さいけれど、実は大きな第一歩を踏み出して、継続することで、自分の思い描く未来に近づける、と言います。高尾先生はそれらは変えるのが難しいものではなく、本当に小さなことの積み重ね

だと言います。

まずは自分の現在のライフステージを確認する。そして、未来に向かって今、できることを始める。その積み重ねが、病気を防いだり、妊娠の可能性を高めたり、更年期の症状を和らげたり、寝たきりになるのを防ぐことなどに繋がっていくのです。

私も「子供を産む。」ということは、まだ諦めたくないので、高尾先生が教えてくださったことから始めてみようと思います。そのきっかけを下さった高尾先生、本当にありがとうございました。

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした!高尾先生のお話を聞いたみなさんの生活が、よりよくなりますように。

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article