内田先生プレーンポーズ解説の動画のご紹介

こんにちは、ヨガジェネレーションのあんでぃです!

私が在宅ワークをし始めて困っているのは、運動不足です。外出を極力抑えている今、筋肉が衰えてきているような気がしています。

外に出られない今、自宅で運動をするしかないないですよね。そんな時に試していただきたいのが、アナトミック骨盤ヨガ®︎(以下、アナ骨)の「プレーン」ポーズです!

太ももまわりの筋肉にかなり効くこの動画で、おうちでヨガ筋トレをしてみませんか?

アナトミック骨盤ヨガとは?

内田先生がアナ骨で指導をしている様子

実際の「アナ骨」のクラスの様子です

アナ骨は、解剖生理学的に裏付けされた理論を基に、鍼灸師でもある内田かつのり先生が考案した体幹トレーニング法です。

代替医療の一つの治療メソッドであるヨガと、鍼灸師として培った東洋医学の知識を融合させ、骨盤に対してアプローチをします。

骨盤周りの大きな筋肉は、日常生活では運動不足になりがちですが、ここにアプローチをすると、血流がよくなり代謝も上がります。

体の中心部である骨盤へのアプローチは、病気であって病気でないという不定愁訴(ふていしゅうそ)全般の改善と予防を兼ね備えています。

さっそくはじめよう!アナ骨プレーンポーズ

プレーン=飛行機の形をしたこのポーズは、まず足を前後に開くローランジから後ろ足を半回転させ、しっかりマットにつけます。

そこから、両手を床につき、背中を一直線に伸ばしていきます。前足とお尻で押し合うように力を入れあい、呼吸を通して骨盤周りに効かせていきます。手が離せそうだったら床から離し、最終的には飛行機の両翼のように手をあげます。

正しいポジションのためのチェックポイントが、動画ではとても詳しく解説されています!ぜひ注意点を押さえながら、行ってください。

アナ骨プレーンポーズで効くところは?

プレーンポーズで効く箇所である太ももの画像

プレーンポーズで特に効く場所は?太ももです!

このポーズでは、太ももの前足側とハムストリングに確実に効きます!
正しいポジションに入るだけでも、太ももに効いているのが分かります。

太ももだけではなく、しっかりとグランディングしている足やお腹周りや背中全体、そして骨盤底筋群も使わないとできないポーズです。

このポーズをホールドする(保つ)ために、体のさまざまな筋肉に注意をはらっているような体の一体感も感じられます。

実際にやってみると、片側をしただけでも、体がポカポカとして来るので、代謝が上がっているのを感じられました。

このポーズができるようになってくると、開脚前屈もやりやすくなってくるそうです。

ヨガジェネレーションYouTubeチャンネルには動画多数!

【TOP】YouTubeチャンネル

内田先生の動画以外にも、ヨガジェネレーションのYouTubeチャンネルには、ヨガ動画が多数アップされています。

自宅での時間が増えた今だからこそ、自宅で一緒にできるヨガの動画をチェックしてみてくださいね。

簡単にできるヨガシークエンスや、前屈のコツなどをお伝えしている動画など、続々と新しい動画がアップされていますので、チャンネル登録もぜひお忘れなく!

さらに学びたい方は、内田先生の講座もチェックしてみてください。

<内田かつのり先生によるヨガ指導者養成講座も多数!>

今後もヨガジェネレーションは、家でもできる学びを多数ご紹介していきます。
ぜひ自宅での「ヨガ時間」を楽しんでくださいね!

コメント

comments

関連講座
Program

関連記事
Article