RYT200大阪4期初日の様子

こんにちは、ヨガジェネレーションのかめこです。ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?私は普段東京勤務なのですが、大阪出張に来ています。それはヨガジェネレーション主催RYT200ヨガ指導者養成講座大阪4期の始まりをどうしても見たかったからです。どんな期になるのか?どんな方が参加するのか新幹線の移動中からワクワクしていました!

その想いとは裏腹に、「実行したいけど、どうしたらいいのか分からない」と思い悩んでいることがありました。RYT200の始まりを見届けると共に、これを解消できる糸口が、まさか大阪で見つかるとは思っていませんでした。解決したいとは思っていただけど、ここまで劇的な変化をとげるとは想像だにしていませんでした!

中島正明先生がRYT200で話した生きる上で大切なこと


週末に始まった中島正明先生がメイン講師を務めるRYT200ヨガ指導者養成講座。大阪4期のみなさんの「学びたい」という気持ちがスタジオに充満していました。それに呼応するように中島先生の「伝えたい」という熱を実感した1日でした。

初日に中島先生が話したことの中に、印象に残っていることがありました。

「新しいものを学ぶ時には、自分が築き上げたアルゴリズム(計算式)を一度、リセットしてまっさらな状態で臨むのがいい。」そうおしゃっていました。
インプットが同じでも、アルゴリズムが違うと、アウトプットは別のものになるからです。

それを実生活のことに置き換えると、「なかなか難しいことではないか?」と思う方もいると思います。私もそう思っていました。

例えば、パートナーや家族と大喧嘩をして仲直りをした後。一旦はスッキリとした気持ちになっても、時間が経ったり、似たような状況になると、以前にした喧嘩の原因や状況が頭に浮かんでイライラしたり懐疑的になったりすることもあると思います。頷いていただける方も多いのではないでしょうか?

私が推測するに、過去の経験からの、「またこうなるのではないか?」という、自分で作ったアルゴリズムに当てはめてしまうからなのではないかと思うのです。

自分のアルゴリズムを変えるのは難しくない!?

中島正明先生と酒造博明先生

3日前までの私は、自分のアルゴリズムを変えることなんて本当に難しいことだと思っていました。自分が生きてきた事実は変わらないし、それは今までの自分を否定することになるのでは?そう考えていました。

でも、私はアルゴリズムが変わるという経験を大阪でしました。それは、今までの自分を否定することでは全くなくて、本当にワクワクすることなのだと、少し意外な気持ちでいます。

アルゴリズムが変わると、友達からのメールの受け止め方、人によって反応の仕方が違うことがクリアに見えてくる。今まで見てきたことと違う世界を見ている人がいることにはっきりと気づく。その世界を私も体験したいと何の疑いもなく純粋に思っています。

3日前までの自分の見える世界と、アルゴリズムが変わった後の見え方。どちらがワクワクするか?と聞かれたら、明らかに後者だったのです。

アルゴリズムを変えるために必要なこと

温酒場の前で撮った写真

そして、私の中のアルゴリズムが変わるという体験をするまでには、必要だったと思うことがいくつかあります。

その中でも、一番影響力があったのはいろいろな私の人生において大切な人の想いがあったからだと思います。それは本当にうれしいことでした。私は自分に足りないと思っていたことが、どんどんその想いで埋められていく感覚がありました。

今は、この大好きな人たちの想いに応えられる自分が自分の中にいると信じています。どう行動に移すかを自分なりに一生懸命考えていて、まだ実行はできていない段階ですが・・・。

いろいろな人から愛のある助言をもらえたのだから、その助言をもらえるまでの自分を作ったアルゴリズムも自信を持っていいものだとも思っています。

大阪4期のみなさんも、きっと変化があると思います。


大阪、4期のみなさん、中島正明先生が作る「安心してヨガができる場所」を必ず作ってくれます。その環境の中でヨガを学び、実践することで、きっと自分の中のアルゴリズムが変わることがあると思います。そうするとまるで昨日までの自分とは違う自分に出会えると思います。それは自分が意図しようとしなくても、自然発生的に起こると思います。

それは、中島先生はスキルや知識がある日本のトップティーチャーであることはもちろん、「生徒さんの可能性を信じている」から。生徒さんがヨガを通じて自分らしく輝くことを、何よりの喜びとしている先生だから。始まったばかりですが、どんな卒業式になるか今から楽しみです(*´∀`*)

そのサポートを精一杯させていただきますので、どうぞ、宜しくお願いします!思い切り楽しんでくださいね♪

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article