キャシー・ルイーズが笑顔で講座をしている様子

なぜ、女性がヨガをすることは、大切なのか、そしてそこには、どんな恩恵があるのでしょうか?女性には、年代によって女性特有のさまざまなライフイベントがあります。

今日は、今年で54歳を迎えるキャシー先生が自ら、女性がヨガを行うことでどんな恩恵が得られるのか、記事を書いてくださったので、ご紹介したいと思います。

キャシー・ルイーズとヨガとの出会い

キャシー・ルイーズがヨガクラスを行ている様子
私のヨガストーリーは、私が24歳の時にニューヨークで始まりました。はじめてのヨガクラスでは、まるで家(ホーム)のように感じられる何かを見つけた、と感じました。30年たった今も、私はヨガが大好きです。

練習を通して、私は、私が誰なのか、そして身体面、心理面、スピリチュアル面、感情面からどう自分のケアをするのかを学びました。30年のヨガとヨガを始めた時の私は誰かという点を振り返ると、ヨガがなぜ私にとって大切なのか、今であれば分かります。

子供から大人へ。思春期前と思春期(10歳-20歳ごろ)のヨガ

若い女性がガルーダアーサナをしている
子供は、動いたり、体で自由を感じたりすることが大好きです。思春期にさしかかると、エストロゲンホルモンが活発になりはじめ、体は変わり始めます。

更に、体が成長し始めることにより、自意識を感じ始めます。楽しい時間は、暗く感情的な時間に変わり得ます。体は急速に変わり、幼く気にすることのなかった頃に戻りたいと思い始めます。これが、女性の成長期の始まりです。

子供の頃に行うヨガは、ガネーシャのように象になることも、ガルーダのように鷲になることも、ハヌマン(サル)のようにふるまうことも楽しみます。これらは全て楽しいもの。

しかし、それが変わり、楽しかったことが、子供っぽく恥ずかしいことになります。彼女たちは子供のようには見られたくないのです。この時期の女の子は、体は変化し硬くなるためヨガをしたがりません。

また、彼女たちは体が成長することを、時に隠したがります。しかし、友達が同じ状況だと分かった時に、自分だけではなかったと理解します。ですが、大人、特に両親は理解してくれていないと感じます。女性のメンター、良い先生、家族以外の親しい年上の女性の友達を持つことは助けになります。なぜなら、両親のことは聞きたくなくても、メンターの言うことは聞けるからです。

この時期は、少女から大人の女性に進路変更するために、心地よさと受容を見つけようとすることが必要になります。

結婚・出産変化の多い中年世代 (20代半ばから40代半ば)のヨガ

妊婦さんが安楽座で座っている
20代半ばから40代半ば。この時期は、結婚や子供ができることが多い年代です。

この時期は、自分は誰なのか、何をしているのかということの中に、心地よさや気楽さを見つける時です。多くの女性が結婚して子供を産みますが、同じくらい、こうしたことをしないと決める理由もあります。

通常は、この時までに月経サイクルは安定し、自分の体を心地よく感じるとき。

しかし、直面するストレスも多く、それはたいてい家族やキャリアに関するものです。どんな女性と話しても、家族のことや仕事のこと、これらすべてをやろうとしています。とくに、子供を持つと、家族に全ての注意を注ぐことで終わりがち。この時期は、自分のことを後回しにしてしまいがちな時期になりやすくもあります。ヨガは日々のストレスに対処する大きな助けとなります。

閉経期の女性の成長期。40代後半以降

更年期で辛そうな女性
私たちのホルモン、特にエストロゲンは、40代後半になるにつれ、減少し始めます。閉経移行期(前期)は、女性にとって困難な時期になり得ます。私たちの体は、安定したホルモンの生産を止め、月経サイクルは不安定になります。

思春期に大人になり始めたように、閉経移行期/閉経期に女性の成長期が存在します。この時期のネガティブなサインは多くあります。-ホット&コールドフラッシュ、体重の増加、体重の減少、体の痛み、など。これらは、全て、エストロゲン生産の終了によるものです。

このフェーズの女性のヨガは、時にはこの暗い時期を受け止め、自分自身をさらに思いやるために使えばいいでしょう。ヨガの練習は、まだ力強いかもしれませんが、自分の若さが体から去っていくことを見て、心細く感じるかもしれません。

実際は難しいかもしれませんが、大きな力に変える時間にすべきです。私たちは、人のお世話や育てることに人生を費やしてきました。いまこそ、自分自身のお世話をし、女性としての深い強さを育てる時です。このステージの女性には、自分の声、深く強さを育むこと、今までの人生で築いてきた知恵を見つけることを勧めています。これは終わりではなく、大人の女性の旅を始めた若い世代のためのメンターや強い女性になることの始まりなだけです。

あなたは1人じゃない。女性のためのヨガ

笑顔でお話するキャシー・ルイーズ
ヨガは、思春期から閉経まで全てのステージの女性にとっての場所があります。前述のとおり、私は24歳の時にヨガ人生を開始し、2019年時点で54歳です。思春前期から閉経期までどのようにして移行するのかについて学ぶことは、ヨガの生徒としても講師としても大切です。私たちの人生の異なるフェーズを理解することは、「自分一人じゃない!」と、自分の魂と心を楽にすることができます。2020年ライフステージの変化に対応!女性のためのセルフケアヨガ集中講座にぜひご参加ください!

1年に1度だけ!キャシー・ルイーズ来日は2020年2月!

いかがでしたか?女性として、あらゆる世代を経験しているキャシー・ルイーズだからこそ、伝えられるワークショップ。それが、今回キャシー先生が開催する、女性のためのセルフケアヨガ集中講座です。

女性がヨガを親しむことが多い、日本に今必要な講座ではないでしょうか。キャシー先生の来日は1年に1度だけ!ぜひ皆さんキャシー先生に会いに来てくださいね!

ライフステージの変化に対応!女性のためのセルフケアヨガ集中講座
キャシールイーズ

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article