出口眞喜子プロフィール画像

出口眞喜子

Makiko Deguchi

1991年、ヨガに出逢いヨガの持つ奥深さに大きく魂を揺さぶられ、本格的に学び始める。その後、自分らしく生きたいとの思いからアパレルの会社を退職し、時を同じくしてこの頃離婚。決意を固めヨガの講師となる。ヨガの素晴らしさを人に伝えるべく指導者の道を追求。元々はアウトドアが好きな活動的なタイプであり、妊娠時にはマタニティスイミングやマタニティービクスを習得しビデオ出演も果たす。2人の息子の母でもある。 現在は、ヨガの学びを深めると共に「老けない、錆びない、輝く身体と心」という永遠のテーマを探求中。クラスでは、ヨガに留まらず身体に関する話や日常に落とし込んだ哲学の話を取り入れ、マットの上の学びだけではない、人生経験を活かした指導をおこなう。しなやかな身体が生み出す流麗なポーズと繊細なアジャストが人気。 ヨガ指導者の育成にも力を入れており、ヨガ指導者養成講座、初心者ヨガインストラクターのための勉強会を開催。オハナスマイル ヨガスタジオでもクラスを担当中。 ■公式サイト

関連記事
Article