声の仕組みについて解説する高橋淳子先生

日本人講師
Japanese

こんにちは、あゆゆです。突然ですが、みなさんはアニメなどを頻繁に見ますか?お子様がいらっしゃる家庭やアニメ好きの方は詳しいかもしれませんが、最近は声優さんの活躍ぶりが注目されているそうですね!歌を歌ったり、握手会をしたり…。私はその分野には疎くて、最近知りました。

声だけで感情や風景を表現するのですから(しかも、中にはよく分からないキャラクターもいますよね笑)、そこにはセンスだけでない、なにか秘密があるのでは?と思っていました。

そんな中、高橋淳子先生による「声・話し方をテーマにしたスキルアップヨガ講座:基礎編」に潜入取材して参りましたので、シェアさせて頂きます!

それぞれのバックグラウンドをもって集まった参加者のみなさん

声について相談し合う生徒さん

声・話し方の講座はあまり多くはないですよね。学生時代も敬語や文脈などの教育を受けていても、声について学ぶ機会はなかった方が多いのではないでしょうか。

  • 人前で話すのが苦手
  • 自分の声がコンプレックス
  • 育児や介護など、言葉だけでなく本能的に和らぐ声の出し方を学びたい

やはり多いのが、自分の声が外部にどう影響しているのかどうか

声や話し方には、その人の性格だけでなく現在や過去、健康状態など、あらゆる情報が含まれていますよね。しかし、自分が思う自分の声と、人が聞いている自分の声には「ズレ」があることをご存知でしょうか?

私も自分の声がコンプレックスでした

講座のスクリーン

私は過去に受付のお仕事をしていた時期がありました。その会社では、音階でいう「ファ」の音で話すよう指導されていました。声が低く、田舎出身のボソボソした話し方は、東京の人にはあまり受け入れられず、家でこっそり練習していた過去があります(笑)

しかし、最近になって「あゆゆの声好き」、「落ち着く声をしているね」と言われるようになりました。練習の成果か( ゚Д゚)?!と思いましたが、私の低く、ゆっくりした口調は空間を和ませる要素があることを教えて頂きました。

あなたは陰の声?陽の声?

真剣に学ぶ生徒さん

講座の途中、淳子先生は仰います。

人の声は2つに分けられる。陰と陽。しかし、陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があります。

例えば、芸人の明石家さんまさん。彼は陰?陽?
女優の深田恭子さん。彼女は陰?陽?
さらに二人の声はその中でも陰と陽どちらでしょう?

難しいな…という方は、太陽と月で考えると分かりやすいかなと思います。

あなたの声はどちらでしょう?また、周りの方に聞いてみると、違う答えが返ってくるかもしれません。年齢が変わったり、生活環境の変化で変わっているかもしれません。

面白いですよね。この話を聞いてから、人の「話」よりも「声」に耳が傾いてしまいます(笑)

自分の声を知れば、やるべきことが見えてくる

講座のテキストと栄養ドリンク

淳子先生が生徒さんに配った乳酸菌ドリンク(笑)

人前で話すことが苦手だった私は、「また不快な思いをさせないだろうか?」、「印象悪く聞こえていないだろうか?」ばかりに気を取られていました。

低い声はますます低く、ボソボソした話し方はさらにゴニョゴニョに…。これでは、悪循環。

しかし、自分の声の「性質」を知ってからは、話し方も大きく変わりました。「人にどう見せるか」よりも「この声を利用して、目の前の人にどうなってほしいのか」を考えるようになりました。

陰の声と陽の声。それぞれに長所があり、法則があり、ポイントがあります。それを踏まえて、説得力がある話し方をするのか、相手を癒す話し方をするのか…。コントロールできるようになれば、コミュニケーションはもっと楽しくなるでしょう。

社会人になって、なんとなく察していた人との空気や職場の空間。学校教育では学べないことを、しっかり可視化して学んでみませんか?新しい自分と出会えるかもしれませんよ!