ティアン・アラン プロフィール画像

ティアン・アラン

Tianne Allan

ティアンは長年カナダでトップレベルのスポーツ選手として活躍後、ヨガに出会う。 選手時代に培われた、献身性や熱心さをヨガの練習にも取り入れ、毎日活発な練習を行い、指導者にもなったが、愛犬を散歩中に交通事故に遭ってからはヨガの練習も大きく変化した。運動量の多いパワーヨガの変わりに、痛む心身を癒し、トラウマ体験にかかわらず精神的な安らぎを見つける練習を重ねる日々が続き、人生観が変わる変革を体験。 リストラティブヨガの指導を通じ、実体験に基づく癒しの経路を伝えることにパッションを覚える。リストラティブヨガの創始者と言われる、ジュディス・ラサター氏に師事し、北米でのプログラムのアシスタントとしても活動中。独自に構築したリストラティブヨガ・ティーチャーズトレーニングはカナダ内外の経験豊かなヨガ指導者や医療関係専門家などから多くの称賛を浴びると共に、恩師ラサター氏からもお墨付きを得ている。